« 第三回茨城インプレッサオフ | トップページ | 脳内メーカーをやってみた »

さつまいものバター炒め

こんばんは、ウコン茶でございます。
今日はさつまいもを使った料理のご紹介です。

「キューピー三分クッキング」
「ちゃららっちゃっちゃ、ちゃららっちゃちゃ、ちゃららっちゃっちゃっちゃちゃちゃちゃちゃちゃ」

まぁ今回の料理は三分ではできないわけですが(笑)

秋ということでね、旬の食材がね、大事なの。
素材の味を生かすというのがね、料理なのよ。
そんなわけでね、今回はね、さつまいもを使ったのよ。

さつまいもというと、スイートポテトゥとか、焼き芋なんてのがメジャーですよね。
さつまいもは火を通すことで、甘みが引き出される。
でんぷんを糖化する働きによるものだそうで。
豊富に含まれるでんぷんによって、甘くておいしい食材になると。
今回の料理は、クックパッドを見て作ったものです。
だからオリジナルではないです。
しかし、今回のはマジでうまかった!
これはこれからの自分のレパートリーになりますね。
酒のつまみにも、おやつにもなる。

さてさて、前置きが長くなりました。
作ったのは「さつまいものバター炒め」Dvc00006
以下、作り方(自分メモ含む)

1.さつまいものSサイズを一本用意(Mサイズなら半分でもいいでしょう)
2.10mm~20mm四方に切る(長さは好きなように)
3.水にさらしておく。
4.フライパンにサラダ油を適量ひく。
5.中火にし、さつまいもを並べる。
6.片面が黄色くなってきたら、ひっくり返す(片面5分以上かかるかな)
7.同じように黄色くなるまで火にかけておく。
8.黄色くなったら、バターをフライパンに投入し、さつまいもに行き渡らせる。
9.塩を適量振る。
10.火を止め、盛り付け。

以上ナリ。
シンプルでしょ?
でもね、うまいんですよ。
コツは皮は残したままにすることと、表面はカリッとさせるために弱火にしないことです。
そうすれば、外はカリッ、中はホクッとした食感になり、これがまたよいです。

これ、作った後につまみ食いしたらおいしくてですね、他の料理作りながら食べまくってたら、他の料理が出来上がる前になくなってしまいました(笑)


次のご紹介はオリジナル。
「しいたけのマヨ醤油焼き」Dvc00007
これも非常にシンプル。
(というか、自分がそういうのが好きなんですね、楽だし)
皿に置くのが面倒だったんで、アルミホイルそのままになってますが勘弁してください。
以下作り方。

1.しいたけを準備する(菌糸栽培の傘がしっかりしたものがよい)
2.石づきを取る。
3.傘を下にして、裏側に醤油を垂らす。
4.そこにマヨネーズを適量乗せる。
5.オーブントースターで5分焼く。

これもうまいです。
ただ、難点としてはしいたけが新鮮じゃないとうまみが薄くなります。
今回は古いのを使ったので、薄かったですね。
傘の肉がしっかりとした固さを持ち、色も変色しておらず、結露していないものがいいです。
しいたけってキノコ系の中でも割と日持ちしない方なんで気をつけたほうがいいですよ。
エリンギは割と日持ちしますよね。
シンプルな分、新鮮さが露骨に味に出ます。
しいたけの出汁とマヨ醤油の合わせ技でないと美味しくない。
鍋とかならそこまで気にしなくてもいいと思うんですけどね。

|

« 第三回茨城インプレッサオフ | トップページ | 脳内メーカーをやってみた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

>Rフェチ
いんや、これはクックパッドっていうサイトを参考にして作った。
しいたけはオリジナル。
ていうか、親が作ってた。
イケルよ、これ。
さつまいもだから腹膨れるしさ。

投稿: ウコン茶 | 2009/10/14 08:25

なかなかやるね~
料理の本でも読んでるのかい?

投稿: Rフェチ | 2009/10/12 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539762/46467862

この記事へのトラックバック一覧です: さつまいものバター炒め:

« 第三回茨城インプレッサオフ | トップページ | 脳内メーカーをやってみた »