« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月の記事

卒研が忙しい

卒研が忙しい・・・
いやはや疲れておりまする。

でも自分でいろいろするのがおもしろいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レクサスゥゥゥ!!

ガイアの夜明けでやってますね。Fi1791194_0e
そういえば旭川に帰ったときに通りかかったレクサスも8月30日OPENでした。

レクサスが北米で成功したように日本でもうまくいくでしょうか。
私はアメリカで成功した理由はアメ車の存在があったからだと思うのですが・・・
アメ車という車のレベルが低い存在があるからこそうまくいったのでは?
という気がしています。

一人のアメリカの爺さんが、
「レクサスの静粛性が素晴らしい」
と言っていましたが、そりゃ比較対象のほうが問題だったのではと思ったり。
アメ車は静粛性とは無縁みたいなイメージがありますものね。
キャディラックみたいなものは違うのかもしれませんけど。
私は日本車しか乗ったことないので比較対象がちょっと貧相かも・・・



私に限ったことではないとは思いますが、車の高級感のイメージはFi1791194_1e
欧州車の一部(ベンツ、BMW、ポルシェなど)のほうが高いですよね。
トヨタのセルシオも高級車ですが、ベンツのEクラスとライバルになるかというと・・・
ちょっと無理っぽい。
日本で大活躍しているサッカー選手がヨーロッパ強豪チームに行ったとして、
そこでもともと最高の活躍をしている選手にライバル視されるかと言ったらそうではありません。
それと同じようなことです。
日本車でも外車よりいい車はあると思っていますが、
みんながみんな車好きじゃないし、見栄で買ったり、地位に合うとかで買ったり。

ベンツの営業の方が、
「今は脅威だとは感じていません」
と言っていましたが、それは正直な気持ちだと思います。
ブランドイメージって長年の積み重ねが大きいですもんね。
実家に帰って、東京に戻ってきて、改めて東京の輸入車比率の高さを感じます。
もちろん東京には販売のチャンネルが多いというのもあります。
富裕層が多いというのもあるでしょう。
今の段階でBMWやベンツを買おうかなと思っている人が
レクサスと競合するなんてことはないと思います。
今後どうなるかはわかりませんが、しばらくはイメージが変わることはなさそうです。



日本のメーカーは高級感やら統一感やらのためにFi1791194_2e
ヨーロッパのデザイナー何人呼びましたかね。
三菱はブーレイ顔でしたっけ?
スバルはあのグリルの統一ですね。
結局成功しているとは言えません。
ヨーロッパのデザインを取り入れることで成功するわけではない。
あくまでもイメージなんだという証拠ですよね。

早速購入していた方がいらっしゃったようですが、
あの人はレクサスだから買ったんじゃなくてソアラだから買っただけじゃないっすか。
トヨタから脱してないですね。
アリストの後継もぱっと見トヨタ車。
つーか、アリストっすよ。
ISはマークXとWILL VSを混ぜた感じ。
マークXと隣合わせてみたらいかがでしょう。
かなり似ている部分も多いと思いますよ。
カローラに代表されるように大量に売ることで利益を得てきた企業が、
少数で利益を上げられる高級車にいきなりはシフトできるはずもなく。
トヨタは今後そういう方向に行きますよってことかな。
トヨタを前面に出せばレクサスが立たず、レクサスを出せばトヨタが立たず。
「二兎を追う者は一兎も得ず」ってことになったりして。

だいたい日本人が相手なんだから、日本の高級ホテルで高級感を学べばよかろうに。

批判やら文句ばっかになってしまいましたね(笑)
私は外車もトヨタも好きではありませんので。
これに他の日本メーカーが追従するのはやめてほしいというのが願いです。
トヨタのやり方が正しいのかはわかりませんが、
高級路線にシフトするなんてやめてくだちぃ。
トヨタに追いつこうなんて思ってほしくはないのです。
別なジャンルで1位を取ればいいんです。

カローラとレクサス両方成功させようなんて無理なんだぁ。

画像探してたらWILL VSだけなぜか見つけられず・・・
仕方ないので中古車の画像を。
トヨタにとってWILLシリーズはもう黒歴史か???
3台を比べてみてくださいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ダルダル

バイトしないといけないなぁと思いつつ・・・Fi1786980_0e

めんどうだなぁ・・・

しかし、酒を飲まないと寝つきが悪いのはどうにかしたほうがよさげですね。
ひきこもりで疲れもたまらず。
運動しようよと。

めんどくせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友達がきましたよ

アポなし訪問でした。
めちゃびっくりしましたよ。

んで速攻帰ってやんの。
屋台十八番食べに来ただけです。
私は暇なんで全然OKなんですけどね。

そういえば24時間TVなんてやってたんですね。
夜中眠れなくてテレビ付けたら昔の番組の特集やってて懐かしかったです。
しかしいつも思うんですけど、制作費を寄付したほうがいいのでは・・・
ギャラとかうんぬんかんぬんを公表するとか。
お金を集めてるんだから会計を公表してほしいもんです。

今年走ってる人は弁護士らしいですが、
彼がレギュラーの番組が24時間TV放送後にあるあたりがねぇ・・・

昔テレ朝も24時間TVやってませんでしたっけ。
さっさと撤退したんですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

On Your Mark いいなぁ~

Fi1776968_0e 昨日の「猫の恩返し」見た方も多かったと思います。
「猫の恩返し」は本編が短いので、始まる前に短編が放送されたのはよかったですね。

特に「On Your Mark」が感動でした。
私小さい頃、「耳をすませば」を映画館で見たんです。
本編が流れる前に「On Your Mark」が流れて凄く感動した記憶が今でも残ってました。

ちょっと調べてみるといろいろわかりました。
「On Your Mark」って一種のPVだったんですね。
CHAGE&ASKAのライブで流れたりしてたそうですよ。
CHAGEさんが宮崎監督のファンだったらしく、製作を依頼したそうで。
宮崎監督は映像の実験も兼ねて製作したそうです。

実験にしては凄いシナリオがしっかりしていると感じます。
製作された当時は。オウム真理教による地下鉄サリン事件があった頃。
カルト教団による無差別殺人が現実的になったことで
世の中に不安が立ちこめていた。
「On Your Mark」の中に出てくる羽の生えた少女を監禁していた組織。
これはオウム真理教をイメージしていたのは間違いないそうです。

背景とストーリーはこんな感じです。

地上が核かなにかで放射能汚染され住めなくなった未来。
政府は放射能汚染されることない巨大な地下シェルターに人を住まわせていた。
シェルターから出ることは死に繋がると言っていた。
影響力のあったカルト教団を鎮圧するため警官隊が本部を襲撃。
鎮圧に参加していたある二人の警官は教団に閉じ込められていた羽の生えた少女を発見。
教団施設の制圧に成功。
二人は少女を確保したが、研究施設らしきところに移送されてしまう。
少女を自由に羽ばたかせてやりたいと思った二人は施設に潜入。
少女を助け出し、警官隊に追われながらもシェルターの外へと逃げだす。
そこは自然が溢れた地上で、羽の生えた少女は力一杯羽ばたいていった。


見る限り、シェルターの外にも人家があり人が暮らしていたようです。
外が住んでも問題ないと気づいた一部の人々は脱出していたのかもしれませんね。
警官二人のモデルは言うまでもなくCHAGE&ASKAです。
一度は道路から落ちてしまってみんな死んでしまうような流れになります。
それが車が浮き上がったりして助かりますね。
宮崎監督のあきらめないというようなメッセージがあるようです。

感動的なのは、シェルターの外で少女がCHAGEモデルの警官から離れるところ。
手を離すときの少女の表情が素晴らしいと思います。
寂しさと感謝とかが入り混じった感じの表情でしょうか。
こういう表情ってものすごく難しいと思います。
こういうところはさすがだなぁと思います。
どっかの下手な映画よりも全然感動できますね。
声もなく、たった6分半ぐらいしかないのにこれだけの表現ができるなんて凄いですよ。
ほんと泣きそうになりました。

なんだか短編集がDVD化されるらしいじゃないですか。
買おうかなぁ。

「猫の恩返し」もおもしろかったですね。
ハルに池脇千鶴をキャスティングしたのは大成功な気がします。
「耳をすませば」と音楽作った人が同じなんでしょうかね、音楽に統一感が感じられました。
ああ、DVDで見たい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々にニュースを

ほぼ1ヶ月ぶりのニュース記事です。Fi1773435_0e

東京大空襲で集団提訴へ 賠償、謝罪求め遺族ら

こんなこといつまで続けるんでしょうかね。
1000000歩ぐらいゆずって謝罪はいいとしましょう。
賠償て・・・
アメリカに要求しねぇのはなんでだよ。
アメリカの戦闘機の掃射で腕を失ったならアメリカに言えよ。

言っちゃ悪いけど、戦争を経験してきた世代というのは自虐的すぎるんじゃないかと。
いつまで謝罪すりゃ気が済むんでしょうかね。
賠償金を税金からどれだけ払えば気が済むんでしょうかね。
中国とか韓国とかから謝罪要求されるってのはまだわからなくはないんです。
自国に謝罪を要求するなんておかしいですよ。
戦争が二度と繰り返しちゃいけないことだってことも、
たくさんの人が死んで、たくさんの人が悲しみに暮れたことも
私達の世代だってわかっています。
現実味に欠けてはいますが、それは当然だと思いますよ。

こういうのは金と切り離して考えられんのかねぇ・・・こいつらは。
なんだかヘンチクリンな奴にそそのかされてんじゃねぇのか?
自分達は悪いことをしたんだという一種の宗教じみた考えでさ。

当時は日本のやっていることが悪だとか正義だとか考えていた人は
少なかったんじゃないでしょうか。
当時の価値観は今とは違うんですから。
それを今になって悪だったとか、なんだとかと位置づけしてる気がしますね。

いつまで当時の価値観を僕らに押し付けるつもりなんでしょうか。
いつまで日本という国を謝らせるつもりなんでしょうか。

愛国心が悪だなんて価値観をいつまでも持ち続けることは国を弱くすると思う。
愛国=軍国主義ではないから。
生まれた国が好きでなにが悪い?
そこで生まれて、そこで育って、遊んだり恋したり・・・
たくさんの思い出があるところを好きでいるのは悪いことか?
自虐的な世代の思想を俺らに背負わせるのはやめてほしい。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

実録!男の料理!

Fi1767200_0e チキンオムライス作ってみました。
ぶっちゃけおいしくなかった・・・

問題点
・チキンライスが水っぽかった
・チキンライスが油っぽかった
・オムレツの量が多すぎた
・オムレツがもっとふんわりとなればよかった
・肉が多すぎた
・チキンライスの味が薄かった

考察
・水っぽかったのはご飯がもともと柔めだったため。加えて玉ねぎの水分もあった。
・油っぽかったのは鳥もも肉の細切れを使用し、脂身がとても多かった。
それによって油っぽく、くどくなったと考えられる。
・卵の量は4個であったが、多すぎたことにより卵の味が前面に出てしまった。
・卵のふんわり部分を作るのは難しい。
加えて、チキンライスに使ったフライパンを使ったため卵がこびりついてしまった。
・肉が多すぎたことによって油っぽくなってしまった。
・チキンライスにはもっと塩コショウを効かせるほうがよかった。

解決法
・ご飯は固めにすること
・肉は鳥むね肉の脂身の少ないものにすること
・卵は3個までにすること
・フライパンは一旦洗ってから使う
・肉は少なめにすること
・塩コショウは控えめにすると痛い目にあう


全部食べましたけど、飲み物とかでごまかさないと全部は食べられませんでしたね。
油っぽいやら、水っぽいやら、くどいやら・・・
卵の量が多すぎたのと、チキンライスの味が薄すぎたことが最大の失敗。
また今度チャレンジしてみようと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

帰省写真~番外編~

今日は番外編です。Fi1763965_0e
右に見えるは旭川で1.2を争うラーメン店、「つるや」です。

皆さん、旭川ラーメンといえば「山頭火」だと思ってませんか?
「蜂屋」とか。
私は実家に帰ったときにはあんなとこには行きません!
なぜならもっともっと美味い店があるからです。
東京でも食べられるようなラーメンを食べに行く意味はないのです。
これぞ本物の旭川ラーメンというラーメン店は旭川でも少ないのです。
「つるや」はその中でもトップクラスのお店です。
私が小さい頃から通っているお店なんですがね。
親父さんが店を開いて、今は息子がメインでやってます。
親子で全然味が変わらないのもレベルが高い証拠です。

やばいっす!やばいっす!
最強に美味いっす!


旭川でトップクラスのお店なのにここ1店しかありません。
拡大する予定はなさそうです。
それもこだわりでしょうか。
加えてほとんど地元の人間しか来ません。
ムフフ・・・

山頭火は昔は全然地味だったんですよー。
それが雑誌だったか、テレビだったかが「とろ肉」で取り上げましてね、
そこからどんどん膨らんでいったわけであります。
それが横浜やらなんやらに店を出して旭川ラーメンとな!?

旭川ラーメンはこんなもんじゃねぇーんだよおおおお!!!!

私の中では「山頭火」も「蜂屋」も「天金」もトップクラスには全く入っておりませぬ。
旭川ラーメンは醤油がうまい店じゃないと話にならんと自負しておりまする。
「つるや」の醤油は他の店とは全然違うんですよ~

さすがにラーメンを撮影するのは気が引けたのでやめました。
内装も食堂チックな感じで、悪く言えば安っぽく、カメラバレて睨まれそうだし。
携帯はシャッター音しちゃいますからね。

しかしうまかったなぁ・・・
もうしばらくあんなうまいラーメン食えません・・・

ただ昔から比べると麺が少なくなったような・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

帰省写真11

到着いたしました。Fi1755011_0e
私はここの黒岳の湯というところに入りました。
ひさびさの温泉で長湯してしまいました。
風呂上りのコーヒー牛乳がこれまた最高でした。

これからは夕方の画像になってきます。Fi1755011_1e
ただブレまくってしまいました・・・
すみません。

3枚目。Fi1755011_2e
なんだかグランツーリスモみたいになってますね。
ディープフォレストです。

4枚目。Fi1755011_3e

5枚目。Fi1755011_4e
これで今日はおしまいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帰省写真10

さてさて、層雲峡に近づいてきましたよ。Fi1754971_0e
これは浮島トンネルという長いトンネルの手前です。

2枚目。Fi1754971_1e
この岸壁が層雲峡って感じをかもし出してますよね。
まだまだ入り口です。

3枚目。Fi1754971_2e

走行中に撮りました。Fi1754971_3e
なんだかCGっぽくなってますね。

5枚目。Fi1754971_4e
これも走行中ですね。
これはこれでなんだかいい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省写真9

釣りの帰り道です。

Fi1754949_0e
帰りは層雲峡に寄って温泉に入ってきました。
さすがに層雲峡は結構人がいましたよ。
観光バスも多かったです。

2枚目。

Fi1754949_3eFi1754949_1e

3枚目。

Fi1754949_2e

4枚目。

5枚目。Fi1754949_4e

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省写真8

今日も今日とて帰省写真。Fi1754912_0e
どんどんいきますよー。


2枚目。Fi1754912_1e
これはオホーツク海です。
紋別のすぐ近く、沙流というところです。
そこの港から撮りました。

3枚目。Fi1754912_2e
これも同じです。

4枚目。Fi1754912_3e
これもそうです。


5枚目。Fi1754912_4e
これは道中撮りました。
サイズが小さくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省写真7

さてさて、ちょっと省きながらいきます。Fi1749679_0e


2枚目。Fi1749679_1e


3枚目。Fi1749679_2e


4枚目。Fi1749679_3e
これは道中立ち寄った滝上町(たきのうえちょう)の道の駅というところから撮りました。
自転車で北海道をツーリングしている方は多いですね。
山も多いのできつそうです。


5枚目。Fi1749679_4e
これも同じところから撮ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帰省写真6

同じようなのが多いですね・・・Fi1749658_0e
少し省こうかな・・・


2枚目。Fi1749658_1e


3枚目。Fi1749658_2e
ブレたポニーです。
道中は牛もたくさんいますよ。
くさいことこの上ないですが。
牛の糞を運ぶ車の後ろについてしまうという地獄もありました。


4枚目。Fi1749658_3e

5枚目。Fi1749658_4e

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帰省写真5

Fi1749646_0e なんだか同じような光景が続いてしまいましたね。
これから少しずつ変わってきますよ。
まず1枚目。


2枚目。Fi1749646_1e
右下に見えるものはサイドミラーです。
入ってしまいました。


3枚目。Fi1749646_2e


4枚目。Fi1749646_3e

5枚目です。Fi1749646_4e
まだまだ続きますよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省写真4

帰省写真、今回は釣りと温泉に行ったときの画像です。Fi1749624_0e
釣りは紋別のすぐ隣、沙流(さる)というところでしてきました。
目的はカレイ釣りだったんですが・・・
時期的にもう無理ということもあり、釣果はよろしくなく・・・
お見せできるものではありません。

これからは連続で風景が続きます。
旭川~紋別間を走行中に撮りました。
画像の荒さは勘弁してください。


2枚目。Fi1749624_1e


3枚目。Fi1749624_2e


4枚目。Fi1749624_3e


5枚目です。Fi1749624_4e
快晴とまではいかずとも晴れていましたのでよかったです。
下のほうに写っているのは車なので気にしないでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっかりご無沙汰で申し訳ありません

昨日、夜に東京に帰ってきました。
これから更新していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省写真3

Fi1720414_0e 続きまして1枚目。
これは観音台というところから旭川を撮ったものです。
観音台には公園と墓地があります。
この墓地には作家の三浦綾子さんも入っています。
私の家が作るゾーンではなく、高級ゾーンにありました。
お金持ちゾーンですね。
お墓がデカイんです。
三浦綾子さんのお墓はクリスチャンらしく、十字架も刻印されていました。

この日回ったルートは、

旭川空港→東神楽→美郷不動尊(十勝岳のふもと)→十勝岳→美瑛(中心部)→旭川

です。
私の両親は美瑛出身でして、親戚も美瑛にいるんですよ。
それで挨拶回りをしてきたんです。
美瑛は昔から比べるととても綺麗になりました。
美瑛が有名になり観光うんぬんとなったのはここ十数年の話です。
私がとても小さい頃に通っていたときはなにもありませんでした。
美瑛駅周辺も今では綺麗な町並みですが、以前は田舎町まるだしでして。
そんなになりながらも昔から遊んでいた公園が残っていたのはうれしかったですよ。

美瑛が有名になるきっかけは「前田真三」という方が美瑛とか富良野を撮ったことでした。
その写真がとても綺麗で話題となったんだと思います。
母の話では前田真三さんの知り合いだか親戚だかが美瑛にいたそうで、
それが美瑛を訪れるきっかけになったそうです。
ツアーのメジャーコースである「拓真館」。
前田真三さんの写真が飾ってありますよね。
拓真館は昔からありましたが、他の施設、四季彩の館とかはもともとありませんでした。
案内板も増えましたねぇ・・・
「農地は農家の方の大切な生活の場です。絶対に立ち入らないでください」
というような看板もとても増えました。
私の祖父母も美瑛で農家をしていましたが、こういうことは絶対にやめてくださいね。

私は正直、小さい頃からしょっちゅう来ていたことと、
祖父母や親戚が住んでいたりしたため風景を綺麗だとは感じません。
相変わらずなんもないなあとか思ったり(笑)
美瑛に行くのは風景よりも食べ物重視です。
もう普通の光景になってしまっています。
でも久しぶりに来たらいろいろ変わっていて驚きましたね。
行ったときに比べてほしいのですが、美瑛は他の町に比べて新しい建物が多いんです。
観光によって得たお金で新しい建物建ててるんですよねぇ。
他の町の中心部を見てから美瑛の中心部を見るとあまりの違いに驚くと思いますよ。

美瑛の写真が少ないのはそういう理由です。
もっとちゃんと撮ってこいよと(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省写真2

続きまして、1枚目。Fi1720256_0e
大雪山国立公園のふもとと言いますか・・・
真ん中で噴煙を上げている山があるのがわかるでしょうか。
その山が十勝岳です。
美瑛岳、富良野岳などと構成している山地を石狩山地といいます。
十勝岳は活火山です。
ふもと付近には十勝岳温泉、白金温泉などがあります。

2枚目もふもとから撮りました。Fi1720256_1e
右が美瑛岳、左が美瑛富士かな。
間違ってたらごめんなさい。
ここは結構有名なので観光客の方もいましたね。

さて3枚目。Fi1720256_2e
十勝岳を車で少し登ったところにある温泉地から撮りました。
まわりには温泉施設があります。
いやぁ晴れてて綺麗でした。

4枚目です。Fi1720256_3e
これも同じところから撮ってます。
ただし山側を向いてですけど。
車で行けるのはここまでだったはずです。

ここのあたりの地図は
http://www.mapfan.com/

そんなに観光客も多くなく、おすすめです。
美瑛からそんなに遠くはないんですけどね。
晴れているときの景色はとても綺麗ですよー。

5枚目です。Fi1720256_4e
これも同じですね。
撮る方向を変えました。
陽がいい感じで射してて綺麗でしたので。

十勝岳方面は私も高校やら中学の行事でも行きますし、
旭川の人にとってはよく知っている方面になるのではないでしょうか。
美瑛に比べればメジャーではありませんが。
美瑛や富良野から遠くないので、美瑛、富良野に行ってから
十勝岳温泉というコースもアリかと思います。
だいたいみんな層雲峡とか行くでしょうから、あまり混まないだろうし。
でも十勝のほうにくるコースもあるのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帰省写真1

Fi1720152_0e 8月8日から11日まで帰省していました。
そのときに撮った画像をどんどん公開していこうと思います。
携帯で撮っていますので、多少キレイではない部分もあります。
それから風景については車に乗りながら撮っているものも多くなっています。
ブレやピントなどについて見にくいところもあると思いますが、ご了承くださいませ。

まずは1枚目。
なんの変哲もない画像ですが、これは旭川空港を降りたところです。
東神楽というところですね。
私の父親の知り合いがいるラーメン屋がありまして、
そこの駐車場から撮ってみました。

2枚目も同じです。Fi1720152_1e
ちょっと違う方向で撮りました。
これも特に何の変哲もないですね。

続いて3枚目。Fi1720152_2e
これは小さな川です。
名前も確かあったような・・・
ここはおいしい水が汲めるところなんです。
「美郷(みさと)の名水」といいます。
とても冷たく、おいしい清水が出ていてたくさんの人が汲みにくるんですよ。
ペットボトルはもちろん、ポリタンクを持参する方もいらっしゃいます。
湧き水なのでもちろんタダです。
これだけの水が湧き出るのは、大雪山系のふもとならではですね。
豊富な雪解け水がこれだけの恵みを生み出しています。

4枚目です。Fi1720152_3e
これも「美郷の名水」のところです。
「美郷不動尊」のほうが正しいかな。
一応、祀ってあるところはありますし。
水車が回っているんですよ。
風流ですよね。

場所については以下
http://www.mapfan.com/

あまり知られていないとこであるということも地元の人間にとっては大事ですが、
ちょいと宣伝をしときますね。
人が多くくるといろいろトラブルもありますけど・・・
まぁこのマップではわかりにくいのでよしとしますか。
隠れた名水ですね。
行ってもゴミ捨てたりしないでくださいね。

とりあえず、ここで一段落。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず帰宅しました

先ほど東京に戻ってまいりました。
とても眠いです。

明日から友達のところに行くかもしれません。
帰省したときにいろいろ撮ったのですが、
それについて書くのはもう少し先になりそうです。
ごめんなさい。

にしても眠いです・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

実家に帰ります

今日から11日まで実家に帰ります。
実家はネット繋いでいないので更新するかは微妙です。
一応、携帯でなにか景色とか撮ってくる予定でいます。

帰るのは2年ぶりです。
ラーメンとか梅屋のケーキとか食べてきますよ~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

FFネタ(長文、マニアック)

[『 マンホールの下の帝国 』]

ネタ不足なのでトラバさせていただきました。
UGさんのBlogです。

私はFFは4から9までやりました。
4はクリアしてません。
それから外伝というか、本流から離れたものとしてFFT、FFTAもやりましたよ。

私はゲームの評価として音楽をはずせないので、
FFも音楽が好きなものの評価が自分としては高いです。
ということでFF5とFF6、FFTの3つが好きですね。

本音はMIDIの直リンクを貼りたいところでしたが・・・
さすがにヤバイのでやめました。
海外サイトならいいかな、とも思いましたがヘタクソなんで・・・
とか言いながら直リンクをする私。
どこぞかわからない海外の方、許してください。

まずはFF5「遥かなる故郷」
主人公の生まれ故郷のBGMです。
懐かしさとなんとなく感じる悲しさがいいですね。

これもFF5「ギルガメッシュの死闘」
FF5の中で一番有名な曲かもしれませんね。
ギルガメッシュのキャラクターと相まって大人気。

次はFF6「あの日から・・・」
世界崩壊後のフィールド曲です。

お次もFF6「永遠にレイチェル」
ロックというキャラの死んでしまった恋人レイチェルのテーマ。
かかると泣きそうになります。
おかげでFF6をやるときはロックがパーティに必ず入れるほど好きになりました。

FF5もFF6も他に好きな曲はありますが、これらが印象に残っていますね。
戦闘曲はどれも好きですよ。

FFTはBGMも好きな曲が多くて書ききれません。
シナリオ面でも好きです。
特にチャプター1のディリータ、アルガス、ミルウーダ、この3人のセリフがグサッとします。

貴族の甘ちゃん主人公ラムザ。
ラムザの親友で平民のディリータ。
没落貴族のアルガス。
革命を願い、主人公の前に立ちふさがる平民ミルウーダ。

ちょいと台詞を載せてみたり。
抜粋なので前後の流れがわかりにくいですが・・・
ディリータ
「どんなに頑張ってもくつがえせないものがあるんだな…。」
「努力すれば将軍になれる?」
「この手でティータを助けたいのに何もできやしない…。」
「僕は“持たざる者”なんだ…。」


アルガス
「それは天の意志だ!」
ミルウーダ
「天の意志? 神がそのようなことを宣うものか!」
「神の前では何人たりとも平等のはず! 神はそのようなことをお許しにはならない! なるはずがないッ!」
アルガス
「家畜に神はいないッ!」


アルガス
オレは“絶対”なんて言葉を“絶対”に信じないけどな。」


ミルウーダ
「知らないということはそれだけで罪だわ!」
「あなたが当然と思う世界はあなたに見える範囲だけ。でも、それだけが世界じゃない。」
「あなたが悪いわけじゃない。でも、現状が変わらない限り、私はあなたを憎む!」
「あなたがベオルブの名を継ぐ者である限り、あなたの存在そのものが私の敵ッ!」


ラムザ
「僕だって、好きで生まれたわけじゃないッ!!」
アルガス
「それが甘いって言うんだよッ! 自分に甘えるなッ!!」
「ベオルブ家は武門の棟梁だ! トップとして果たさねばならない役割や責任があるッ!」
「おまえでなければできないことがたくさんあるんだ! それができないヤツの代わりに果たさねばならない!」
ラムザ
「利用されるだけの人生なんてまっぴらだッ!!」
アルガス
「利用されるだけだと? ふざけるなッ!!」
「ベオルブ家がベオルブ家として存在するために、オレたちは利用されてきた!」
「いや、もちろん、オレたちだってベオルブ家を盾として、その庇護の下生き続けることができた!」
「そうさ、持ちつ持たれつの関係を築いてきたんだッ! そうやっておまえは生きてきたッ!」
「利用されるだけだと?おまえは、“親友”と称するディリータでさえ利用してきたんだ!」



これのほかにも、「正義とはそれを語るものによってころころ変わるものだ!」
とか、「話し合いに何が期待できる? おまえがそれを願ったとして、それを実現できるのかッ?」
などなどいろいろとあります。
今になってこの台詞の意味がよくわかりますね。

と、いろいろ書いてたらとてもマニアックに長くなってしまいました。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ブラクラ注意

なんじゃこりゃぁぁぁぁぁ!!!Fi1693656_0e

私の部屋じゃありませんよ?
ほんとマジ私の部屋じゃないんです。

私の友人Aの部屋です。
使用許可は得たので張りました。

なにこれマジきったねぇんだけど。
足どこに置くんだよ。
なんかポカリとか地面に転がってんだけど。
なんでベットの上にコンビニ袋あるんだよ。
もしかしてあれ?
最近、テレビで見るゴミ屋敷ってやつ?
「片付けられない女達」とかでやってるやつ。
信じらんねぇよ。
こんなとこに暮らしてる奴の気がしれねぇ。




そんなとこに遊びに行くんです(笑)


重ね重ね言いますが、私の部屋ではありません。
私はひきこもってるので部屋はキレイです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんでこんなに暑いんでしょか

クソあちぃぃぃぃ!!

なんですか、洗濯物取り込もうと窓開けたときのあのムレさは。
むぉっと熱気が襲ってくるじゃないですか。

東京の暑さってのは絶対におかしいですよ。
4年暮らしてるのにいまさらなにをって感じですけども。
天気予報の言う温度ではないと思うんですよ。
あれは百葉箱に入れて、どこか辺境にあるのかもしれませんが、
こっちは東京砂漠ですからね。
ビルやらマンションやらコンクリートだらけですし。
車は多いし。狭いし。人多いし。みんなエアコン使ってるし。

実家に帰ったりして東京を離れるのが楽しみになってくるぐらいです。
実家では窓開けてたら涼しい風が入ってきたもんです。
それがこっちではなんですか!
開けたら余計暑くなるじゃないですか!
プンプン。

プンプン。

頭がとろけますね。プンプン。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

飲み会

今日でテストも終わり、飲み会に行ってきました。Fi1686291_0e
それのおかげで髪を切りに行けませんでしたよ。

実家に帰る航空券を購入してきました。
私は北海道に本籍がありまして、航空会社のAIR DOでは
道民割引というサービスがあるのでそれを利用して帰ります。
以前帰ったときもそうしました。
道民割引とチケットレスによる3%の割引を入れても往復5万円以上・・・
なにもサービスを適用しないでJALのものに乗ったら往復で7万円以上かかります。
もうエライことですよ。
実家に帰るだけで5万使うんですから。
たった1時間半なんですけどね・・・
他にもフェリーとか寝台とかの手段もあって、そのほうが安いのですが
時間がかかってしまいます。
寝台なんて1日かけて帰りたくはないですしね。

時期が時期だけに混んでいますねぇ。
友達のとこに遊びに行くにも指定席の混雑が凄いです。
しゃーないんで自由席にしましたよ。
それで早めに並んでなんとか座れるよう努力します。
始発から終点まで乗るのに座れないと疲れますね。

でも間違った日にちで乗車券購入してしまいました・・・
ハハハ・・・
品川に行かないと・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

目が腫れてました

昨日目が痛かったのですが、寝る前に触ってみると腫れていました。
左目と右目の大きさが違うんです。
ちょっとびっくりしましたよ。

今日はなんともありません。
目が疲れていたんでしょうか。
そんなに疲れるようなことはしていないはずなのですが・・・

人間は目にも利きがあるそうですね。
ない人もいるのかもしれません。
私の場合、右目のほうが酷使されているようです。
右目のほうが視力悪いですし、痛くなるのはたいてい右目。

というか、もう眼鏡の度が合っていないのかも・・・
中学でし始めて以来、換えてませんからねぇ・・・
実家に帰ったら変えようかな・・・
傷だらけだし。
もっと遠くを見られる眼鏡にしたいですね。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

目の奥が痛い

なんだか朝から目の奥が痛くて体調も優れません。
今日はさっさと寝ますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »