« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の記事

リダンダンシーのある社会

精神科医の香山リカさんのコラム。
個人的にはこの人はあまり好きじゃない。
本人も認識しているようだが、理想主義者だから。
(そう見えるということは、そういう人だと認識されていることが自覚できているのでよいが)

橋下市長個人にではなく 〈橋下的なもの〉に感じる違和感。 本当に必要なのは リダンダンシーのある社会ではないか

あんまりダラダラ書くのもどうかなとおもうので、サラッと。
公開討論がどうだあーだというのはどうでもいい。
主張がどうなのかが気になるところですよね。

「リダンダンシー」というのは冗長性を指すらしい。
余裕度と言ってもいいでしょう。
そこには、重複による滑り止め、遊びを持たせることによるバッファの確保なんかがあるでしょう。

効率を求めれば、余裕は無くなる。
余裕を求めれば、効率は無くなる。

まとめればその2択になるが、効率ばかりもとめる橋本氏のやり方はどうなの?ってとこですかね。
本文を引用すれば、

>例えば、買い物に不自由している高齢者の方がいたとします。
>その対策として、高齢者のための「御用聞き」のような制度を作ります。御用聞きが必要な物をすべて買い揃えることで、高齢者の負担は軽くなります。
>仮にそうした制度ができても、地元の商店に買い物に行きたいと考える方もいるでしょう。御用聞きの制度ができたからといって地元の商店を廃止するのではなく、どちらでも選べる状態にするのが望ましいという考え方です。
>同じような行政サービスは二ついらない、それは税金の無駄だと考えるのが現代の風潮です。しかし、場合によっては、同じようなものが重複していることも、大切なことではないかと思うのです

だそうなのです。
私が嫌なのは、下線を引いたところで、「大切なことではないかと思うのです」という部分。

大切なことはわかります。
そのために何が、誰が犠牲になるんだ??

という視点は必要ではないのでしょうか。
もう高度成長は望めないし、高齢化社会で生産性も落ちた。
限られたリソースを使って、やっていくしかないフェーズに日本は移行しているんだと思います。
それがエコだとか、リサイクルだとかという言葉で世に広がっているという認識は間違っていないと思います。
限られたリソース(パイと同義)をどう配分していくのか、限られたリソースを有効に使うためにどうするか。
それを突き詰めていくことこそが、最も犠牲が少なくなるんじゃないかなって気がするのです。
だって、二重なんですからね。
そもそもサービスが享受できているからこそ、二重であり遊びであるのです。
その二重を解消しても0にはならない。

そういったリダンダンシーの必要性を求めるのは、社会的弱者であるという意味で、香山さんは例に高齢者を出しているのかなと思います。
単に高齢者をひとくくりで社会的弱者と呼んでいるわけではないとは思いますが。

さて、じゃあ誰が犠牲になるのかって話になりますと・・・
結局のところ、犠牲を払うのは現役世代なのですよ。
というか、それしかいない。
冗長性を支えるために、限られたパイを維持しなければならない。

どこかが儲かれば、その分どこかは儲かっていない。
それは何に対しても言えることかなという気がします。
ババを引くのが誰なのかの違いしかないなら、未来を担う人にババを引かせ続けるのは止めましょうよ。
ババを引き続けるから、全体的に萎縮してしまう。

こういった理想(考え方)で、こうしたいんだということは必要だけれど、それに現実がひっついてこないんじゃ、
説得力がないんじゃないかなというのが、現実的なものの見方をする人の思いじゃなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GT5 レース前BGM

youtubeでふと見つけたBGM。
グランツーリスモ5のレース開始前のBGMなのですが・・・
これがソレ。

あれ、Remixだなぁと思い、関連動画を見ると、原曲発見。
それがコレ。



PNAU(プナウ)というデュオらしい。
そのBabyという曲がGT5で使われているようです。

ロードしている時に聴こえてくるBGMなので、なんかおぼえてしまって(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒いっすなぁ

うー寒い・・・snow

なんと朝お湯を出しっぱなしにしたまま会社に行ってしまうという失態をしてしまいました。
その前はヒーターつけっぱなし。
ああ、なんということだ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カーオーディオ候補!!

きましたよsign01
パイオニアのnewモデルsign03

DEH-970Main01

やっと買い換えることが・・・
いやね、KENWOODとかアルパインとか見て回ったんですよ。
でもグッとくるものがなかったsweat02
今日、ふとパイオニアのカーオーディオ調べてみたら・・・
新しいモデル発表されているじゃんshine

このDEH-970は、今年3月発売予定。
他、DEH-770とDEH-570は2月発売予定。

私は中でもDEH-970がいいなと思っています。
デザインもシンプルだしね。
いいなと思っている点は、

・日本語3行表示
・マルチLEDイルミネーション(GRBに合わせた赤にもできる)
・SDカードに対応

ですね。
音質に関しては、このクラスなら今付けているDEH-P620より上だろうと思います。
900番ですからねーup
それに、P620は昔乗っていたR2から付けていましたから、もう5年近くにもなろうかとしています。
待っていてよかったhappy01
こりゃ楽しみhappy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オートサロン2012_補足

先日のオートサロンでは、こんなものを購入。

GRBのキーホルダー。Dsc_0004
ナンバープレートになっているのがおもしろいでしょhappy01
他にも、
○GD-B・
○GV-B・
○IM-P・
○ST-I・
なんてのもありました。
スバル以外にも、国産メーカーはほぼ網羅されていました。
車は一部の車種のみですが。

他、シールやステッカーも沢山ありました。
ここも混雑してたなぁsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オートサロン2012_2

続きです。

スバルブース。Simgp5162
いやぁこちらも大変な混雑っぷり。
LEGACY B4 GT300に代わる、BRZ GT300.
これまた派手ですなぁ。












さてさて、スバルの方がBRZのボンネットを開けてくれました。Simgp5159
ふむ、見てすぐわかるのが、エンジンのL/Oが低い位置にあることflair
GRBに比べてもかなり低い。
低重心のためですね。
そして、TOYOTA D-4S BOXERとあります。
D-4Sとは、トヨタの直噴エンジンのこと。









そして、WRX STIのグルーブN仕様車。Simgp5170
このカラーリングかっこいいのよね。













JUNCTION PRODUCEのお兄さん方。Simgp5177
コンパニオンを撮っている奴が大量に居る中、これは異色でありました。
オートサロンって、
・コンパニオンを撮るだけのやつ。
・VIPカー目的のチンピラ風のやつ。
・車オタのやつ←自分のことcoldsweats01
・家族連れで遊びにきている人。
の4種類くらいに分かれていて、凄いですよね。
レースカーとかに乗ることができるので、お子様には大変おもしろいのではないかと思います。
まぁこうやって、車好きが増えていくことを願うばかりです。


さて、株式会社ラックのブース。Simgp5185
ここには、全日本ラリーで活躍したインプレッサのラリーカーが展示されておりました。

帯広のラリーJAPANのときの様子はコチラ
コ・ドライバーの足立さやかさんもいました。








ラリー中の車載動画が流れていて、これが一番凄かったsign03Simgp5187
声もそのままなので、凄い緊張感がひしひしと伝わってきて、見入ってしまいました。
メーターを見ると、200km/hくらい出ているときもありました。
あんな道の悪いところで、ブラインドコーナーが連続するようなところで、よくそんな速度出せるなぁ・・・
ありえねぇ・・・






あと、STIブースで、スポーツタオルとハンドタオルとストラップを購入しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オートサロン2012_1

14日にオートサロンに行ってきました。
目的は、今年のモデルのカーオーディオを見るためでした。

が、結局たいした見ることはできず。Simgp5117
まぁ世の中、単品のカーオーディオってあまり流行らないよね。
ポータブルナビがかなり台数伸ばしているはずだから、まだ売れると思うんですけどね。

いざ、幕張メッセへ。
やはり遠いなぁ・・・混んでますsweat01







ここでも86が人気。Simgp5125
これは86 MODELLISTA Verという、プロトタイプモデル。
200ps、20.9kgf・m。
ブレーキは見ての通り、ブレンボ。










ホンダブース。Simgp5129
時期BEATのコンセプトモデルらしい。













鈴木亜久里さんが来ておりました。Simgp5140















DUNLOPブースで新たな発見。Simgp5144
DIREZZA SPORT Z1 STAR SPECの後継モデルですsign01
DIREZZA ZⅡsign03
これは初めて知りました。










ランボルギーニ レヴェントン。Simgp5149
最近マッドなブラックが流行りなんですかね。
カーボン風というか。
ツヤ消し塗装かな。


続く・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいシザーバッグ購入

昨年の4月に購入したシザーバッグですが・・・
ベルトとバッグのつなぎ目がちぎれてしまいましたsweat02
財布とキーケースを入れてよくウロウロしていたし、財布は小銭ばかりで重かったからでしょうかねsweat01
諭吉さんの割合を増やして軽量化したいところですが、諭吉さんは基本不在sad

というわけで新しくバッグを購入しました。
それがコレ。



以前のシザーバッグからの変更点としては、
・容量UP(縦に60mmくらい長い)
・ポケット数増
・マチの長さも30mm増
・ベルトとのつなぎ目がバッグの角になって、ちぎれにくい
・太ももに固定するベルト追加
という感じでしょうか。

容量は以前のものだと、キーケースと財布で一杯一杯でしたsweat02
文庫本も入れたいなってときは、財布を移動させていました。
それがなくなり、一緒に入れられるかなと思います。
ウォークマンを新規購入したため、それもキチンと入れられるものにしました。
以前のものでは、ウォークマンを入れにくかったのです。
あと、自転車やバイクでの移動が増えたのですが、以前のシザーバッグは固定が不安で着けていませんでしたsweat02
今回購入したものは、太ももに固定するベルトがありますので、不安解消good

そのかわり若干大きくなりました。
車を運転するときに、つけっぱなしで運転するのは厳しいかもわかりません。
ちょっとテストしてみようかな。

続きを読む "新しいシザーバッグ購入"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

洗車&バイクのタイヤ交換

いやぁ時間があるっていいですねsign01

7日に洗車とバイクのタイヤ交換を実施。
車は、高速道路をひた走ったため、融雪剤が車体にべったり。
手洗い洗車で隅々まで落とします。

シャンプーを洗い流した後に使ったのがコレ。
CCウォーター。

ちまたで人気らしいゼロウォーターとは違うやつ。
何が違うのかと聞かれると、わかりませんsign01と答えることが可能です(笑)
近くのホムセンで、CCウォーターが安かったので購入。

ピカピカになったかと聞かれると・・・正直よくわかりませんsweat02
気のせいか、ピカピカした気がするかなぁ・・・
まぁ多分何度も繰り返し施工していかないと、効果が薄いのでしょう。
ワックスより明らかに施工が楽なので、そちらの点でオススメ。
ムラになりにくいし、水が付いたままの車体に吹きかけて、水ごと吹き上げるというのが非常によいgood
光沢にこだわりがある方は使わない方がいいでしょうね。

そしてバイクのタイヤ交換。
これは自分でできないので、バイク屋さんへ。
スノータイヤへのチェンジです。Dsc_0001_3
換えてもらったはよいが・・・
ひたすら曲がらねー(笑)
あきらかにタイヤの設置面積が増えているのがわかります。
加速も悪くなりましたsweat02
動きが鈍いのですsweat02
まぁでも安全には変えられませんからね。

タイヤはIRCのスノータイヤです。
以前、購入していました。
これで通勤も大丈夫かなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

シフトノブ交換

新年、車漬けになっているウコン茶です。

先日、シフトノブの交換を行いました。
栃木スバルさんの今月の特価品コーナーに、STIの6MT用のシフトノブがあったため、即買いshine
6日が新年OPEN初日で、その日の午前中にはTELで予約。
1個しかないので、無くなってしまうかもと思ったためです。
11,550円(工賃タダ)。
通常15,750円だから、安いですよねー。

これが純正。Sdsc_0005
ガムの紙がありますが、お気になさらず・・・sweat02
まぁ普通ですよね。














交換後。Sdsc_0013
結構変わりますよねgood

シフトノブはもう1種類あって、純正のものをもっとブラックにして、
ギア位置のマークをレッドにし、STIのロゴが入ったものもあります。
そっちのほうが若干安い。
でもあえてこれにしました。

ラリー北海道に行った時に、0番のインプレッサが装着していたパーツだったりします。
そのこともあり、シフトノブはコレに決めていました。




アップ。Sdsc_0016
純正のものより、革の面積が少ないため、シフトチェンジのとき、手がヒンヤリします。
夏とかかなり熱そうですsweat01

これもわかる人にしかわからない変化。
STIのプッシュスタートボタンと共に、自己満の装備ですflair

| | コメント (4) | トラックバック (0)

兵庫での年越し_2

さてさて、赤穂での詳細記事でございます。

赤穂で年越しをしましたので、初詣に行くことにしました。Sdsc_0035
赤穂で一番人出が多いらしい、大石神社へ。
確かに人が多いsign01
出店もそこそこ出ていますね。

家族連れが多いこと。
一匹、めっちゃかわいい柴犬が居まして、ずっと凝視していました。
毛色の焦げ具合も丁度いいし、瞳もつぶらdog
顔も丸めだったので、メスだったのでしょう。
あれはかわいいheart01






神社。Sdsc_0036
人が多すぎて、落ち着いて参拝なんぞできるわけもなく・・・
もうちょっと少ないかと思いきや、そんなことはないわけで・・・
そりゃ元旦だものね。
ブレーキパッドの交換をしてから、初詣ってのがよいね(笑)
おみくじをひいたら、大吉でしたsign01










赤穂城跡は開いておりませんでした。Sdsc_0037

こっちは誰もいねー(笑)















翌日・・・
姫路B級グルメの「どろ焼」を食べにいきました。Sdsc_0039
リンク先の喃風というお店です。
これ結構美味しいですねhappy02
タコを入れれば、デカイたこ焼きになる感じ。
切って、出汁につけて食べます。
これはねぎどろ焼です。
ボリュームあるから、女性一人だときついかもしれませんね。









友人はホルモンうどんを食べておりました。Sdsc_0041
これもウマイsign01
関西は粉もの美味しいですよねー
こっちで食べるのは別に美味しいわけではないので、微妙です。












あとは友人宅でグランツーリスモ5をひたすらプレイ。
PS3欲しくなっちゃいましたよ。
引っ越さないと、テレビが買えないんですよね。
今の変なレイアウトで買っちゃうと、のちのち後悔しそうなので、まだ買えず。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

兵庫での年越し_1

年末年始は、北海道には帰らず、兵庫の友人宅へお邪魔しておりました。
引越しをした友人宅を見たかったのと、ブレーキパッドの交換のためです。

家を出たのが、12/30のAM3時半ごろ。Sdsc_0014
真っ暗だし、静まり返っておりました。
しかも寒いsnow
なぜこんな時間に出ているかと言うと、高速代の深夜半額を適用させるためです。












北関東道の宇都宮上三川IC~山陽道の赤穂ICまで高速を使います。 S_2
Google mapだとこんな感じでルート検索されます。
763kmほどsweat02
ほぼ実家に帰る距離と同じですsweat01
実家の場合、フェリーを挟みますので、一日の走行距離としてはこちらの方が多い。
北関東道が全線開通したことにより、佐野で一度下道に降りる必要がなくなったので少し楽になりました。
普通に行って、10時間くらいかかります。
トイレ休憩とかご飯とかを入れてです。
誰かと運転を交替できるなら、多分もうちょっと短縮可能でしょう。
それから、混雑するところが空いていれば、もっと速い。

確か長野のどこかのSAかPAで撮った写真。Sdsc_0015
朝です。
朝焼けって感じ。
上記のルートだと長野が異常に長いのですsweat02
長野市方面に一度行かなければならないからです。
長野に用は無いんだから、飯田まで一気に直進させてくれよと思わずにはいられませんannoy
長野の方には失礼ですが・・・
地形的に南アルプスがあるので、当時は無理だったという事情はあるかなとは思いますけどね。



道中、燃費最高記録を達成して、テンションが上がりましたup
ガソリンを入れたばっかりで、燃費運転すれば意図的に燃費をよく見せることは可能ですが、長距離となると話は別です。
今回は長距離を走りつつなので、完璧ですscissorsSdsc_0020

なんと、

13.4km/h


素晴らしいsign03
まぁFITだと燃費運転でその倍はいくらしいですがね(笑)
おかげで、出発時満タン、阿智PAで20L給油の約80Lでも、赤穂に着いたときににはemptyランプすら付いていないという状態に。
これは凄いgood
ちなみに帰りは、ほぼ満タン、阿智PAで20L給油で宇都宮上三川ICを降りたとき、ガス欠寸前でした。
凄い冷や汗かきましたねsweat02
渋滞とかペースとかで全然違いますね。
帰りは1/3だったので、大渋滞に巻き込まれてそれはそれは大変でしたdash

決まったところで給油するには理由があります。
阿智PAは上り限定ですが、エネオスのセルフ式のガソリンスタンドが併設されているという非常に珍しいPAなのです。
あと、丁度距離的に半分の位置にあるためです。

さて、帰り。Sdsc_0001
大阪近辺と一宮が激しい渋滞でした。
特にひどいのが一宮付近sweat02
名古屋に向かう人でごった返しているからです。
京滋バイパスみたいに、バイパスさせてくれんもんだろうか。
一宮を過ぎたら、あとはスイスイなんですからね。
おかげで阿智PAで給油以降は、宇都宮上三川ICまでノンストップです。
380kmくらい休憩無しだと早いcar
それでも渋滞でロスした分は取り返せず・・・
11時間半くらいかかりましたsweat02
往復で1600kmくらい増加しました。


1/4も往復で500km走ったためか、右肩がなんかおかしいです。
右向きで眠ろうとすると、右肩から首にかけてが痛くなり眠れないのですbearing
まぁそのうち直るかな。
肩こりがひどい状態になったんだろうかdespair
これで2100km増になったので、もうすぐオイル交換をせにゃなりません。


次回に続く・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

年末年始のブレーキパッド交換

年末年始は車いじりに明け暮れていたウコン茶です。

ブレーキパッドは、純正だとエライ値段するので安めのENDLESSのものです。
NS97のGRB用。

こちらがフロント。





そしてリア。

まずは、純正の写真から。Sdsc_0021
交換前ってことですね。
ブレーキダストで大変汚いですなぁsweat02

ちなみにこの写真は、割りピンとクリップと位置決めのプレートは既に取ってあります。
このあと、ピストンの位置を戻すため、キャリパーとブレーキパッドをペンチで掴んで、握ります。
4podなので、1枚につき、2箇所掴みます。
本当なら、ピストン戻しを使うべきでしょうが・・・sweat02
工具が無かった・・・sweat01
くれぐれも自己責任でbearing



パッドを抜きます。Dsc_0022
ダストで抜けにくいことが多々ありますので、抜く前にパーツクリーナーで洗っておくのをオススメしますgood

これまた汚い。
洗浄しまくりーの。

2枚プレートがありますが、両方とも新しいブレーキパッドに流用します。
ちなみにリア側は1枚しか流用できませんでした。
パッドからプレートが剥がれなかったからです。



新しいパッドを挿入。Sdsc_0023
青いsign01

この写真はちゃんと割りピンとクリップ、位置決めのプレートが付いております。
右と左両方行って、フロント終了end

この作業は12/31に行ったのですが、フロントだけで、その日の作業は終わり。
なぜかというと、私がものすごい勘違いをしていたため、時間をロスしたからsweat02
ブレーキパッドが片側分しか買ってなかったものと思い込んでおり・・・
一回組んだのを元に戻したり、勘違いってわかってもう一回付けたり・・・
なんたる無駄時間・・・dash
セットなんだから、入っているに決まっているやんね。
アホすぎdespair

付けたあとに、一回試走。
変えた後、最初にブレーキを踏むと、ピストンの位置が前と変わっているため、タッチが激しいスポンジ状態になっており、危険です。
自然なタッチになるまで何回かブレーキを踏みましょう。

翌日・・・
元旦です。
リア側の交換です。Sdsc_0029

同じ手順ですので省略。
リアは2podなので、フロントに比べて楽でした。
リアもリアで汚いsweat01
パーツクリーナーで洗浄です。











修理中。Sdsc_0025








これにてブレーキパッドの交換終了dash
自分でやらず、ディーラーにお願いするのが正ですよねぇ。
でも、高いんだもんなぁ。
繰り返しになりますが、自己責任でやりましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。
ウコン茶でございます。

昨日の夜遅く栃木に戻ってきました。
詳細はまた別の記事で書くとして・・・

2012年になりましたね。
あっという間に年が明け、もう4日。
今年はどんな年になるでしょうね。

去年の年明けは、
・コンポ物色
・恩師への手紙
とか書いていましたね。

今年はブレーキパッドの交換を元旦にやっていました(笑)
去年の大晦日もブレーキパッド交換(笑)
ある意味凄い。
通常だと実家に帰るので、年越しそばとか雑煮とか親戚とかもろもろのイベントを消化することで、年明けを実感するのですが・・・
今年はナシ!!
まぁこんな始まりもアリかなと思います。

そんなウコン茶ですが、今年もこのブログをよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »