« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の記事

今年も一年お疲れ様でした

2013年も本日で終了。

みなさんはどんな一年でしたか?

今年色々とあったような、何も進んでいないような妙な感覚です。
まぁ転職して、SIAM SHADEのライブに2回も行って、レーシックも受けたんで色々あったんですよね、うん。


さて、今年もウコン茶のブログを見ていただき、ありがとうございましたsign01
ネタが不足気味ですが、もちろん来年も続けていきますのでよろしくお願いしますsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レーシック手術を受けた_3

レーシックを受けました。
その時のまとめ第3回です。

繰り返しになりますが、前提を。
①私は特にレーシックを推奨したり、または非推奨したりはしません。
  ウコン茶が受けた時の事実や推定を元に書きますので、
  それを推奨と受けるか非推奨と受けるかは、受ける人次第です。
  一応、ウコン茶の完全な推定情報は()をつけます。
②受けた医院名や、コースは記載しません。
  ただ、事実を書きますので、わかる人にはわかると思います。
③書いている内容は、あくまでも2013/12/末時点のものです。
  経過や状況などによって変わることもあります。

[術後翌日]
翌日検診があります。
これも簡易検査レベルです。
視力検査もします。
ウコン茶は翌日時点で1.2まで矯正されていました。
その後診察して、眼の状態を観察。
結果、非常に良好とのことで帰宅。
次は1週間後です。
頭痛とか吐き気とかはj手術直後含めて全然ありません。

[所感]
ここからは素直な感想などです。

・手術時の恐怖感
これは何回か感じました。
あくまでもイレギュラーじゃなく、レギュラーの工程の話です。
まず、蓋(フラップ)を作成する工程ですが、視界が真っ暗なのに、レーザーが走査する感じがわかるのが怖いですね。
なんていうか、手術が始まった感があって、走査されてる状態を感じることがより緊張感を煽ってきます。
角膜を削る工程だと、レーザーを照射して角膜を削るときが恐怖ですね。
レーザーが照射されて焼かれているような臭いがするからです。
これは冷や汗が出て、手に汗を握りましたね。
凄いこわばる感じです。

・コース料金
計68万です(諸々割引きいて)。
これを高いと感じるかは人それぞれですが、やはり高いかな。
それに、ネットでは出ていない料金コースだし。
なんか、安いヤツで釣って、高いのをオススメする商法に見える要因ですね、コレ。
良くないと思いますけどね。
不信感につながりますよ。

・医院の対応
全般的に非常によかったですね。
医師にしても、看護師にしても、案内にしてもです。
質問には必ず答えてくれるし、逐次何をしているか言ってくれる。
逐次何をしているか、何をするかを言ってくれるのは非常によいです。
これがないと恐怖感が増すと思います。
混雑しているからか、待ち時間が凄かったのが辛かった・・・
時間的には、1日コースで10時~21時までかかりました。
待ち時間含めてです。
これが凄い疲れた・・・待ち時間が4時間くらいあったんじゃないかな・・・

・やってよかったか
今のところよかったなって思っています。
今日はメガネかけていると勘違いして眉間に指を持っていくことが何回かあったくらいに回復していますし。
それくらいに見え方に違和感がない。
だから、頭痛とか吐き気とかは一切ありません。
異物感や渇き感はありますが、徐々に解消してきていますし。
今のところは後遺症を不具合だと感じることは無い状況です。
おそらく車に乗っていれば別でしょうけど。
世界が変わったなってのは感じました。
鏡見た時に、久々にメガネかけてない自分を遠くからはっきり見たのです。
これまたブサイクで(笑)

・術後の不安は
しばらくは様子見かなという感じです。
元に戻る可能性もあるし、グレア感とかがずっと残るかもしれない。
それはわかりませんからね。

・レーシック関連のネガティブニュースについて
レーシック手術、4割が「不具合感じる」 消費者庁調査
という記事がニュースになっていましたね。
気になったので以前調べました。
実際の消費者庁で公開されている資料によれば、
●7割が希望した視力になったが、2割は届かなかったあるいは元に戻った、0.5割が過矯正
●希望した視力になった7割の内、特段不具合無い人が5割、視力以外に不具合がある人が3割
が正しい情報であり、不具合4割ってのはマスコミの煽りです。
母数が600人ってのは少ないし、母数にいる人が術後どれだけ経過しているかの情報もない。
自分も、仮に今アンケートに答えたら、「希望した視力になったが、不具合がある」になりますよ。
そこらの細かい条件が曖昧で、4割という数値だけが先行しています。
マスコミの常套手段ですけど。
被害が5年で80件というのも、少なくとも100万人以上が受けている手術でその数値ですよ?
これを凄い数だというなら、インプラントなんて遥かに多いですけどね。
過矯正は術式の問題ではなく、コミュニケーションの問題じゃないかと思いますし。
手術自体は機械が行いますから。

確実に言えるのはどんな手術にも100%成功は無いということです。
同時に、不具合も無く視力を取り戻せる可能性も0%じゃないということです。
そして、レーシックは受けなくても死なないし、他に矯正する手段が存在することも事実。
○コンタクトやメガネで矯正できるのに、危険を冒して大金はたいてする必要あるの?
○コンタクトやメガネで矯正できてたとしても、裸眼で世界を見ることには危険を冒して大金をはたく価値がある
どちらも価値観の問題です。

というのが思っているところですね。

レーシックを受けた_1
レーシックを受けた_2
レーシックを受けた_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レーシック手術を受けた_2

レーシック手術の実際のとこ。
昨日の記事の続きです。

前提は変わらず書いておきます。
①私は特にレーシックを推奨したり、または非推奨したりはしません。
  ウコン茶が受けた時の事実や推定を元に書きますので、
  それを推奨と受けるか非推奨と受けるかは、受ける人次第です。
  一応、ウコン茶の完全な推定情報は()をつけます。
②受けた医院名や、コースは記載しません。
  ただ、事実を書きますので、わかる人にはわかると思います。
③書いている内容は、あくまでも2013/12/末時点のものです。
  経過や状況などによって変わることもあります。

[手術→エキシマレーザー角膜屈折矯正手術]
さて、本番です。
手術前に事前検査があります。
簡易検査みたいなもので、本チャンの適性検査と比較し、差が無いことを調べます。
時間が経って変化がある人だと、それはそれで手術できないそうです。

手術は温度管理された別の専用部屋に通されます。
ここが非常に寒い。ブランケットを渡されるのでマシですけどね。
眼の状態チェックと麻酔薬や炎症を抑える薬を点眼します。
手術室へ。
案内されて徒歩で向かいます。

まずは蓋(フラップ)を作成する工程です。
横になり、頭をくぼみにはまるように移動します。
あとは医師が自己紹介して、まぶたを上下に引っ張るようにテーピングをします。
その後開眼器を装着されます。
レーザーを照射する機械が目の前に来ます。
まぶしい光がターゲットだと伝えられます(確か赤だったような・・・)。
で、レーザー照射開始。
照射中はレーザーは見えません。
ていうか暗闇で何も見えなくなります。
ただ、レーザーが黒目の上をスキャンする感じで動いているのはわかります。
これが10秒くらい?かな。
痛みはありません。

その後、角膜を削る工程です。
機械が変わりますが、自分は移動しません。
そのままの状態です。
蓋(フラップ)を医師が外します。
このとき、ピンセット的な何かが目に当たるのがわかります。
痛みはありません。
緑の光をターゲットに視線を外さないように指示されます。
レーザーが照射されます。このときピーという音がするので、それでわかります。
レーザーで焼かれる臭いがします。
これが数秒です。
レーザーの出力を監視する人が「○○%です」「○○%終了です」と言って管理してます。
そして、またピンセット的な何かで蓋(フラップ)を戻します。
この時点で視界が回復します。
ただ、霞がかった感じですね。
点眼されて、テーピングが外されます。
このときに毛が抜けるので、それでちょっと痛いです。
目自体が痛いわけではありません。

これを片側1回ずつ行います。
以上がエキシマレーザー角膜屈折矯正手術です。
今何をやっているかは、逐次医師が言ってくれます。
「これから○○です」「これから○○をしますので、そのままにしててください」「○○から視線を外さないでください」「そのままでいてください」とか。


[手術→クロスリンキング手術]
角膜強化法とか言われる手術です。
これは場所を移動します。
案内されての徒歩になります。
視界はあるので歩くのには問題ありませんが、全体が霞がかっているので慎重に歩きます。
看護師さんはこっちのスピードに合わせてくれます。
人とすれ違う時は、こっちへ移動してくださいとか言われます。

手術室では同じように横になって、テーピングされ、開眼器を着けられます。
眼球の位置は医師から指示を受けます。
基本は明るい白い光がターゲットでしたが、微妙に変えたりもします。
洗浄されて、蓋(フラップ)を開き、パテみたいなもので角膜にビタミンB2を塗布されます。
そして紫外線を照射されます。
自分の場合、1分半でした。
照射中も塗布は続きます。
時間は別の人がカウントダウンして、管理しています。
この間はぼやけて何がなんだかわからない感じですが、ターゲットはわかります。
カウント終了したら蓋(フラップ)を戻していきます。
戻していくと、視界が回復し、ターゲットが鮮明に見えてきます。

これを片方1回ずつ行います。
以上がクロスリンキング手術です。
コースによっては行わない場合もあります。
これも医師が逐次、これから何をするか、今何をしているか言ってくれます。

[術後]
目を休めるために暗室で目を閉じてじっとします。
これが20分くらいでしょうか。
その後、眼の状態を確認されて、薬と保護グラスを渡されます。
薬や保護グラスの使い方を説明されます。
これで終了。

その後は荷物を取って帰宅です。
術後は霞がかった感じが継続しており、遠くは見にくいですね。
近くもピントが合うまで若干時間がかかる感じです。
車や自転車は運転できませんね、あの状態では。
手術当日は信号もグレアがひどく、うまいこと見えません。

術後から、点眼薬を定期的に点眼していきます。
・水分保持用点眼薬(ヒアルロン酸):10~15分に1回ペース or 異物感や渇きを感じたら
・炎症防止点眼厄薬:1時間に1回ペース
・細菌発生防止薬:1時間に1回ペース
電車に乗って立ってようが関係ありません。
立ちながら点眼です。
あとは外出時は基本保護グラスを着用するようにします。
自分は、電車の中では点眼以外のときには目を閉じていました。

あと、寝るときは保護のカバーを着けます。
テーピングです。
これがまた面倒で・・・
点眼してから寝たのですが、途中でなぜか目が覚めたのです。
入眠してから二時間後くらいですかね。
そしたら、異物感と渇いた感じで目が開けにくい状態で・・・
ダッシュで点眼して解消。

というのが手術当日の話。

翌朝は夜中よりもマシでしたが、異物感と渇いた感じは継続。
これも点眼で解消。
しかし、異物感や渇きを感じる周期は長くなっていました。

レーシックを受けた_1
レーシックを受けた_2
レーシックを受けた_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レーシック手術を受けた_1

12月28日にレーシック手術を受けてきました。
その時の流れや体験などをまとめておこうと思います。

まず、大事な前提を。
①私は特にレーシックを推奨したり、または非推奨したりはしません。
  ウコン茶が受けた時の事実や推定を元に書きますので、
  それを推奨と受けるか非推奨と受けるかは、受ける人次第です。
  一応、ウコン茶の完全な推定情報は()をつけます。
②受けた医院名や、コースは記載しません。
  ただ、事実を書きますので、わかる人にはわかると思います。
③書いている内容は、あくまでも2013/12/末時点のものです。
  経過や状況などによって変わることもあります。

[受けた動機]
ウコン茶は昔からメガネ野郎です。中学からだったかな。
一時期、コンタクトにしましたが、それもゴロゴロ感とか痛みから着けなくなり。
で、最近は自転車によく乗るのですが、メガネが邪魔です。
雨のときなんか特に。
あと、温泉とか行くと景色がわからん。
全般的にメガネ邪魔。
きっかけはなんだっけかな・・・なんとなくかな。
東京にいる間にしておこうというのと、冬で自転車で遠出しなくなった時期がよいというのもありました。

[事前]
レーシックの説明会に行きました。
レーシックの原理の説明がメインです。
あと後遺症の話と、アベリーノ角膜症の話。
それから、レーシックを受けた人の体験談。
あとは割引券をもらって、適性検査&手術の予約をして終了。
簡易検査を受けるか受けないかを選択できます。
簡易検査とは、手術が可能かどうかを簡易に検査するものです。
一応目安ですね。
手術前に改めてフルの本チャン適性検査があります。
簡易検査をやったからといって、手術がOKかどうかはわかりませんが目安にはなります。

[遺伝子検査]
ここからは当日の話。
アベリーノ角膜症の検査です。
1/1000人の一人の割合で存在している病気で、黒目の部分に白い斑点が発生し、それが年齢とともに増加。
それが視力に影響を及ぼすとのこと。
よって、若いうちは自覚症状が無い場合があります。
しかし、レーシックを受けることにより、その進行を促進してしまう場合があるようです。
レーシックでは角膜の上に蓋(フラップ)を作成していきますが、
角膜を削り、元に戻したあと、それが癒着していく過程で斑点の原因になるたんぱく質が増殖するらしいです。
アベリーノ角膜症は治療法は無く、レーザーで部位を削っても再発するようです。
遺伝性なので避けようがないというところでしょうか。
なので、遺伝子検査でNGの場合はレーシックは受けられません。
遺伝子検査は、口腔内を綿棒でこすり、唾液を取得して検査します。
同意書を書くことになります。
若いうちは自覚症状や発症していない人もいるので、診察のみではわからないことがあるのは理解できます。

[適性検査]
手術前に行うフル検査です。
視力検査は当然ですが、眼圧検査や瞳孔の大きさ、角膜の厚み、眼底検査、角膜の曲がり具合の検査などです。
これによりレーシックができるかどうかが決まります。
ウコン茶の場合、待ち時間含めて4時間くらいかかりました。
ちなみにウコン茶は1日で適性検査+手術まで行うメニューです。

[診察]
医師による診察です。
この場で手術メニューを決めます。
料金等も説明されます。
最も重要と言えますが、どこまで医師を信用するかは個人差が出るかなと思います。
または医師の当たりはずれとかね。

適性にはいずれも問題なし。

ウコン茶の場合ですが、矯正前の裸眼は0.1。
右目にやや乱視あり。利き目は右目。
メガネで矯正して1.5ないし1.2になっていました。
近視度数が-6.00Dとの記載あり。
近視度数は矯正度数と、矯正することによって出る視力とで決まるそうです。
分類的には強度近視とのこと。
乱視については問題になるほどのものではないようでした。

角膜の厚みは右が510um、左が520umくらい(um=0.001mm)
医師に寄れば、その医院にかかる患者の平均が550umとのこと。
そのデータを真にするならば、ウコン茶はやや角膜が薄いと言えるでしょう。
角膜が薄い場合は、手術不可です。

希望する矯正は1.0~1.5。
それを実現するのに必要な角膜の削り幅は78um(右目)。
左目は忘れましたが、右目の方が多く削る必要ありです。
医院にかかる患者の平均が55umとのこと。
そのデータを真にするならば、ウコン茶は角膜の削る量が多いと言えるでしょう。

で、しばし考えた結果、レーシックを受けることに。
かつ、角膜を強化することにしました。
診察に待ち時間含めて1時間くらい。

以上が手術前の確認です。
次回は実際の手術はどうだったの?って話です。

レーシックを受けた_1
レーシックを受けた_2
レーシックを受けた_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状サービス

こんなサービスがあったのかと今更に気づいて、今年から利用することにしました。

Yahoo!年賀状(2014)

いやーこれは便利ですね。
豊富なデザインから選んで、イラストや文字のスタンプもできて、オリジナルにできる。
ビジネスから喪中もあるし。
差出人も宛先も書いてくれる。
投函もしてくれるし、お年玉付き年賀はがきときた。
支払い方法も色々選べる。
宛先については、空のはがきも作ることができる。
手書きで何か書きたい場合は、投函を任せず、自分に送ってもらうようにすればいい。
なんつー便利さじゃ!

早速使ってみました。
10枚で2,050円。
自分で何か書いてから投函したかったので送料が630円かかってます。
(手書きで何か書くため、デザインに吹き出しを追加しました)
21日に確定し、お金も払ったので24日に到着。
それからすぐに手書きで色々かいて投函。
なんとか元旦に間に合うかなー。
とは言っても、どうせ実家が別な人ばかりなので、宛先の人が年賀状を確認するのは元旦から何日か経過した後ですけどね(笑)

しかし、実家に送るかどうするか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SIAM SHADE 素顔のままで

SIAM SHADEの記事2連発。

今回のLIVEで歌ったレア曲。
SIAM SHADEの初期のナンバーで、アルバムでいうとⅡに入っています。
シングルにはなっておらず、アルバムのみに収録。
昨日は末期の曲を出しておきながら、今回は初期という(笑)
それだけ、捨て曲がほぼ無いということなのです。
曲全般に言えるかもしれませんが、メロディがきれいなんですよね。
流れるような感じでいて、ハードでメリハリがある。
テクニックがあるからこそ、完成度が高く感じる部分もあるでしょうね。
うーん、なんで売れないのかなー
音楽ってのは、そういう世界なんでしょうね。

まだ若干LUNA SEA風味が残ってる時代かも。
それでもSIAMらしさはある。
マニアックな曲ですが、SIAMの真骨頂はそこにあると思っています。
ファン投票で1位~3位までがアルバム曲でしたしね。

love me kill me take me~♪

ボーカルと楽器隊含めて非常にレベルが高く、かつ誰かが突出しているわけではない。
SIAM SHADEで完成されているって感じでしょうか。
僕も「SIAM SHADE」が好きなんですよね。
ソロだと結構興味なかったりして。

あーまたライブやってくれないかなー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SIAM SHADE アドレナリン

話がガラッと変わって音楽の話。

先月の19日にお台場でのSIAM SHADEのLIVEに行ってからもう1か月。
10/27に行われたさいたまでのLIVEからは1か月半。
早いものです。

さて、最近SIAM SHADEの曲で聴いているのがアドレナリンという曲。
SIAM SHADE末期のシングルです。
メロディがハードで、メロディアスな感じは凄くSIAMっぽい。

特に、2:07からの流れはチョーかっこいい!
って、この曲2001年にリリースされてるんですよね・・・
12年前か・・・個人的にいい頃でした・・・
最近の曲は本当に聴かないから、古い曲ばかり。
ONE OK ROCKくらいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VOLVO V40

この車にMTがあれば・・・という車。

VOLVO V40S_volvov4010

こいつは大きさといい、性能といい、便利さといい、スタイルといい言うこと無しでした。
東京モーターショーで見た時も、こいつはいいなぁと思ったのです。
しかし・・・MTが無い・・・
そして、左ハンドル仕様を無理やり右ハンドル仕様にしているため、弊害が多い・・・
あと、ちと重い。

スタイルはバッチリですね。
まさに5ドアハッチと呼べる風貌。
こういう形がハッチらしくていいですね。

装備もかなり豪華です。
でも289万円からと意外にお安い。
そこそこ街でも見かけるようになりましたね。
これなら売れてもおかしくないかもしれません。

でも、ATなんだもんさ・・・
欧州メーカーは、本国ではMTをラインナップしていても日本向けにはMTを設定しないことが多いようです。
まぁ日本はほぼATだから仕方ないけども・・・
ATのクオリティが高いアイシンAWの所為か!(笑)

VOLVOって割とおっさん臭いイメージがありましたが、V40はラインナップの中でも割と若者向けなのかなと思います。
こんな感じの国産車でないかなー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MTのハッチバックを比較してみた_輸入車編2

一連の記事の続きでございます。

繰り返しになりますが、前提条件を。

[前提条件]
①MT車であること
②車両本体価格が300万以下であること
③ベースグレードで比較すること(MTが上位グレードにしかない場合は別)
④同一メーカーは2車種まで
⑤MT設定があるコンパクトカー(フィット、マーチ、デミオ、ヴィッツ、スイフト)は除く
⑥軽は除く
⑦2ペダル(DCT:デュアルクラッチトランスミッション)はMTに非ず
⑧新車で存在する車種であること

整理した表。Photo
今日はこの中の、
・PEUGEOT 308 Premium
・CITROEN DS3 Sport chic
・FIAT 500 500S
です。

これまた繰り返しになりますが・・・
注意点としては、この記事はあくまでも緒元と見た目をベースに書いています。
実車に試乗した上での評価ではないのであしからず・・・



7.PEUGEOT 308Peugeot308_frenchcargeek2012 Premium
・ドア数:5
・ミッション:6MT
・出力:156ps
・トルク:24.5kgf・m
・燃料タンク容量:60L
がトップランナー。
・車重:1320kg
・燃費:13.4km/L
がワースト。

208より実用的で、エンジンもMINIとかに使われているものと似た感じ。
若干車重は重くなったが、それでも156psあれば十分だろう。
値段も上がったが、MINIに比べれば安い方。
208よりPEUGEOTっぽい顔をしている。
燃費は悪くなったが、燃料タンク容量が大きいので、さほど苦にはならないだろう。
見た目はそうでもないのだが、全福が大きいのが気になるところ。
日本では若干大きめかもしれない。
乗ってはみたいが、MINIの方が存在感はあるかもしれない。


8.CITROEN DS3 Sport chicDo_citr101028_01
・ミッション:6MT
・出力:156ps
・トルク:24.5kgf・m
がトップランナー。
・ドア数:3
・価格:257.1万円
がワースト。

一目で国産車じゃないとわかる個性的なデザイン。
街での注目度は抜群。
それほどに存在感がある。
重量は1,190kgと軽量。
燃料タンクも50Lと、MINIより実用的。
そもそもMINIはこのクラスのエンジンにしようとすると、CooperSしか選択肢がなく、300万オーバーになってしまう。
CooperSだと燃料タンクは50Lになるが、DS3より+20kgになる。
動力性能はCooperSが上。
しかし、実用面からすればDS3の方が上で、コストパフォーマンスは高い。
写真は特別仕様車だが、ダークなシトロエンは妙な色気がある。
美人?ミステリアス?
この限定カラーのDS3は大注目の1台。


9.FIAT 500 500S13424fiat_500_s_665_s
・重量:1,010kg
がトップランナー。
・ドア数:3
・ミッション:5MT
・定員:4
・燃料タンク容量:35L
がワースト。

FIAT500のヤンチャ版とでもいうべきクラス。
日本の軽くらいの大きさ。
燃費は26.6km/Lを謳うが、この数値をたたき出せるかは疑問。
嘘が書いてあるとは思っていないが、現実的な数値からすれば、10km/L台後半だろう。
それから、燃料タンクが35Lしかないのが厳しいところ。
実用性からすると厳しい印象がある。
2台目として遊びに使うなら・・・
価格はMINI ONEくらいだが、総合点からするとMINIが上か。


と、これで3回の連載は終了。
買うかどうかは、ウコン茶の仕事の状況次第です。
今の住居だと、駐車場が無いので無理です。

いろんな車を見るのは楽しいなぁと思います。
それぞれに個性があったり、目指す方向性が違ったり。
ちょっとした工夫があったり、無かったり。
国産には付いてて便利だけど、輸入車には無いとか。
国産にはできないこだわりがある輸入車とか。

車は持ち主のセンスを現すとはよく言ったものです。
乗っている車を見るだけで、その人なりがわかることもあります(もちろん全てではない)。
みなさんもそういう場面にはよく遭遇していると思います。
走りがよいだけではない、見た目やインテリア、使い勝手、騒音、乗り心地、ブランド、価格・・・
これだけ総合力が問われる商品は世の中にそうそうありません。
だからこそおもしろい。
価格以外の価値がたくさんあるのですから。


[MTのハッチバック比較]
SUBARU IMPREZA・TOYOTA AURIS・MAZDA AXELA
BMW MINI・BMW MINI Crossover・PEUGEOT 208
PEUGEOT 308・CITROEN DS3・FIAT 500 ←この記事

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MTのハッチバックを比較してみた_輸入車編1

先日の記事の続きでございます。

MTのハッチバックを比較してみた_国産車編

繰り返しになりますが、前提条件を。

[前提条件]
①MT車であること
②車両本体価格が300万以下であること
③ベースグレードで比較すること(MTが上位グレードにしかない場合は別)
④同一メーカーは2車種まで
⑤MT設定があるコンパクトカー(フィット、マーチ、デミオ、ヴィッツ、スイフト)は除く
⑥軽は除く
⑦2ペダル(DCT:デュアルクラッチトランスミッション)はMTに非ず
⑧新車で存在する車種であること

整理した表。Photo
今日はこの中の、
・BMW MINI ONE
・BMW MINI Crossover ONE
・PEUGEOT 208 Allure
です。

これまた繰り返しになりますが・・・
注意点としては、この記事はあくまでも緒元と見た目をベースに書いています。
実車に試乗した上での評価ではないのであしからず・・・




4.BMW MINI ONEMain_stage_noflash_x_0_y_0
・ミッション:6MT
がトップランナー。
・ドア数:3
・定員:4
がワースト。

言わずも知れたMINIブランド。
特筆する点は無い。
車重は軽いが、その割に燃費が伸びていない。
欧州車はガソリン成分の基準が日本と違うため、どうしてもハイオク仕様になってしまうのが辛いところ。
(日本でいうレギュラーとハイオクの間に基準がある)
40Lのタンクは長距離には厳しいか。
MINIはそのブランドとMINIらしさに価値があるのだろう。
この車重であれば、多少非力でも街乗りであれば問題ないだろうとは思う。
6MTなので、高速もそれなりにこなせるかもしれない。


5.BMW MINI CrossoverMain_stage_noflash_one_top
・ドア数:5
・ミッション:6MT
がトップランナー。
・重量:1,320kg
がワースト。

ファミリー向けになったMINI。
本国ではCountrymanというグレードで販売されている。
SUVを謳っているが、緒元から見ればSUVではなくあくまでもファミリーユースである。
(CooperS 4WDなら別かもしれないが)
5ドアになり実用的になったものの、200kg程度増加しており、パワートレインがそれに追いついていないのは明らか。
街乗りですら厳しいのではないかと感じるが・・・
CrossoverならCooper以上のグレードにするのがベターか。
個人的にはMINIよりも顔は好み。
ナマズがイケメンマッチョナマズにクラスチェンジした感じ。
緒元を無視するなら、試乗しに行くレベル。


6.PEUGEOT 208 AllureGammepeugeot208allure
トップランナー無し。
・ドア数:3
・ミッション:5MT
・出力:82ps
・トルク:12kgf・m
がワースト。

一見ヴィッツっぽい感じの欧州大衆車。
トップランナーは無く、ワーストばかり。
しかし、特筆すべきは、その価格と重量。
輸入車で200万を切りる価格設定。
MINIより60kgも軽い車重。
トップランナーではないが、新車の輸入車の中ではなかなか見られない数値だろう。
MINIよりも大きく、広く、燃料タンクが10Lも大きいのにそれでいて軽いのだから、コストパフォーマンスは断然上を行く。
どちらかというと、日本のコンパクトカーに近い印象。
アクセラやインプレッサと競合させるのはおかしいかもしれない。
これも乗ってみたい車である。


あと残す3車種はまた次回。

[MTのハッチバック比較]
SUBARU IMPREZA・TOYOTA AURIS・MAZDA AXELA
BMW MINI・BMW MINI Crossover・PEUGEOT 208 ←この記事
PEUGEOT 308・CITROEN DS3・FIAT 500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MTのハッチバックを比較してみた_国産車編

先日、車選びという記事を書きました。
そのあとも色々見ていて、整理できなくなってきたので表を作ることにしました。
.pptで簡単に。
枠が限られているので、一部しか書けませんけどねー。

[前提条件]
①MT車であること
②車両本体価格が300万以下であること
③ベースグレードで比較すること(MTが上位グレードにしかない場合は別)
④同一メーカーは2車種まで
⑤MT設定があるコンパクトカー(フィット、マーチ、デミオ、ヴィッツ、スイフト)は除く
⑥軽は除く
⑦2ペダル(DCT:デュアルクラッチトランスミッション)はMTに非ず
⑧新車で存在する車種であること

上記を条件に整理したのがコチラ。Photo
くるまーとという比較サイトもあるのですが、輸入車の情報の一部が載っていなかったりもしたので、一台一台緒元を確認しながら記入しました。
間違っていたら指摘お願いします。

日本車と輸入車で価格を比較するのは酷かなと思いつつ、重要な部分なのでそのまま載せました。
室内空間の広さは、国産車しか統一した記載はないので載せていません。
黄色く塗りつぶしてあるのが、この比較表の中でそれぞれの項目におけるトップランナー。
水色はその逆で、ワースト。
比較にならないですが、元所有していたGRBのスペックも載せました。
(しっかし価格たけぇわ、スペックおかしいわ、燃費悪いわ・・・よく乗ってたな(笑))
所見を最下部に記入しましたが、さすがに記載が足りないなぁと思っていますので、記事でフォローします。

注意点としては、この記事はあくまでも緒元と見た目をベースに書いています。
実車に試乗した上での評価ではないのであしからず・・・

1.SUBARU IMPREZA SPORT 1.6iK0000319107
・ドア数:5
・駆動方式:4WD
・価格:161万円
がトップランナー。
・ミッション:5MT
がワースト。

さすがはスバル。
4WDでこの価格、この重量(1260kg)。
アクセラはFFで1240kgなことを考えると、軽量化努力が感じられる。
BOXERの宿命か、燃費はアクセラに劣るが、2年前にフルモデルチェンジした車なので素直に比べるのは酷かな。
軽量かつBOXERエンジン&ミッション縦置きによる低重心&前後重量配分最適化により、安定性は抜群によいものと思われる。
記載はしてないが、室内空間の広さも、アクセラやオーリスより上。
5MTなのが非常に悔やまれる一台。


2.TOYOTA AURIS RSAuris_21
ドア数:5
ミッション:6MT
がドトップランナー。

12年8月にフルモデルチェンジしているが、特筆すべきところはなく、若干影が薄い。
ハイオク仕様であることがコストパフォーマンスを下げている。
6MTなのは好印象だが、それ以外に特徴がない。
値段的にもそれ相応。
よくも悪くもトヨタのMT車という印象。
この車はもっと燃費を訴求してくれてもよかったのではないかと思われる。
また、ハイオクのくせに燃料タンクが小さめ。
それでいて室内空間はインプレッサに劣る。
そのうちトヨタのラインナップから消えそうな予感。
シャア専用オーリスが光るが・・・オーリスで300万オーバーというのはあまりに趣味車的すぎる。
金持ちが道楽で買うレベルか。

3.MAZDA AXELA 15CMazda320141
ドア数:5
ミッション:6MT
燃費:19.2km/L
がトップランナー。

先月発売が開始されたばかりに最新車種。
光るのはSKYACTIVによる圧倒的な燃費。
このクラスではもちろんトップだが、下手するとそこらのコンパクトカーより燃費で勝るかもしれないという強烈さ。
長期的に所有するなら、コストパフォーマンスという点で、非常に期待できるモデル。
若干インプレッサより大きいが、室内空間は若干狭い。
ノーズが長いことにより、インプレッサよりも数値以上に大きく見える。
6MTなのは好印象。
ハイブリッドもラインナップされているが、ハイブリッドを買う意味はほぼ無いだろう。
それほどにSKYACTIVによる燃費が圧倒的だし、アクセラに乗るハイブリッドシステムはプリウスと同一のため、プリウスライクに味付けされるのは非常にもったいない。
ということから、ハイブリッド自体は新聞の見出しみたいな位置づけだと思われる(お客を引きつける餌みたいなもの)


と、まず国産車3つを並べてみました。
これが1回目。
残す2回は輸入車です。

[MTのハッチバック比較]
SUBARU IMPREZA・TOYOTA AURIS・MAZDA AXELA ←この記事
BMW MINI・BMW MINI Crossover・PEUGEOT 208
PEUGEOT 308・CITROEN DS3・FIAT 500

| | コメント (2) | トラックバック (0)

車選び

あ、別に買う予定があるわけじゃありません。
でも来年買うかも・・・

車を選ぶのは楽しいですねー。
自分が譲れない条件は以下です。
MUST条件ですね。
絶対に譲れない条件。
大切なことなので2回言いました(笑)

①マニュアル車であること(デュアルクラッチはMTに非ず)
②ハッチバックであること

やっぱね、マニュアル車でしょ!
(マニュアルに乗ってるのかっこいいって言われたからとかいう理由じゃないよ!!)
渋滞だろうが、坂道だろうが、操る楽しさを優先させたいのです。
あと、あのATのレスポンスが嫌ってのもあります。
慣れなんですけどねー。
ハッチバックは自転車を載せたりとか、車中泊できたりとかで便利なので。
デザインがハッチバックのほうが好きという理由もありますね。

上記の基準で新車を探すと・・・全然無い無い(笑)
本当にラインナップが限定されちゃう。
MTって時点でもう厳しいんですけども。
以下がそれにあたる車(これでも一部かな、特に輸入車がわからない)

[国産車]
トヨタ
・iQ
・オーリス
・ヴィッツ

ホンダ
・フィット

ニッサン
・マーチ

マツダ
・アクセラスポーツ
・デミオ

スバル
・WRX STI(元所有)
・インプレッサスポーツ

スズキ
・スイフト

[輸入車]
BMW
・MINI(MINI、CLUBMAN、CROSSOVER、PACEMAN)

ベンツ
・なんか高いの

フィアット
・フィアット500(アバルト含む)

アルファロメオ
・ジュリエッタ
・MiTo

シトロエン
・DS3
・DS4

プジョー
・208
・308

ルノー
・メガーヌ

くらいかしら???


この中で値段等考えると、
・インプレッサ
・アクセラ
・MINI
・フィアット500
・プジョー 208
かなーと。
200~300万は固いですね。
特にMINIなんかは、間違いなく300万円を超える。
なぜなら、COOPER Sにしたいから(笑)


うーん、ちょっと外車に乗ってみたいんですよねー。
たまにはね。
どうせ、そのうち日本車に戻るんだろうし。

そうなると、
●MINI or MINI CROSSOVER(贅沢にいけば)
●フィアット500S
●プジョー208 Allure
あたりになるわけです。
MINIは結構高いです。
300万OVERは確定でしょう。
プジョー208 Allureとフィアット500は300万に届かずに買えそうですね。

それなら中古のGRBのほうがよくね??
という声が聞こえてこなくもない・・・sweat02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

甚五郎 東小金井店

今日も今日とてうどん。
多摩に来てから、ラーメンより武蔵野うどんを食べていることが多いかもです。

行ったのはコチラ。

甚五郎 東小金井店

肉汁うどん 大盛S_20131214_123139

大盛にしたはいいけど、ここまで多いとは思ってなかった・・・
何gでしょうかね・・・
700gくらい??
いやー普通盛りで全然OKでしたねsweat02
二日酔いで頭が痛かったのに(笑)

味については、肉汁が若干甘めで薄め。
割りスープが無くても飲めるレベル。
個人的には割りスープで飲めるレベルになってほしいかな。
じゃないとかけうどんの方が良くなってくるので。

なんでかというと、つけ麺もそうなのですが、スープが冷めてくるので、最後まで美味しく食べられないからです。
うどんもあつもりにしてくれる店もあるそうですが・・・
今回は予想以上の大盛だったために、食べるのに時間がかかり、最後にはスープがすっかり冷めてしまっていました。
もう少し肉が多ければなぁ・・・
まだ途中でアクセント入れつつ、食べられたけど、肉の量が少ないかなと。
比べているのが小平うどんというお店なのが悪いのかもしれませんけど。
あそこは、肉マシが選べますからね。

これも個人的にはですが、小平うどんのほうが好きかな。
うどんも含めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武蔵村山 うどん 笑乃讃

うどんを食べに自転車を漕ぐこと一時間。
武蔵村山のうどん屋さんへ。

笑乃讃

たかだか往復40kmなのに、足がガクガク・・・

さて、今回はつけ汁うどんではなく、かけうどんです。

肉うどん+野菜天三種S_20131201_131158

うむ、ノーマル(笑)
ここはつけ汁の方がおいしく感じるかな。
いや、美味しくないわけではなく、美味しいんですけど、よりつけ汁の方がいいかなと。
かけだとうどんにコシが無く感じてしまう。

相変わらず天ぷらはしっかりとうまい。
さつま天+えのき天+なす天でしたが、えのき天が食べにくい以外はおいしかったなー。
ここは塩で食べるんですよ。
つゆがないんです。
もしかすると、つけ汁につけて食べる人もいるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »