カテゴリー「about the car」の記事

2015年GW 実家帰省 序章

今年のGWは車で実家に帰ることにしました。
24日の夜に移動を開始し、25日に着。
その日は小樽のホテルに泊まり、積丹へ。
積丹でいくら丼を食べて、実家に帰るというスケジュール。

詳しくは実家から帰ってきてから作成したいので、細かくはそこで。

個人的に大きなトピックは、208GTiのODOが10,000kmを超えました!S_20150426_142205
購入してから8,000km走ったことになります。

高速道路の道中で10,000kmに達することがわかったので、途中のトイレしかないPAで、若干グルグル(本当はダメよ)
で、到達。

1年以上経ってからなので、インプレッサに乗っていたときとは大違い・・・
インプのときは1年で20,000kmでしたからね。
あまり乗らないのは車のせいではありません。
体力が無くなったからです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12か月点検と共に

PEUGEOT 208GTiの12か月点検。S_20150207_203928
実際のところは、12か月をだいぶ過ぎてましたけど。
オイル交換とフィルタ交換もしてもらいました。

ついでに、キーリングを購入。
あとは、ミニカーを買わないと。
インプはラリーカーのミニカー持ってるもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pure Keeperを施工してもらった

208GTiに乗り始めてから、約1年。

PEUGEOT 208GTi インプレ(初期)

買ってから6000kmくらいしか走っていません。
僕にしては非常に少ない。
インプレッサのときは、年に20000km程度走っていましたからね。
車が原因ではなく、昔みたいに旅に出なくなったからです。
2008~2010年にかけては、ほんと毎週のようにどこかにでかけていましたね。

さて、今回はコーティングの施工です。
とは言っても自分ではやっていませんけど。

Pure Keeper

です。
208GTiはSサイズで\6,000なり。

1/5に東大寺に行ったとき、前日まで降雪していたためか、高速道路も融雪剤が撒いてありました。
それ以降、時間が無かったこともあり、洗車もできず。
そこで、下回り洗浄とコーティングをお願いしました。
(コーティングには手洗い洗車料金も含まれる)


実施後。S_20150118_130907
凄くキレイになったなぁ・・・sign01
ボディがまるで鏡面のよう。

このままでかけたいくらい。
なんてキレイなんだろう。
新車同然ですね。

あまり走ってないし、洗車もしていたのもあるかもしれません。
しかし、これは感動的。

Pure Keeperオススメですsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MAZDA CX-3がカッコイイ

マツダのコンパクトSUV「CX-3」がワールドプレミアMazda_cx3_32

うん、こいつはカッコイイねsign01
各社が色々とラインナップを揃えてきている「コンパクトSUV」なるカテゴリ。

マツダ、LAショー前夜祭で新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を初公開

上記リンクに、白の画像もありますが、よく似合うと思います。
CX-5よりカッコイイじゃん。

CX-5よりも少し小さいくらいかな。
ライバルは、ホンダのヴェゼル。
個人的には、断然CX-3の方がいいですけど。
全幅が1,800mm以下で、扱いやすそうです。

ポイント高いのが、6速MT設定があるらしいこと。
いやー、まさか日本車でMT設定の新車が出るとは。
珍しいですよ。

これは注目の1台ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メルツェデス

「間違いだらけの…」で一世風靡、徳大寺有恒氏が死去

メルツェデスやジャグワーで有名なトクダァイジ・アリツゥネ氏が亡くなったとの記事。

このおっさんの記事は好きじゃないので読んでませんでしたが、自動車評論家の中では有名だったことは間違いなし。
間違いだらけの車選びも読んだことはないけど・・・
提灯記事が多い昨今では、貴重?な存在だったのかしら?
どちらかというと外車マンセーなイメージです。


自動車って嗜好性が高い、耐久消費財ですよね。
個性を表現したりとか、ある意味アクセサリーみたいなね。
ブランドですね。
メーカー自体がそれを価値として、スローガンにしたりしていますしね。

BMWは「Freude am Fahren(フロイデ・アム・ファーレン)」とか、「EfficientDynamics(エフィシエント・ダイナミクス)」ですね。
(忘れたので調べました(笑))
「駆け抜ける喜び」ってやつですね。
それが開発時の基準になっています。

「Freude am Fahren」が何たるか、入社してからすぐに叩き込まれる。
会議でも「それはFreude am Fahrenか?」なんて言葉が普通に出てくる。
単純な機能としての評価ではない、ブランドとしての価値評価です。
常に一貫したスローガンに基づく開発をしている。
それが他社に対しての強みになったり、弱みにもなる。
ブランド戦略なんて言ったらそれまでですが、統一された価値観が持つブランド力ってのは、長年蓄積されたものです。
それを維持できるってことは凄いことだと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマハ トリシティ125

久々のバイク記事。

いつの間にかこんなバイクが登場していたんですねぇ。

YAMAHA TRICITY125K0000672462

前2輪、後1輪のスクーター。
125cc。

何にしても珍しいのが、前2輪なこと。
・2輪がそれぞれ独立したサスペンションを持つ
・パラレログラムリンクという機構で左右をリンクさせている
※リンク機構のイメージとしては、平行四辺形の上辺を左右に動かすと、左辺と右辺がそれぞれ追従しますよね?
 底辺が地面と考えた場合、それにより左右どちらのタイヤも浮くことがなく、しっかり接地するわけですね。
 あとは、独立して懸架しているので、路面の状況にそれぞれが独立して追従できる。
 シンプルながら、「安定性」という観点では基本となるところが押さえられていると思います。
 リンク機構部をバラシたいです(笑)


YAMAHAの技術解説動画




これにより、安定性が向上し、スクーターの乗りにくさを解消しているというフレコミ。
僕も前に50ccのTODAYに乗っていたときは、怖い思いをしたことが何回かあります。
特に、
・大型トラックに抜かされた時の横風(吸い込み感みたいなのもありますよね)
・自立しないので、STOP&GOのときに気を使う
・低速時のフラツキ感(一本橋の再現)
・風が強い時の直進時のフラツキ感
・比較的高い段差!!(自転車も一緒ですが、凄く怖い)
というのが気になっていました。

前2輪になることで、走行中のフラツキ感は無くなりそうですね。
あと、直進安定性も向上してそう。
リアが滑った場合にはどうしようもないけど、フロントが滑っても立て直しが容易かもしれません。
むしろスポーツ走行に向いているんじゃ?って思います。
凄く乗りやすそうなんですよねー。

ライバルになるのはホンダのPCXかな?Feature01_001
ほぼ同価格ですもんね。
正直、どっちを買えと言われたら、今ならトリシティを買うかな。
このリンク機構は後付けできませんしね。
PCXの方が、アクセサリーとか、積載性とかは勝るでしょうけど。

栃木にいた2012年末から2013年初頭にかけて、小型2輪AT限定免許を取得しました。
安いし、時間もかからなかったから。
小型2輪AT限定は僕だけしか生徒が居ませんでしたけど(笑)
東京に来て、移動手段は結局自転車のみで事足りており、バイクは買わず。
東京だとバスと電車が圧倒的に強い。
愛知に来ることが決まって、プジョー208を買って、今は通勤以外は車。
バイクは買っても置き場もないし、環境的に置いておきたくない。
買えないけど注目しておきたい一台です。

そのうち東京に戻るから、そのときにまた考えようかなって思います。
ホンダからこういうのが出たら、それはそれでおもしろいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PEUGEOT 208GTi エンジン水温センサ交換

どうも最近、IGONしてからちょっと走るだけで、オーバーヒートの警告が出るようになりました。
実際、エアコンもつけていないし、スポーツ走行もしていません。
だいたい、1kmも走っていないのに、水温がそんなに上がるわけもない。
そういう状態でIGOFFすると、ラジエータファンが回りっぱなしになるのでうるさいのなんのって。
前にBOOKOFFに行ったときに、IGOFFしてから車から降りて店に向かおうと思ったら、
やたらとうるさい車がいるなーって思って振り向いたら、自分の車でした(笑)
ラジエータファンが凄い勢いでしばらーく回っていましたね。
エンジン周りは全然熱くないのに(笑)
ということで、水温センサがイカレてるなと推定。

で、ディーラーに持っていったら案の定、水温センサー異常で交換に。
保証期間中なので無償です。
ODOは7000kmくらいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

安全は"普及"してなんぼ

こんなニュースが出ていました。

衝突軽減ブレーキの安全性、トヨタや日産など3車種が満点

このニュースだけ見ると、単純にこの3車種のプリクラッシュブレーキ性能は、
JNCAPが考える今の基準ベースだと満点とのことなので、優秀ってことですが・・・

その3車種とは、

LEXUS LS
NISSAN SKYLINE
SUBARU LEVORG

です。

わかる方にはすぐわかるかと思いますが、この3車種は同列で比較はできません。
価格帯が全然違うものが混じっているからです。

[LEXUS LS]
プリクラッシュセーフティ標準装備の最安グレードは「LS460L EXECUTIVE package 2WD」です。
車両価格は、
 12,971,000円
です。

[NISSAN SKYLINE]
プリクラッシュセーフティ標準装備の最安グレードは「200GT-t Type P」です。
車両価格は、
 4,212,000円
です。

[SUBARU LEVORG]
プリクラッシュセーフティ標準装備の最安グレードは「1.6GT EyeSight」です。
車両価格は、
 2,775,600円
です。
(いずれも14.10.23現在)

LEVORGが約4.5台分でLS1台分。
つまり、トヨタでJNCAPが満点をつけるプリクラッシュセーフティが標準装備された車を買おうとすると、
LEVORGの4.5台分払わないといけないってことです。
もちろん、LSのもうちょっと安いグレードにオプションで付けることも可能ですが、
120万円くらいのメーカーオプション(!?)なので、1000万円を超えます。
まぁLEVORG約4台分ですね。
かたやEyeSightは+10万でJNCAPが満点のプリクラッシュセーフティを買える。

別にスバルを推すわけではないですが、
+100万のオプションで「満点取った!」はないんじゃないかなと。
事故に金持ちも貧乏もないんですから。
金持ち専用道路があるわけでもない。
金持ちだから事故しないわけでもない。
共通のインフラの上で、人間が操作しているんですから。

ま、安全は金で買えというメッセージでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6666km

PEUGEOT 208GTiですが、ODOが6666kmになりました。S_20141005_163709
買ってから5000km近く走ったことになります。
半年で5000kmなので、インプレッサの時に比べれば全然少ないです。
インプレッサのときは、半年で10000kmとか走っていましたからね。
通勤に使ってないのもありますが。

なにせ見ないので、レア度満点です。
GRBよりも数がはるかに少ない。
茨城で1回だけ、同じGTiを見たことがあります。
それ以降、かぶったことがないですね。
違う色のGTiも見たことない。

細かい不満は色々あるけど、それはどの車にもある話。
208GTiの場合、
・3ドアなのでドアが重い
・カップホルダーに500mlペットボトルが入らない
・リアハッチを閉めるときの音が安っぽい
・フットレストがない
・ワイパーの骨が無いので、全域きれいに拭けない
・シフトの位置が若干遠い(自分の腕が短いだけかも)
・サイドブレーキの位置が低い(FFだしなー)
・ブレーキがカックン(パッド換えて解消済み)
てな感じですかねー。

とは言っても総じて走っていて楽だし、軽さがあっていいですね。
シートもホールドするし、低回転域でもトルクがあるので乗りやすい。
小径のステアリングも意外といい(若干軽すぎるか)
あと、やっぱり足ですよねー。
ちょうどいいんだよなー。
硬すぎず、柔すぎず。
剛性もあるから、安定感ばっちり。

いいところをもっと書けよと(笑)
いいところって案外書きにくいものです。
当たり前になっちゃいますからね。
不満が表にでるのは、社会も車も一緒かな。
人間って都合がいいですからねー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4000km

先日、208GTiのODOが4000kmになりました。S_20140502_095645
中古なので、2000kmからスタートしていますけどね。
ということで、2ヵ月で2000km走ったことになります。

多いのか少ないのか・・・
て、5/2時点だから多いのかな。
GWにウロウロした分で、これに+900kmくらいいっているし。
てことは、すぐ5000kmじゃん(笑)

長距離走っても疲れにくいのがいいところですね。
それは、シートがいいのもあるでしょうが、やはり足がよいからかと思います。
ふにゃふにゃじゃなく、しっかりと硬さはあるが、ゴツゴツじゃない。
いなしてくれる感じがいいですね。
柔道の受け身みたいなもんです。
おかげで、加速とか減速、コーナリングなどで違和感が無いというか、安心。
ふにゃふにゃだと返って不安になるんですよね、どこか飛んでいきそうで。

他に、
・アクセルのレスポンス(カローラやプリウスみたいになまっていない)
・ステアリングの適度な遊びと重さ
とかもありますね。

多分、もうふにゃふにゃな車には乗れない気がする・・・sweat02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧