« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の記事

野良猫進入の巻

昨日のこと・・・
買い物から帰宅した私は、部屋のドアの鍵を開け、開放しました。
その日は大きな買い物をしてきたため、車から荷物を降ろすのに一往復だけでは終わらなかったからです。
そして二往復目。

野良猫が部屋の中に入ってキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

自分の部屋はレオパレス方式となっておりまして、ドアを開けたら階段なのです。
そこを猫がトコトコと登っておりました。
見た目はまだ若い・・・
三毛猫じゃーーーーー
かわいいいいいいいいいいいいい。

まぁそんなテンションで近づいたらそりゃ逃げるわな。
バッチリ逃げられましたとさ・・・

なんだ、逃げなければ好きなだけモフモフしてあげるのに・・・
チャンスを逃しやがって・・・
もったいな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

インプレッサ WRX STi(GRB)のいいとこ悪いとこ

インプレッサ WRX STi(GRB)を購入して一年が過ぎました。
友人がR34 GT-Rを購入しました。

そんなわけで(?)一度、GRBを自分の中で再評価してみようと思い立ちました。Scimg2274
デザインやブランド、色など嗜好性の強いものはあえて評価に入れません。
車自体が嗜好品の要素が強い物ですからね。
好きも嫌いも当たり前。
だからこそ魅力があるのです。

ではまず「良いところ」から。

・走る楽しさを感じられるところ。
→まず一番がコレ。
  買ってよかったと感じるのもコレ。
  ただ速いだけじゃなくて、メリハリがある。
  加速したいときはこれでもかと加速し、止まりたいときは一気に止まる。
  曲がるときには、きびきび曲がる。
  自分の求める走りというのはこういうものです。
  なんていうかな、速いとかゴーカートみたいにきっちり接地感がありながら曲がるというのは、他の車でもあるんですよ。
  ホンダのビートに乗らせてもらったときは、ゴーカートみたいでおもしろかったです。
   でもメインの車にはならないんだよね・・・
   それだけなんだもんなぁ・・・

・車としての機能を忘れていないこと。
→これは地味~に重要。
  車内も割と広いし、物入れも結構充実してるし、ハッチバックだからいろいろ乗せられるし。
  リアシートを倒せば、車内泊もできます。
  実際寝袋常に入れてありますしね~。
  助手席や後部座席に人を乗せても、苦痛ではないはず。

・長距離走っても疲れにくい。
→これは、加速感や高速での安定感、車内環境や乗り心地含めたトータルの感想です。
  高速で長距離乗る場合、安定感がないと怖いですよね?
  例えば、速度が上がってくると、フラフラしやすいとか。
  加速レーンであんまり加速できないとか。
  逆に安定感がありすぎて、ついついスピードが出てしまう。
  これはAWD(フルタイム)ということもあると思いますが、安定感があるゆえ、スピードが出ているにも関わらず、あまりそういう気がしてこない。
  80km/hのつもりが実際は100km/hだったみたいな感じです。

・安全。
→よほどのことがない限りはこの車に乗っていて死ぬことはないなぁと思います。
  もちろん、高速でぶつかったり、デカイ車に潰されれば別なんですが。
  軽なんかだと死ぬ気がするのですが、そんなことはない。

他ありますが、大きいところではこんなところですかね。
次に「悪いところ」

・燃費が悪い。
→ハイオクだし、特になにも意識しなければ9km/Lくらいなので、ガソリン代がマジぱねぇっす。
   田舎道を長距離走れば・・・12.5km/Lくらいには・・・
  北海道での最高記録です。
  それでもR2の時の最低記録以下だもんなぁ・・・
  さすがに維持が大変です。

・内装が傷つきやすい。
→これはネットでも散々言われていますが、その通り。
  自分のも傷ついてるし、内装ひっぺがすときは、マスキングしないと間違いなく傷がつきます。
  樹脂なんてもんは傷が付くもんですが、もうちょっと硬度があるものを使ってほしかったなぁ・・・

・外装も傷つきやすい。
→フェンダーがブリッと幅がありますので、飛び石なんかがフェンダーに当たりやすいんですね。
  おかげさまで傷つきまくり。
  洗車する度に(´・ω・`)

・熱い・・・体が燃えるようだあああああああああ。
→ひたすらこの車熱いです。
  黒だからということもありますが、それを抜きにしても熱い。
  走ってると車内がすぐに熱くなる。
  車内循環にしていてもです。
  エンジンやタービンの放熱がおっついてないんでしょうな。

他にもありますが、大きいとこはこんなとこでしょうかね。


助手席や後部座席の人に我慢しながら乗ってもらうってのは、自分は好きじゃないんで、GRBにしているということもあったりします。
GDBはスパルタンすぎて・・・
みんな車好きなわけでもないですからね。
それでも、昨今のコンパクトカーだのから見れば、乗り心地も悪いし、狭いし、不便であることには違いないんですが・・・

そっち方面になると、もう楽しさとかは考えず割り切るでしょうね。
つまらないけど、割り切るしかない。

今23700kmほどの総走行距離です。
よー走ってるなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GT☆R

こんばんは、ウコン茶です。

土曜日から今日まで友人が来ておりました。
目的は、R34 スカイラインGT-Rを見るため。
R34GT-Rはもう中古車市場にしか出回っていません。
しかもそんなに台数出ているわけでもないし、高価だし。
全国から探していいものを見つけるしかないわけですね。
そんなわけで群馬へ行ってまいった次第です。

まぁ結果から先に書いてしまうと、GT-Rをめでたくご購入なされました。
あひゃー。
410万円なんて・・・
めっちゃたけぇ・・・

これから貧乏生活に入ってしまうぞ・・・
金がなくてひーこら言うぞ・・・
残高の無さにおびえるのだ・・・
ふははははははは!!


とりあえず、一緒にツーリングするのが楽しみであります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お金がないザンス・・・

どうも、ウコン茶です。

いやー金がないっす。
現在の通帳の残高。


3500円。


シルバーウィークとか言うレベルじゃねぇぞ!


(´・ω・`)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一人暮らしをしている人間のほうが人間的に成長していると思っているのは自分だけじゃないはず

標記の件、どうですか?
自分ははっきり言ってそう思ってます。
なぜかって?
「生活力」が付くから。
それ以外にはない。
家事全般、金のやりくり、時間配分、生活リズム、気遣い・・・

街の声 長く務めて 介護の給料上げて 子世代にツケ回すな 景気良くして

>「介護業界の給料を上げてもらいたい。
>十八歳から介護現場で働いているが、給料は手取りで十五万円ほど。
>実家にいるが、一人暮らしは難しい」

介護業界の賃金の低さは間違いなく、公共事業だのに回す金があったらこっちに回してもらいたいくらい。
利益を確保し、事業もキチンと維持できる状態をベースに料金を決めてほしいものです。
介護を受ける高齢者が日本で一番金融資産を保有しているんだから、取るところからは取って、配分すべきところに配分する。
介護業界の若者が、大変な思いをしながら、金持ちの老人の世話をしてるんですよ。

年齢階層別金融資産保有割合


これをみてもらえばわかります。
老人は金がないとか言ってる奴はこれ見て何を思うのかね。
内需はこういうところから出させないとダメですって。

まぁそれを言い出すと本題に行けないので、とりあえずそこは置いておいて。
上記の介護業界の方は、横浜で給料が手取り15万。
実家暮らし。
15万で暮らすのが難しいかというと、実際そんなことはなくて、できます
私がこれ以下の収入で暮らしてきたからです。

私は大学時代から一人暮らしを始めました。
北海道から上京して、東京で一人。
まぁ当初は彼女いましたけどねー(棒)

そのときの収入は以下の通り。

バイト代:100,000(時給1,000円:月100時間シフト)
奨学金:30,000円
計 130,000円

支出は以下の通り(当時の通帳を引っ張りだしてきてます)。
住居費:73,000円(東京都品川区)
通信費:10,000円(携帯+固定電話)
光熱費:8,000円
交通費:7,000円
計 98,000円
一ヶ月に必ずかかるお金(食費除く)。

残り約30,000円が食費や雑費、遊行費となるわけですが・・・
削るのは当然食費になるわけですね。
一人だと30,000円なんてかかりません。
どんだけ贅沢なもん食ってんだってくらいです。
まぁ全部外食にすれば一日1000円くらいとか行くかもしれませんね。

正直ここに大学でかかる費用(教科書代とか)、実家に帰る費用を捻出することがひたすらハードル高かった・・・
大学でかかる費用に関しては、教科書代は一年に一回あるだけなんで、
そこまでに金を用意しておけばいい。
まぁ実際はこの赤字を高校時代のバイト貯金で補填してましたけどね。
それを徐々に戻していきます。
教科書を買いつつ、上記の収入だけで生活はムリ。
実家に帰る費用は、往復で60,000円以上とかですからねぇ・・・
上記の収入だけでは、半年以上かけないと貯められない金額でしたよ。
そのせいもあり、大学時代には片手で数えられるくらいしか実家に帰りませんでした。
多分、二、三回ですね。
遠くの友人宅に行く分には、実家に帰るのにかかる金額の1/5程度だったので、これは楽でしたね。
だから実家に帰るよりも、友人宅に行っている回数のほうが多かったはずです。

具体的に食費をどうしていたかと言うと・・・
自分の中でいくつかの決め事をしていました。

・一日MAX二食とする。
・2Lペットボトルは158円から178円の範囲内で買うこととする。
・肉はMAXを300円台まで一種類とする。
・野菜は一種類で済ますこととする。
・常に「レンジでチンするご飯」「納豆」を常備する。
・卵はなるべく冷蔵庫に常備する努力をする。
など。

これでも多分まだ切り詰められると思います。
でも、しんどい思いとかおいしくないもの食べたくありませんし・・・
2Lペットはこの値段だと、自分の好みのお茶を買えました。
レンジでチンするご飯と、納豆(+卵)で一食分カバーできました。
これは200円程度でおいしく食べられる、今も継続している節約メニューです。
最近は冷凍庫環境が整ったので、自分で炊くご飯にしていることも多いです。
レンジでチンするご飯に納豆をかけるだけだと、若干ご飯が余ります。
だからそこを生卵納豆でカバーします。
サトウのご飯じゃダメ。
あれはご飯の上にかけるものが周りに落ちやすいため、ぶっかけ系のパフォーマンスをフルに発揮できないからです。
だから加ト吉のご飯のように、器に敷き詰められているタイプじゃないとダメです。

というような感じで、自分が嫌だとかしんどいとか思わない範囲で切り詰める。
嫌だと続かないですもんね。

続きを読む "一人暮らしをしている人間のほうが人間的に成長していると思っているのは自分だけじゃないはず"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

アミューズの個人情報流出にて

こんばんは、ウコン茶です。

ほら、例のアレですよ。
個人情報流出。
アミューズのやつ。

サザンの事務所「アミューズ」、通販サイト利用者のクレジットカード情報3万件が流出

実は私もこの被害者の一人でしてね。
前にSIAM SHADEの「HEART OF ROCK」というライブに行ったとき、
買えなかったグッズを通販で購入したんです。
アミューズの通販サイトを利用してですね。

私はそのときたまたまクレジットカードで精算しませんでした。
通常通販(Amazonとか)では私はクレジットカードを使っています。
代引き手数料取られるのも嫌だし。
代引きのほうが安全なのかもしれませんけど。
このときはなぜかコンビニ決済にしてたんです。
これが発覚したとき、「俺クレジットカードで払ってるんじゃねーか!?」と思い、
グッズの箱を漁り、明細を探しました。
そしたら「コンビニ手数料」が取られていたのです。
こりゃラッキーでした。
もしかしたら信用してなかったのかも・・・
だからわざわざ面倒なコンビニ決済にしたのかもしれません。
気をつけていてよかった事例ですね。

そんなわけで、カード情報は流出せずに済んだものの、メールアドレスはあえなく流出。
具体的に迷惑メールが増えたとかは無かったと思います。
(ていうかぁ・・・フリーメールで登録しているので、毎日迷惑メールが大量に来るからわかんないしぃ・・・)
ま、どうせこんなこともあろうかとフリーメールなわけでね。
プロバメールなんて久しく使ってませんよ。

そして先月の末・・・アミューズよりこんなものが届きました。
封筒には「緊急」って書いてある・・・Dvc00005
中身を見ると、今回の個人情報流出の報告書でした。
十万人以上被害に遭ってるわけですから、結構な規模ですよね。
まぁいろいろと書いてはありましたが、
お詫びのしるしにクオカードを送るとあります。
500円。
うーん・・・安いのか・・・
それともこんなもんなのか・・・
以前ヤフーだったか、ソフトバンクだったかが個人情報流出したときに、
クオカード500円を送ったのが始まりとか・・・

おいらの個人情報って500円の価値なのね

なーんて思ったりはしてませんが(被害はないようですし)。









そして今日。
そのお詫びのクオカードが送付されてきました。Dvc00008
うん、どうしよう(笑)
500円のクオカード。
なんというか微妙。
意外と使う機会がないかもしれません。
今でも大昔にもらった1000円のクオカードを持ってます。
確か大学時代にもらったやつです。
意識しないとなかなか使う機会がないんですよね。
こういうカード系は。

Amazonギフト券になればすぐ使うのに(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヤマザキ 具たっぷり肉まん レンジ蒸し器付き

Dvc00007 こんばんみー、ウコン茶です。

昨日いつものスーパーに行ったら・・・
「ヤマザキ 具たっぷり肉まん レンジ蒸し器付き」なるものが売られていました!

肉まん4個入りで、レンジ蒸し器が付いてなかなかボリュームあるじゃん。
早速購入。
今まで肉まんって、皿の上に水にくぐらせて、ラップしてレンジにかけていました。
皿を一枚犠牲にしなければならなかったのが億劫でしたが、これで皿を使わなくて済む!
上の作り方だとベチャっとしたり、めちゃくちゃ熱かったり、ホカホカにならなかったりでしたが、
これを使えば、表面はフワフワ。
中はホカホカの中華まんが1分で出来ます!
これからどんどん寒くなる季節ですから、オススメですよ!
(山崎製パンの回し者ではありません)

昔、中学の頃、徒歩で中学校まで通っていました。
歩いて40分くらいだったかな。
附属中(学区関係なし)だったので、誰も周りにいないからいつも一人で登下校してました。
旭川の冬は-20℃なんてのがザラにあります。
そんな中でも歩いて登校。
中学校と自宅の間にはローソンがありました。
今も存命ですが、そこには大変お世話になりました。
下校時によく肉まんを買っていたからです。
冬は寒いもんで・・・
肉まんがあったかくて・・・
すぐなくなっちゃうんですけどね(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

まるで肉の楽園やでぇええええええ

ナムコ、日本初となる「肉料理」のテーマパーク、初年度130万人を集客



肉! 001_3





















肉・・・(´・ω・`)A24c1d2543529c24cd82e70464da4b59


















肉(*´ェ`*)Bin050116064613008

| | コメント (6) | トラックバック (0)

電気自動車の開発の出遅れ???

こんばんは、ウコン茶です。

ネタを探してニュースを漁っていたら、いいものを見つけたので今回はそれで。

トヨタ、EV開発の出遅れを否定=「HVと別物ではない」―豊田社長

見た瞬間に「はぁ???」って感じでした。
トヨタの社長がおっしゃることはごもっともです。
なんでこんな安直なことしか書けないのか・・・
他社がEVに参入していることと、環境技術の遅れは直結しない。
これは背景を理解していない人間が書くからこうなる。
そんなことしか書けない素人記者に代わり、私が背景を説明しましょう(すげーエラソー)

電気自動車は市場を席巻する存在となりうるのか

で書いた通り、EV(電気自動車:Electric Vehicle)なんてもんはどこでも作れるんですよ。
所詮は「買い物」だから。
なんかマスコミ共はこれに相当技術力が高いと思っているんでしょうかね。
そんな風に思っていたら鼻で笑ってやる。
自分の意識では「究極の箱モノ」という感じです。
日産の掲げる「EV、20万台普及」は非常にリスキーだと自分は思ってます。
技術的課題もそうですが、それ以外にも理由はあります。
これから述べる背景から、リスキーだと自分は考えているのです。


なぜ、ここに来てこんなにわんさかと低公害車の話題が出てくるのか。
日本で言えば、なんちゃらエコブームみたいなもんと、エコカー減税、HEV(ハイブリッド車:Hybrid Electric Vehicle)の開発競争なんていう、
いかにも記事にしやすいネタがあっただけのこと。
※日本で言うハイブリッド車(ガソリン+電気)はHVではなく、正確にはHEVと書きます。
  HVだと(ガソリン+○○)のなんでもあてはまってしまうので。
自動車メーカーの本音、いややらなければならない理由は別にある。
ぶっちゃけエコカー減税とかそんな短期的なもんに巨額の投資をするわけがない。

キーは「ZEV(Zero Emission Vehicle)法」にあります。
はて、これはなんぞやと。
これはアメリカ カリフォルニア州で制定されている自動車に関する法規制のことを言います。
具体的に何かというと、
「カリフォルニア州で販売する自動車のうち、10%以上をゼロ・エミッション車(ゼロ排ガス車)にしなければならない」
という、大変厳しいものです。
アメリカ本国のメーカーであるビックスリーでさえ守るのは大変だと思います。
守りきらなければガソリン車さえ売ることができなくなるのです。
カリフォルニア州という巨大な市場を失う(=奪われる)のです。
カリフォルニアは昔からこういうところは積極的ですね。
なんか背景があったような・・・
昔、「マスキー法」という排ガス規制法がありましたが、それもカリフォルニア州が制定したもので、これが各国における排ガス規制の走りになりました。
ある意味、速度を守らせるためには、速度を出ないようにすればいいみたいな論理と似ています。
とりあえず制定して、文句出てきたら直そうっていうスタイル。
だから、90年代に制定されてから幾度も見直し(メーカー側からの要望)が行われてきました。
この規制には罰則があり、売れなくなるのはもちろんなのですが、
それでも売ろうとした場合は罰金を払い、認めるということになっています。
確か上記の数値を守りきれなかった台数一台につき、5000ドルだったかなぁ・・・(数値は怪しいっす、すみません)

ZEV法は守りきらなければならないメーカーが決まっています。
「カリフォルニア州で60000台以上、自動車を販売するメーカーは法律を遵守しなければならない」
と規定されているのです。
これで行くと、

【米国】
・GM(ゼネラル・モーターズ)
・FORD
・CHRYSLER
【日本】
・TOYOTA
・NISSAN
・HONDA

他にも一社か二社あった気がしますが、ちょっと覚えてません。
上記のメーカーは法律を守りきらなければならないから必死です。
あんまり台数が出ていないメーカーは猶予があったと思うので多少楽。
台数によっては、巨額の開発費と年数を経るより、罰金払ったほうがマシって判断もアリでしょうし。
上記メーカーはそうもいかん。
台数が半端じゃないので罰金がエライことになる。
売れなかったら巨大市場を失う。
カリフォルニア州は3500万人ほどの人口規模ですし、
日本よりも自動車保有率が高かったはずなので、1メーカーあたり数十万台~数百万台の規模で売れなくなってしまう・・・

そして、ゼロ・エミッション車にも定義があってですね・・・
今のところ、FCV(燃料電池車:Fuel Cell Vehicle)か、EVしかない。
要は純粋に排ガスゼロ車ですね。
先ほど10%はゼロ・エミッション車じゃなきゃいけないと言いましたが、必ずしも上記の二種類の車で対応する必要はありません(法改正)。
台数の計算は換算で行う(ポイント制)ためです。
例えば、上記の二種類をポイントMAXとしたら、HEV(ハイブリッド車:Hybrid Electric Vehicle)は1/3とか。

ZEV法の台数規定は複雑で自分もよく覚えてないんですけど、
上記の二種類の車はポイントMAXなんで、総販売台数に対しては、多く売る必要はありません。
ポイントが低くてもはHEVあるいはPHEV(プラグインハイブリッド車:Plug-in hybrid Electric Vehicle)などを多く売ってまかなえばいい。
あとは天然ガス車とかもありますね。

ZEV法は数年にわたり数STEPを経るのも一つ。
要は、○○年までは、ゼロ・エミッション車を何台売らなければならない。
○○年からは○○台以上というように変わるのです。
今覚えているのは、2011年であれば日本のメーカーの販売規模(数万~20万台くらい)だとすると、FCVあるいはEVで数百台売ればいい。
HEVでまかなえるならもっと少なくてもいい。
日産がEV(リーフ)を来年度後半には販売すると言っていましたが、
それは11年の10%の規制を守りきるために、来年度後半なんですよ。
時期にもキッチリと理由があるんです。

日産がなぜEVを20万台も売るってデカイ花火を打ち上げたか。
それは上記のZEV法を守るためです。
マスコミは報道しないけど、それが真の理由。
ZEV法はEVをガンガン売って、クリアしちまえ!ってことです。
いや、こう言ったほうがいいのかな。
ハイブリッド技術は中止しちゃって今から開発したんじゃ間に合わないし、
FCVには金かけてこなかったからトヨタやホンダに追いつけないから、EVしかねーやって。

トヨタやホンダはHEVやFCVがあるので柔軟に対応できます。
なぜかというと、両方ともある意味EVだから。
HEVからエンジン取ればEVになるし、FCVから燃料電池取ればEVになる。
基幹になるものはすで持っているんですよ。
トヨタの豊田社長がおっしゃっている「HVと別物ではない」とはこういうことです。
この逆というのは非常に難しい。
それが「技術力」なんですよ。
トヨタやホンダが十年以上かけて作り上げてきたものです。
もう技術を持っているものは別にあせらなくてもいい。
今までと同様にしっかり積み上げていけばいい。
トヨタであればPHEVに力を注いで、作り上げることのほうがはるかに重要なんだと思います。
当然の判断ですよね。
「新しい技術」なんだから。
自動車メーカーとしてあるべき姿。

最近の日産は好きじゃないなぁ・・・
リスキーって自分が言っているのはEVは「買い物」であるという言葉に集約されます。
自動車メーカーは電池屋さんじゃないんですよ。
前にも書きましたが、バッテリーの性能でEVは車の主要性能の全てが決まります。
・バッテリーの寿命
・バッテリーのコスト
・バッテリーの重量(容量増やそうと思って、多く積むと重量が増して燃費が落ちるという悪循環)
全て買い物してくるもので決まるわけです。
EVに運命かけても、それは自分のところの技術力に運命かけてるわけじゃない。
「買い物の質」であって「技術力」じゃない。
リスクを自分の技術で背負えないというところが、自動車メーカーとしてリスキーないんじゃないかなと。
自分の力で解決できないんだもん。

HEVに力をかけてこなくて、時間的にも開発期間が足りないことはわかります。
巨額の投資がいるし、やっぱり三菱やマツダ、スバルとかはそこまで金と年月かけられないでしょう。
その点、三菱は見極めが早かった!
でも俺は日産には技術力があると思っていたかったなぁ・・・
買い物で済まそうなんて、技術力があるんだ!って言うメーカーの姿じゃないように思います。
そりゃね、ハイブリッドシステムを他社から買ってくるというよりかは多少ごまかし効くんだろうけど・・・(別にそれが悪いとかいうことではないです)
EVってキーワードだけで先進的ってイメージがあるから。
マスコミはそこを取り上げているだけに過ぎませんし。

まぁZEV法はカリフォルニア限定だし、米国の市場はカリフォルニアより巨大なとこがありますから、こだわることもないという判断なのかもしれませんね。
選択と集中というやつですか。
それでもEVをあんな代々的に打ち上げて大丈夫なんだろうか。
自分が広げた大風呂敷を自分の力で畳めないってのはどうもね・・・
とりあえず今はEVでなんとか乗り切るしかないって思っていれば、救いかなって個人的には思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

余り物バンザイ

どうもです~ウコン茶です。

今日の晩飯はあまりもんで作ってみました。
あまっていたのは「豚肉切り落とし(9/2で消費期限切れ)」、「玉ねぎ」、「卵」。

そしてできたのがこちら。Dvc00007
全然うまそうに見えねー(笑)

豚玉丼+きゅうりの漬物(自分で漬けたやつ)

肉の残量が多かったので全部入れたんですが、それにしても多い。
卵でとじてあるのに卵見えねー(笑)

しかし相変わらず凄いボリュームに見えますねぇ・・・
これでも吉野家の大盛程度ですよ。

丼ものはやっぱり楽ですよね。
特に考えなくてもいいし。
すぐできるし。
これも豚肉の下ごしらえは、塩コショウを両面に振るだけでおしまいです。
ボリュームが増えがちなのがたまにキズですけども。

きゅうりの漬物は塩で漬けただけです。
塩が多すぎてちょっと塩辛い。
ばあちゃんの作ったやつみたいにはいかないものですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メルト -Band Edition-

こんばんは、ウコン茶です。

今更ながら、「メルト」を初めて聴きました。
「メルト」とはなんぞや。

「メルト」
ニコニコ動画に投稿された「初音ミク」オリジナル曲。
作曲作詞はryo氏。
現在再生回数約500万回。

ボーカルはVOCALOID
楽器隊は打ち込み。
こう言うと人工的な感じがしますけど、いいですね!
なにがいいのかって表現が難しい・・・
「メルト」で言えばピアノの疾走感かなぁ。
とりあえず聴いてみるがごとし。
初音ミクはVOCALOIDなので特に高音で違和感を感じるはずです。
気をつけてください。




どうでしょうか。
最近こういった打ち込み系の曲って多いですよね。
代表格は中田ヤスタカでしょうか。
ああ、別に嫌いだとか嫌だとか言うつもりはありません。
自分は別に打ち込みが嫌いなんてことはないです。
昔からバンドの曲を多く聴いてきましたが、それに対してクオリティが低いとか思ってませんし。
いいもんはいいやんってね。
supercellのアルバムを明日借りてくることでしょう(笑)
それくらいいいです。


「メルト」はニコニコ動画にUPされてから、いろいろとユーザーの手によって幅が広げられてきました。
その中で自分がいいなって思ったのが「メルト -Band Edition-」
それから「メルト 男性vocal ver.」。
カラオケにはミクのver.しかねええええええええ。
男性Ver.もカラオケであればいいのに・・・

「メルト -Band Edition-」については、歌和サクラさんが歌うものが最強。
マジうまいっすね。




これだけ歌えれば十分だろうなぁ。
非常にうまい。
あとはちゃんと楽器隊も含めて録音環境が揃えば言うことなし!!

「メルト 男性Vocal ver.」は歌詞が違う。
男歌詞になってます。
ここにリンク貼るのは、インストですがボーカルありもあるので聴いてみてください。




うまい方々が楽器隊ですばらしい!!
mp3化MUSTっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »