« 「努力したら報われる」Ⅰ | トップページ | 渡良瀬遊水池 »

「努力したら報われる」Ⅱ

こんばんは、ウコン茶です。

今回は昨日の続き。
「努力したら報われる」の第二部です。

第一部はこちら↓
「努力したら報われる」Ⅰ
(用語の説明もあるのでこちらを読んでから第二部をお読みください)


中学時代の成績はおちこぼれていた自分。
もちろん外部生でもきちんと頑張っている人もいました。
今でも付き合っている友人は、東高に進み、東京大学へ進んでいます。
ある意味、自分とは違う王道を彼は歩んでいたのです。
決して転げなかった。
学歴としてはほぼ頂点に近い結果を得ることができているのです。
自分は転げた。
その違い。
別に内部生とか外部生とか、育った環境なんてのは所詮オプションにしか過ぎないんですよね。

ただ、子供に対する投資額の違い・・・というと嫌な表現ですね。
親が教育熱心で、財力がある家庭という環境は成績にすると以下のように違いが現れると思います。

きっちり努力した外部生≧きっちり努力した内部生>努力しなかった内部生>努力しなかった外部生

努力した結果に対して、外部生も内部生も差はあまりない。
むしろ外部生のほうが必死な分、高いかもしれません。
意思の違いは結果を明確に分けます。

むしろ違いが大きいのは、下位の方。
内部生(金持ちの家)というのは、なぜかどんな奴でも下位に低迷しにくかった。
外部生(一般)のほうが下位に低迷しやすかったように思います。
別に自分を正当化するつもりは全くありません。
全員がそうなわけではありませんし。
ただ、そういう傾向があるってことです。
なぜだろうと考えてみると、彼らはみんな塾や家庭教師などをやっていたのですね。
当時、私は塾には通っていませんでした。
それは小中高と一貫して行っていません。
中学時代はそれ自体が異端だったのです。
塾に行っていない奴なんかクラスに二、三人いるかいないか、そんなもんでした。
塾のレベルの話をしてるんだもんなぁ・・・
(自分が仮に塾に通っていたとして、成績が上がっていたかというと疑問もありますけど)

当時の自分はそこまで深く考えてもいませんでしたが、
「格差」ってのはこういうことを言うのかって今更ですが思いますね。
転げ方の違いというか、滑り止めの有り無しというか。
単純なことです。
金持ちのほうが這い上がりやすいってことです。
セーフィティネットを張ってもらえるということでもあります。
もちろん転げなければいい。
確かにそれは正論であって、否定できないし、するものでもない。
転げないように努力を絶え間なく続ける人は成功者なのかもしれません。

「成果主義」と言ってもいいでしょう。
努力したものが報われるようにしなければならない。
向上心が生まれるでしょと。
努力しなければ、成果を出さなければ落ちこぼれるんだよって。

ストレートに言ってしまえば、
「転げたとき(それ以外でも)助けてくれる(助けられる)かどうか」
ですかね。
それを金という面で。
中学時代は色々金持ちならではのことも聞きました。
そういうのは大抵一般家庭の奴同士で話をしていたかもしれません。
○○を買ってもらったとか、ありえない小遣いとか、ありえない物の扱いとか。
「そんな奴はロクな奴に育たねぇよ」って言葉は割りと一般的でしょうか。
価値観や社会性、協調性とかそういうものが身につかないってことですよね。
確かにそうかもしれません。
「そういうやつは将来苦労するんだ」って。
・・・はて・・・?

いや、そんなことはないんですよ。
そいつは苦労しないんですよ。
ロクな奴じゃなくてもいいんです。
だって助けてくれるんだから。
苦労しないからロクな奴じゃないんです。
それは環境がそうさせるのであって、本人に悪気はない。
別に極端に悪い奴でもない。
必要性がないだけで、至極合理的。

話が脱線しましたね。
中学はそんなこんなで結局成績も悪くて、東高なんていけるわけもなし。
だから工業高校に行きました。
偏差値下がりすぎじゃね?みたいな。
附属中から工業高校行く奴なんて学年で二人くらいしかいません。
小学校の頃とは逆パターンで少数派なんですよね(笑)

工業高校ではそこそこ頑張ってました。
成績は悪くなかったし。
おかげで大学行けたようなもんです。
努力が報われてますね。

大学でも結構頑張ってました。
成績はクラスでも7位くらいにいました。
ラストには数人しかもらえない賞までいただいて。
努力が報われたんです。

努力って報われることもある。
それは間違いないんです。

じゃあ、努力っていったいなんじゃいなと。



やって報われたものを努力という

なんかそういうことに落ち着きました。
努力をすれば報われるんじゃない。


でもね、それも超えられない壁が必ずあると思います。
いつかは超えられるとか、そんなことはない。
絶対に超えられない壁が。
でもその頑張りは、何かの機会に報われるかもしれません。
壁を超えるものではなくても。



なんかまとまり方が変な文章になってますね・・・(笑)

|

« 「努力したら報われる」Ⅰ | トップページ | 渡良瀬遊水池 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>Rフェチ
まぁそれがある意味超えられないもんってやつかいね。
いいか悪いかはわからんけど。
そういう奴は別にいじめとかするわけでもないし、人に迷惑をかけるわけでもないしさ。
自然にそうなってるからねぇ・・・
卑屈になるよりかいいんじゃないかと思っちゃうよ。

投稿: ウコン茶 | 2009/08/22 21:48

>いや、そんなことはないんですよ。
>そいつは苦労しないんですよ。
>ロクな奴じゃなくてもいいんです。
>だって助けてくれるんだから。
↑読んでてちょっとイラっときたw
いや、君にイラっときたんじゃなくて、結構その通りだなと思って。(妬みかもわからんね)

今必死こいて車の頭金貯めてる俺、買っても維持費でヒィヒィ言う事になる俺ってアフォ臭くなるな。
努力したくねぇ~だって辛いもんw 金持ちのニートがこの世の最高の勝ち組♪

投稿: Rフェチ | 2009/08/22 07:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539762/45991269

この記事へのトラックバック一覧です: 「努力したら報われる」Ⅱ:

« 「努力したら報われる」Ⅰ | トップページ | 渡良瀬遊水池 »