« 茨城県龍ヶ崎市般若院の枝垂れ桜 | トップページ | 自分の将来 »

喜多方ラーメン再び

こんばんみー、ウコン茶です。Fi2622159_1e

今日の思いつきの旅はなかなか遠いとこですよ~
福島県喜多方市。
喜多方ラーメンで有名なラーメンどころ。
そこの喜多方ラーメンを広めたと言われる
坂内食堂へ行ってきました。
場所はこちら

なぜ喜多方ラーメンかと言いますと、今日は割りと早めに目が覚めましてね。
朝ボーッとネットでいろいろ検索をしとりました。
福島の桜は・・・なんて思いつつ、なんかラーメン食いたいなぁと。
しかも喜多方ラーメンが食いたいと思ったのです。
喜多方ラーメンと言えば、喜多方市以外で食べたのは、全国チェーンの「小法師」くらいなもんで。
それは東京時代に武蔵小山で食べました。
久々に「小法師」でラーメン食べようかなと栃木の「小法師」の店舗を検索すると・・・
げっ!宇都宮の一店しかねぇ!!遠い・・・
しかも場所が微妙なところで・・・
行くのめんどくさいなと思ってしまって・・・
でも喜多方ラーメン食いたい・・・

よし!喜多方行こう!!

げっ!宇都宮の一店しかねぇ!!遠い・・・

よし!喜多方行こう!!

げっ!宇都宮の一店しかねぇ!!遠い・・・

・・・・・・・・
明らかに喜多方のほうが遠いやん!!!
うん、俺っちバカチン。







喜多方に行くならということで、「小法師」の大本山である「坂内食堂」へ行くことにしました。Fi2622159_2e
相当混んでいるという噂・・・
これまた思いつきのため、家事はほっぽいて9時半頃発。
昨日、土浦に行ったのでガソリンはあまり残っておらず。
とりあえずガソリンスタンドで補給。
燃費は17.5Km/L。
なかなかよい数字ですね。
それから新四号バイパスをひたすら北上しました。
最初は日光街道を北上して会津若松に抜けるルートにしようと考えましたが、ちょっと時期的に雪が残っている可能性があると思い断念しました。
全部下道で行こうと思っていたのですが、やっぱり無理でしたね・・・
郡山に着いたのが12時半頃で、家を出て3時間を経過しており、このまま下道で行くと15時近くなるのが確実視されたため、郡山から高速に乗ることにしました。
郡山JCTから磐越自動車道へ・・・
会津若松で下り、国道121号線を北上。
ようやく喜多方市へ。






休日だけあって喜多方は観光客で一杯でした。Fi2622159_3e
いい天気でしたしね。

肝心の坂内食堂はというと・・・
13時半くらいに着いたのですが、並んでおりました・・・
店の外にも中にも並びが・・・
さすが有名店・・・

待つこと30分くらい。
ようやく頼んだ「大盛り肉そば」の登場!
すげー!
肉だらけやー!
肉で麺が見えねー!
肉のドレスやぁ~

味はあっさりの塩。
うん、うまい。
塩とこの肉はマッチしておりますな。
自分は胡椒を少々ぱっぱと。
お、いい感じに胡椒が効いて、あっさりの中にスパイシー的な感じ。
ふむ、うまい。
麺は太め。
硬さを程よく残してあり、コシがありました。
やわらかすぎたらあかんねんて。
細すぎてもあかんねんて。






たくさん食べて腹一杯になったところで、喜多方のラーメン館へ。Fi2622159_4e
喜多方ラーメンとどんぶり、赤べこの勾玉をお土産に購入しました。
右の写真はラーメン館二号館で売っているアイスです。
おもしろいですよね。
この粒々がアイスなのです。
噛むと冷たいアイスが口に広がるのがよかったです。
ちなみにこれは「バナナミックス」


と、あとは帰るだけ。
それだけかい!といわれそうですが、福島は桜はまだですし、明日は仕事だし・・・
休みだったら新潟まで行ってもよかったのですが・・・
帰りは全部高速で爆走してきました。
おかげで行き4時間かかったところを、3時間程度で帰ってこれました。
明るいうちに帰ってこれたのは助かりました。

ここ最近休日は遠出しっぱなしでガソリンの補給回数がえらいこっちゃに。
今日入れましたが、また火曜か水曜あたりに入れることになるでしょう。
ガソリン価格低下万歳!
そういえば新四号バイパスの矢吹、須賀川あたりで「レギュラー119円」というところを見ました。
安い・・・

|

« 茨城県龍ヶ崎市般若院の枝垂れ桜 | トップページ | 自分の将来 »

はぐれ一人旅 ~旅情編~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539762/44971125

この記事へのトラックバック一覧です: 喜多方ラーメン再び:

« 茨城県龍ヶ崎市般若院の枝垂れ桜 | トップページ | 自分の将来 »