« 喜多方ラーメン再び | トップページ | 西那須野 乃木神社の桜 »

自分の将来

最近いろいろと考えてます。
このままでよいのか。
やりがいって感じたことないまま仕事してていいのか。
道内に戻りたいというのもありますしね。

就職時は道内に戻ることは考えてもいませんでした。
仕事があまりないですし、自動車関係だと工場があって開発はない。
自分歳とってきたんですかね・・・なんかこのまま親もほっといていいもんかと思うのです。
きっかけは従兄弟の結婚式ですね。
祖母があまり歩けなくなっていたこと。
従兄弟が結婚して家を建てるということ。
自分はこのまま道外でいいのかって思ってしまいました。

地元に戻るなら公務員か。
それなら会社を辞めて予備校に通って、公務員試験を受けるか。
落ちる可能性ってもちろん大きいので賭けですよね。
年齢制限もありますし。
先のことってわからないですから、その道が後々正しかったと思えるかもわからない。

いずれにしろこのままじゃ腐りそうです。
全て自分次第でどうにかなるならその人は会社に縛られることはありません。
腐るか腐らないか自分が全てということではないと思います。
環境もありますし、周りの人もあるでしょうし。
もちろん自分って部分もありますよね。

やりたいことってなんだろうと思うと、結構薄れてきてしまっていますね。
どうでもいいやとは言いませんが、よくわからないままでもいいかと。
なんだか自信もなくなってるし、よくないですよね。
どうにかせんとなぁと思いつつ・・・
環境をガラリと変えるか、この中であがくか。
うーん・・・先が見えないなぁ・・・

|

« 喜多方ラーメン再び | トップページ | 西那須野 乃木神社の桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>犬そうかな?なんのために仕事しているのかってことを考えるようになるプロセスがそれってことだよ。犬の言うことは正しいけど、それって根本的なものがあってこそなんだよ。自分を育てたいというのも動機になるんだろうけど、それって現状の仕事の内容的に感じられないし。だからこそ自分がこのままでいいのかって思う。変えるための選択肢はいろいろあって、今の会社でそのままか、部署を変えてもらうようアプローチする、会社をガラリと変えるとかね。どれをチャンスと見るか、チャンスを逃していると見るかは賭けだね。

投稿: ウコン茶 | 2008/04/13 09:31

>仕事に慣れ、飽き、なんのために働いているのかってのは傲慢なんじゃないかねぇ。会社入って2年やそこらで知れることなんてたかが知れてるだろ。一つのことに慣れたと思ったら次に違うことを覚えてステップアップしていくもんじゃないの?そんなんじゃどんな職についたってうまくいかんよ。目先の嫌なことから逃げんな。

投稿: 犬 | 2008/04/12 23:51

>UG様こんばんは、ウコン茶です。そうですか、考えていますか・・・仕事に慣れ、飽き、なんのために働いているのか自問自答する・・・みんな似たようなプロセスを踏んでいるのかもしれませんね。私は転職サイトに登録してあります。ただ、転職の動機とかやりたいことととか、実績とかってうまく書けないんですよね・・・たいしたことしてきてないから仕方ないのかもしれませんけど。

投稿: ウコン茶 | 2008/04/12 19:44

>jac様こんばんは、ウコン茶です。きっとおっしゃる通りだと思います。大多数の人がきっと妥協していると思います。でもそこで「やりたいことをやった≠やりがいがある」ではないはずなのです。やりたいことじゃなくてもやりがいを感じる瞬間があると思うんです。僕はそれがほしいんです。小さな幸せが見つけられない自分も自分なんですけどね・・・

投稿: ウコン茶 | 2008/04/12 19:41

私もちょうど今そんなようなことを考えています。転職サイトをブラウザのブックマークに入れてしまいました。でも、登録はしていないんですよ。

投稿: UG | 2008/04/12 16:59

やりたいことをやって仕事をしてる人、それで納得のいくお給料をもらってる人って。。。たぶん全体の数パーセントもいないんじゃないでしょうかね。。。それでもただ毎日働くだけです。その中でささやかでもいいから小さなシアワセを見つけられたら実は「勝ち」なんじゃないじゃないかな?って最近思います。

投稿: jac | 2008/04/10 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539762/44971127

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の将来:

« 喜多方ラーメン再び | トップページ | 西那須野 乃木神社の桜 »