« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月の記事

またまたガイアの夜明けの話

今放送していたものです。
福知山線の脱線に関して、企業を掘り下げるものでした。
今までで一番まともに見れた福知山線に関する内容でしたね。
今までのは遺族視点だったり、JRを叩くのが目的な放送ばかりで見るに堪えませんでしたから。

私は決してJRを擁護しているわけでもないし、
遺族の悲しみは計り知れないものだと思っています。
企業に罵声を浴びせても、叩いても遺族である以上
ある程度は許容されてもいいと思うくらいです。
ですが、JRが利益優先とかいうのはかなり疑問です。
企業が利益を上げることは当然のことです。
利益優先じゃない企業がどこにあるんです?
国やNPO、法人とかは企業とは言いませんよ。
赤字垂れ流してもそのまま改善しない企業なんて存在していいと思いますか?
安全とか信頼性なんてものは経営以前の問題なんですよ。
事故が起きなくて当たり前、壊れなくて当たり前、ちゃんと時刻どおり運行して当たり前。
ですが、事故は起こってしまう。
工学的なことから言えば、事故や破損等は統計学的な確率で起きることです。
確率はどうあがいても0にはならない。
それをどこまで0に近づけるか、起きるのを未然に防ぐことが重要なんだと思います。
私は今、信頼性工学という講義、
あるいは教授の下でいろいろ教えていただいています。
それは私が自動車業界、自動車部品メーカーに絞った理由と密接に関わりがあるのです。

自動車にどれくらいの部品が使われているか、ご存知ですか?
2万~3万ぐらい使われているんです。
その一つ一つに統計学的確率として潜在的に破損やトラブルを抱えているのです。
エンジンか、ミッションか、足回りか・・・
それはわかりません。
故障の種類も、初期不良か偶発か、磨耗か・・・
車の場合、10年~のスパンで品質を保証しなければならない。。
理論的な確率ならウン億分の1ぐらいの確率の保証をしなければならない。
実際はもっともっと高い確率で故障は発生しますが。
あらゆるケースを想定してもやはり穴はある。
あらゆる実験をしてもレアケースな穴は存在してしまう。
どんな製品に関してもそうだと思います。

車に関しては日本車の品質は世界NO.1と言っても過言ではありません。
そして、自動車は人命を乗せています。
極端な話、テレビが突然壊れても人はまず死にませんが、
車が突然壊れたら死ぬ可能性は高くなります。
だからこそ厳しい世界だと思っています。
だから自分は部品一つ一つの信頼性に関していろいろ考えてみたいと思ったのです。
そして自動車部品メーカーを選びました。
技術が進歩していく中で細かい部分はどんどんブラックボックス化し、
一つの分野でだけではいいものは作れなくなった。
そして、JRやJAL、三菱などの事故で安全性に関することに注目が集まっている。
各企業も信頼性の部分は今後高めていかねばならないでしょう。
だから自分は信頼性に関することを追求していきたいと考えました。

ガイアの夜明けからだいぶ話は脱線してしまいましたが、
安全性、信頼性に関しては経営と切り離して考えるべきであるとは思います。
しかし、確率で扱われる以上、どこかで結論を出さねばならないのです。
妥協と言いましょうか。
フェールセーフということもできますが、限度がありますし。
ですが、最大限追求し限界で妥協することが必要です。
信頼性って評価も難しいですよね。
結果がすぐに表れないから専門の人も多くならない。
やって当たり前ですからねぇ・・・
そんなとこが私に似合っているんじゃないかと思ったりもしています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

もうすぐ10000hit

ふと思えばもうすぐ10000アクセスじゃないですか!!
始めてから半年、たくさんの方々に見ていただけて大変光栄です。
ありがとうございます。

キリ番踏んでも特になにもありません。
というか、なにも考えていません。

踏んだ方には精一杯の賛辞を(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

うーん・・・タイミング悪かったかな

JR運転士、道路で暴走 深夜にドリフト繰り返す

こりゃタイミング悪かったですね。
ドリフト自体は悪いことですが、福知山線の件が絡んで大きくなってしまいました。
ドリフトしている人が運転する電車が事故を起こすっていうふうには繋がりませんが、
ちょっとまずかったなぁ・・・
今は過敏になってますからねぇ・・・

私は自動車業界に入ることになりますが、
やはり事故を起こすと大変な処分があるようです。
自分に責任がある事故は起こすべからず。
ぶつけられたら仕方ないんでしょうけども。
飲酒運転なんか一発解雇になりそうです。
うかつな行動はできません。

車何買おうかなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わった?

右の画像は「タカノフーズ おかめ納豆」です。Fi1411595_0e
みなさんもご存知の定番納豆ですね。
私も小さい頃からこれをずっと食べてきました。

最近食べたときにちょっと思ったんですが、大豆柔らかくなりました?
前はもっと固かったような気がしたんですけど・・・
気のせいですかね・・・?

最近各メーカーは納豆にもいろいろ付加価値を付けることで差別化していますね。
特にミツカンが進出してからそれが顕著になってきたと思います。
ミツカンは骨元気とか、ふっくら納豆、におわなっとうなどなど・・・
タカノフーズは糸の力とか、シソのタレ付けたものとか。
他のメーカーでも大根おろしだれとかありますよね。
私、納豆好きなこともあって新商品が出たら買って食べてます。
納豆好きな方々の中にはおかめ以外食べないよ、という方もいらっしゃいます。
ミツカンは邪道だとか。
私はそういう所にはにこだわりはなく食べてますけど。

みなさんは納豆に何を入れますか?
玉子、ネギ、大根おろしetc・・・
ぜひ教えてください。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

日勤教育の必要性

JR西日本の福知山線が運転再開するそうですね。
足として必要としている人がいる以上、ずっと運休というわけにもいかんでしょう。

ただ、今度から遅延しても運転士に改善を求めないそうですね。
実際、運転士もダイヤを気にして走ってますから、
それが即遅延がずっと解消されない状況になるとは考えにくいですが・・・
でも以前よりは遅れが頻発しそうですね。
利用者はそれで納得するのかな?
脱線事故がありましたから、速さよりも安全という意識に利用者もなっているとは言え
何年かしたらその意識も薄れ、遅れは許さないって状況になるんじゃないかな。
もっとダイヤ増やしてくれよとか、遅れないでよとか。

運転士の遅刻によってダイヤが乱れることはあってはならないことです。
普通の会社でも遅刻は許されませんが、JRは足であるゆえ、
より一層の注意が必要だとは思います。
日勤教育が過酷なのはそういう背景があると思います。
遅延の原因になるオーバーランも同じことでしょう。
こういう教育は中身がどうあれ必要です。
ただ、中身がどういうものかというとJR西のは厳しすぎるかもしれませんね。
ボーナスカット、反省文、レポート・・・
精神的には連続すると辛いものがあります。
こういうことがある度に、どんどん萎縮してしまってますます悪くなる。
悪循環に巻き込まれていたんでしょうね。
ただ、事故を起こした運転士の場合、
日勤教育を止めたとしてもトラブルは起こっていたような気もします。
まぁ適性うんぬんはよくわからないですからあまり偉そうなこと言うのはまずい・・・
精神的に追い詰められていたことは事実でしょう。

日勤教育は「罰」ではなく、「教育」なのですから改善点はいろいろありそうです。
苦痛を与えない教育かぁ・・・これまた難しいですね。
繰り返す運転士には、誰か先輩運転士を添乗させて改善させるとか。
給与は変わらずに少しの期間運転から遠ざけるとか。
もうJRではやってるか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

世はミニバンブーム

ミニバン 自然光、SUVの力強さ 新型車相次ぎ市場過熱

ミニバン人気ですねぇ~
ホンダはステップワゴン、日産はセレナ、三菱はグランディスですか。
ミニバンは利益率も高めな車種ですし、販売競争は各社必死ですね。

家族を持つとミニバンにせざる負えないという話はよく聞きます。
地方では特にそうだと思います。
価格も200万~ですし、手も出やすい。
セダンは価格帯が近いものもありますが、広さは圧倒的にミニバンが上。
車好きな人、広さを求めない人以外はミニバンに行くのは仕方ないかとは思います。
セダンに広さを求めるかと言ったらそうでもないでしょう。
もちろん楽に居られるスペースはほしいでしょうけども、
ミニバンみたいに居住空間ってほどではありません。
セダンは高級感を求める人が多くなりましたね。
というか、ミニバンの影響でそこを求める人しか残っていないという感じでしょうか。

ところで、今は各社いろいろミニバンを出していますけど、
一番最初にヒットしたミニバンはなんだと思います?
それはホンダのオデッセイらしいですよ。
私はストリームかなとか思っていたんですが、
ストリームは小型ミニバンって感じでちょっと市場が違いました。
で、現在のミニバン市場のシェアはと言いますと、トヨタが圧倒的かも。
ノア、ヴォクシー、アイシス、ウィッシュ・・・
やっぱりトヨタは嫌いです(笑)

いつも開拓するのは他社なのに、そこを奪い取るのがトヨタ。
豊富なネットワーク、田舎に残る神話チックなもの。
まぁおっさんや、老人の世代だけでしょうけどね。
ストリームのパクリのウィッシュがいまや売れ行きではストリームの上。
一度トヨタがシェアを取るとなかなか他社の車を買おうとしないんですよね。
やっぱり豊富なネットワークは強いなぁ・・・
車好きな人はこだわりがありますからね。
車好きは会社にはこだわるんですが、一般の方はそういうこだわりはないでしょう。
そしたらなにかあったときの対応とかってことになるかなと。
トヨタではお客様情報をデータベース化して
各ディーラーで共有するシステムを今後始めるそうです。
ほんとトヨタは開拓する必要性ないよなぁ・・・
商売上手ってやつですね。
車好きとしては、そういうとこじゃなくて「車」で勝負しろやと言いたくなるわけです。
そういう声はむなしく響くだけなのでした・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ついに逮捕ですか

メーカー幹部ら逮捕 橋梁談合で東京高検

逮捕ですか。
公共事業がどんどん削減されていく中ではこうでもしないと損失になる一方だったのでしょうね。
石川島播磨重工、三菱重工、横河ブリッジ、JFE・・・
巨大企業が名を連ねていますね。
談合自体は犯罪であり、企業倫理に反する行為であることは確かです。
ましてや、談合組織同士で対立なんて・・・

石川島播磨重工にはエントリーも考えてましたけど、やめました。
自分にはちょっと巨大すぎるかなという気がしましたし。
事業内容が幅広くてなぁ・・・

こういう重工系のとこって利益を事業の多角化によって得てきた部分があるそうですね。
だから事業内容が多岐に渡っている。
石川島播磨重工だけのことではありません。
三菱重工もそうです。
三菱グループにとっては寝耳に水だろうなぁ・・・
自動車、重工、マテリアル、ふそう、地所と立て続けにいろいろ事件が発生しています。
これでは三菱全体の体質が疑われそうな勢いですよ。

少し思ったんですけどね、こうやって公共事業の削減で各社必死になりました。
決して削減することがよくないとかいうことはありません。
でもですよ、国の機関による税金の無駄遣いはなくなる気配がありません。
一方は談合までして、損失をなくそうとしていた。
一方では、わけのわからない施設や、使う理由がわからない予算などで無駄遣い。
もちろん、今回の事件と税金の無駄遣いとは全く別な話です。
でも何か考えさせられますね・・・

利益を生み出すのが仕事
なんの工夫もなしにお金が入ってくる仕事

私は民間の人間だなぁとつくづく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

やっぱり日本人は魚?

今日は久々に魚を食べました。Fi1409343_0e
安売りしていた鮭の切り身です。
塩味付いてるものです。
1切れ100円ぽっきりでしたよ。
2切れ買ってきて、フィッシュロースターで焼きました。

めっちゃうめぇぇぇぇ!!

予想してたより塩味が薄かったのが効きました。
むちゃくちゃ美味しかったです。
養殖のチリ産なのに・・・
あっという間に食べてしまいました。

やっぱり久しぶりに食べると全然違うもんですね。
実家ではよく魚が食卓に上っていたものでしたが、一人身だとなかなか・・・

猫も魚が好きなようで。
2kgまで持っていけるとは驚きですね・・・
最後のほうの魚は引きずっているような気もしましたが・・・
野良は経験がものをいう世界ですね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

お金が・・・

昨日お金を下ろしにいったんですけどね、通帳見てちょっとびっくり。

「少ない・・・」

いつもより15万ほど少ないんですよ。
やっぱり就活による交通費が大きかったようです。
往復で万代のお金が吹っ飛びますし。
ほんとアルバイトも考えないと・・・

車買えるかなぁ・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

まだまだ遠そうですね

三菱自、赤字4747億円 05年3月期、過去最悪

15%減でも売上2兆ですから本当に巨大企業ですよね。
赤字が4700億円なんて凄い数字。
返すのに何年かかるやら。
とりあえず、これからはもう外国を中心に販売していくしかないんじゃないかと思います。
何年か経ったとしても三菱ファンとか一部の人以外には
なかなか受け入れられにくいでしょうし。
CMの本数もめっきり減りましたし、中身も違っていますよね。
私自身も就職活動の上で、三菱との取引が多いところは避けた経緯があります。
部品メーカーとしては他社との取引増大のチャンスとも言えることでしたでしょう。
三菱との取引が減れば、その分他のところと積極的に取引しなければならない。
そういう状況におかれることはある意味チャンスとも考えられるからです。

でも、まぁ私は好きな自動車メーカーがありますんで・・・

三菱はこれからどうなって行くんでしょうかね。
今はすっかり日本では3強みたいな感じになっていますけど。
確かリコール隠しが発覚する前までは5兆近く売上があった記憶があります。
そこまでの栄光を取り戻すのは難しそうですね。
最近は三菱の車を見かける機会も減ったような気がしますよ。
いまだに三菱ふそうのリコール記事が新聞に出ていることがあります。
新たに発覚したりしているようです。
これが続いている状況では、三菱もふそうも厳しそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高度な専門性

博士の就職難:高い専門性に低い評価 毎コミ調査

ドクターの人がコミュニケーション能力に劣るのかどうか。
確かに一般的なイメージとしては研究者独特の感じがするんじゃないかと思います。
もちろん人それぞれですから一概にそうとは言えないし、
いざ面接の場になればプロとしてそのあたりは当然ながら見抜くはずです。
やはり足を引っ張るのは高度な専門性のようですね。

以前ガイアの夜明けという番組で、
日産が高卒の人の採用を増やすという特集を見たことがあります。
多くの「職人」を作りたいという目的でした。
モノ作りの職人って本当に職人と呼ばれるようになるためには時間かかりますしね。
大卒とでは4年差が付くとなると、技能に大きな差ができるでしょう。

高卒でも大卒でも社会に出て、学校で学んだことを使うことはまずないでしょう。
企業に入ってから学ぶことのほうがはるかに大きい。
以前、超大手企業の面接を担当していた方と話をしたときも
学部生に専門性なんて全く期待していないということでした。
マスターやドクターだと専門性も考慮に入れるということでしたね。
ただ専門性が高すぎてもやはり採りにくいとはおっしゃってました。
専門性を考慮した職種、あるいは待遇にしなきゃいけなかったりと気を使うみたいです。
それなら気を使わないで済む方を選ぶのは仕方ないのかなとは思います。
博士課程で培われた経験と、学部生から企業に入って5年で得た経験。
どちらが企業にとっていいかは明らかです。
ドクターの専門と企業の専門が合うなんて本当にレアケースですから。

私なんかのイメージではドクターの人は先生になるもんだと思ってました。
大学とかで研究活動をしてそのまま将来には教授とか。
就職する人なんてほんと極一部だって。
案外就職するって人多いんですね。
博士課程終了すれば最短でも27歳か・・・
うーん・・・年齢的にも新入としては扱いにくいような・・・
博士課程でやりたいことがたくさんあるっていう人は凄いとは思います。
ただその分、企業側からすると扱いにくくなってしまう。

大学の先生で博士課程修了という先生もよく見ますが、
コミュニケーション能力ってやつがあるかと言われると・・・
全員がそうとは言いませんが、
この人は研究者じゃなきゃ生きていけないだろうなって人もちらほら。
行動と言動が一般からは離れすぎてて、ちょっと笑いを誘います。
普通に働くことなく、そのまま研究者になっている人はほとんどそうですね。
企業で働いていたことある先生は全然そんなことはないんですが・・・

企業の採用情報にも初任給として修士と学部、高専、専門、高校
しか載っていないところもたくさんあります。
むしろそのほうが多いぐらい。
博士は採らないってことですね。
私なんかはさっさと働きたいと思うので博士なんて考えられませんけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の収穫

今日大学に行ってから休講だということに気づいたウコン茶です。
一人でたたずむ教室は淋しいですよ・・・

加えて帰りに切符落としたらしく、初乗り運賃を余計に払いましたよ。
ツイてないなぁ・・・(´・ω・`)

帰りによく見かける半野良くんの住処を通りかかったら、Fi1393313_0e
奥のほうにちょこんと座っていました。
来てくれるかもしれないと思い、声をかけると駆け寄ってきました。
やっぱり可愛いですね~
しばらく撫でているとゴロンと腹見せ。
丁度そのときを撮りました。



2枚目は私を無視して毛繕いしているところです。Fi1393313_1e
私ちょっといじってますけど、完璧に無視されてます。
仕方ないので帰ろうと歩き出すと、パッと止めてこっちに擦り寄ってきました。

なんというか、このマイペース振りも猫ですよね。
この猫くんメスらしいんですけど、私が手を出すと尻をこっちに向けるんですよ。
私がオスだとわかっているんですかね。
尻尾ピンと立ててお尻を突き出すんですよねぇ・・・

私にどうしろというのか・・・(^ω^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DistinyかChanceか

就活終了したにも関わらず、就職の話題ばかりで申し訳ありません。Fi1389982_0e

私が本命の内定をいただけたことについてです。
本命のエントリーが一番最初だったというのはまとめ2に書きました。
その後、このような偶然がありセンターを見学させてもらいました。
それが2月14日です。

見学自体実現しなかった可能性の方が大きいです。

1.一緒に見学に行った機械工学の彼がバイク好きだったこと。
2.彼は本命の名前をもともと知っていたこと。
3.彼が自分の研究室の先生に相談したこと。
4.そして、その教授が私の研究室の教授を紹介したこと。
5.私の研究室の教授がアポイントメントを取ってくれたこと。
6.それがOKだったこと。
7.私が本命の求人票を前に友人と本命について話していたこと。
8.そこに偶然、教授が通りかかったこと。
9.私を誘ってくれたこと。
10.2日後にセンターを見学させてもらったこと。

あらためて考えてみるともの凄い偶然が重なっているのです。
そのセンター見学があったからこそ内定をいただけたと私は思っていますし。
それで自分の就職が決まったのですから・・・
人生を左右していますよね。
自分の運が無くなってしまったのではないかと思うぐらいです。

偶然というのは重なるものとはよく言ったものです。
こんなことも実際あるんだなと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まとめ2

まとめの2回目です。Fi1388578_0e

今回は企業選びについてです。
私がなぜ本命とそれ以外の選考を受けたか、
何を基準に決めたかということについて書きたいと思います。
参考になれば幸いです。

私の場合、業界を絞り込むきっかけを作ってくれたのは合同説明会です。
世界的かつ日本一の自動車部品メーカーであるデンソーの説明会です。
そこでの話で直感でおもしろそうと思いました。
当時は業界を決めずに色々なところを回っておりました。
デンソーの説明会は心に何か与えましたね。
それが年明けすぐの話だったと思います。
それから自分の大学の求人を眺めると、本命からの求人がありました。
まだそこを本命だとは決めていませんでしたが。
それで自分の中で一番最初にエントリーさせてもらいました。
それが2月10日です。
その時のエントリーの意味は、選考受けたいとかそういうことではありません。
自分に発破をかける意味でしました。
業界絞ったり、自分が何をしたいか、どう生きたいか、エントリーすることで
そういったことを考えさせる環境に自分を持っていったのです。
エントリーするとなんとなく焦りますからね。
その後本命の特別なセンター見学があったわけですが、
見学で見たのは「人」です。
どれだけ集中した環境で仕事ができるのか。
風通し、働いている人の雰囲気、清潔かどうか等を見るといいと思います。
大卒理系の場合、開発、設計、生産技術、品質保証になる場合が多いと思います。
実際ラインで働くのは研修期間ぐらいかと思われます。
ですから工場見学というよりは開発センターを見るほうが意味があると考えます。

企業を計る手段は多々ありますけれども、多くの人が重視するのが
規模、事業内容、離職率、平均勤続年数、平均年齢、3年後新卒定着率
そして給与でしょうね。
規模が大きければ潰れないなんてことはありませんが、
ある程度の規模だと実際確率は低いと考えられます。
事業内容はやること、どんな分野か、派遣業か。

大事なのは残りの項目です。
この項目で滑り止めにもならないとこが判別できるでしょう。
平均勤続年数ですが、ヒドイところだと1,2年なんてとこもあります。
基本的に長いほうが人に対して真剣だと言えましょう。
大企業になればなるほど長い傾向です。
12年以上なら大丈夫じゃないですかね。
短いところは危険ですよ。
平均年齢も同じような理由です。
35~42ぐらいがいいかと思います。
これも大企業になればなるほど歳が上になる傾向です。
離職率は低ければ低いほうがいいかと思います。
定着率は高いほうがいいですね。
公表してないとこも多いんで、判断できない場合があるかと思います。
その場合、全従業員に対して採用人数が多いかどうかを見ましょう。
異常に多ければ離職率が高いということですね。

あと、オーナー企業だとワンマンだったりもします。
その人に任せていいのかと言うことはじっくり考えるべきかと。
それから一族経営のとこもあります。
これは役員の一覧を見ましょう。
就職四季報には載っていないので、株式の四季報を見ましょう。
株を誰が持っているかも重要ですよ。
個人が大部分を保有している場合はワンマンでしょうね。

なんだか来年就職活動の人用になってしまいました。
何かあったらまたまとめをしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働きながら子育て

[目指せ投資家]Fi1387151_0e
シロウさんのblogです。

私もガイアの夜明け見ていました。
あの時間はあれぐらいしか見るものありませんし。
その流れでワールドビジネスサテライトも見ます。

さて、育児休暇の話だったわけですが、実際取得している方いらっしゃるのかな?
がめさんはお取りになられていたようです。
なかなか男でも女でもやはり取りにくいかと思います。
まわりで取っている人がほとんどいないこともそうですし、
なかなか理解を得にくいですものね。
自分の評価、地位が脅かされたり、白い目で見られたり・・・
上司の理解が得られないとか。
会社にしてみれば、現時点で育児休暇を取ることは損にしかなりませんね。
貴重な人材が一人いなくなるわけですから。
その人が担当していた仕事を他の人に回す際の引継ぎ、手間、ロスもあります。
育児休暇を積極的に取っていることで得られるメリットはというと・・・
採用時(特に女性)の福利厚生面としてのアピールとなるぐらいですか。
資生堂はその辺をアピールしているようですね。
消費者は育児休暇をよく導入している企業とアピールされてもねぇ・・・
要は製品が良いことが重要なわけで・・・
アピールされても製品が良くなるわけでもなし。
環境とかなら消費者も反応しますけど・・・

シロウさんのところにも書かせていただきましたが、
私は育児休暇を取ることによって企業側にメリットがもっとできればいいと思います。
やはり利益が出ないと導入しにくいですよ。
合理化も一段落したとは言われていますが、
不利益なことをしていいなんて絶対にありませんし。
そういった徹底した合理化の体質とでも言いましょうか、
そういったことはこれから当たり前になっていくわけですし。
育児休暇で企業側に利益を出すにはどうしたらいいか。

・給与の一部を国が負担
・企業イメージをもっと向上できる方法の立案

うーん・・・あまり思い浮かびません。
書いたことには問題も多いですし。

少子化対策はもっと積極的に行わないといけませんよね。
私自身そういうときに取るかとなると・・・ちょっと厳しいかな。
エンジニアになるし。
周りもそういう環境じゃなさそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

まとめ

昨日重かったっすね・・・Fi1384771_0e
更新できませんでしたよ。

ところで、就活の終了ということでまとめをしておこうと思います。
まとめと言ってもたいしたことではありませんが。
合同説明会も含めて説明会に参加した数は30ぐらいでしょうか。
その中で選考に応募した企業は6つ。
実際選考をしたのは3つですね。
残りは日程的に本命のあとにしてましたから。
それで内定いただけたのが2つ。
落ちた企業は1次で落ちました。

落ちた企業はエントリーした中で唯一、年俸制を取っているところ。
面接ももの凄くつまらなくて途中で嫌になりました。
あんなにピリピリしてるとなぁ・・・
今から考えると落ちてよかったかもしれません。

行った箇所は、
東京はもちろん、神奈川、長野、栃木、新潟、静岡、三重ですね。
北から南までいろいろ行きました。
交通費がエライことになりましたが。
いろいろ見られる機会はなかなかないですからおもしろいこともありました。
もともとは北海道民なんで、自然一杯のとこに行けたのはよかったですね。
実際の勤務地も田舎なので、ゆったり過ごせそうです。

私はネクタイを2つ持ってまして、一つは大学の入学式用。
もう一つはアルバイトを辞めるときにみんなから貰ったネクタイ。
説明会や本命以外の1次、2次は入学式用のものをしていきました。
最終選考と本命の選考時にはみんなから貰ったものをしていきました。
みんなから貰ったネクタイで臨んだ選考は全部受かってます。
このネクタイはこれからも大事にしようと思います。

筆記に関しては対策本を一冊終わらせただけです。
SPI以外の方式もありましたんで、それ以外にも対応しているものを買いました。
専門試験対策には先生から基礎のプリントもらいまして、それをしました。
英語対策は全くしていません。
私理系なのでそこは助かっているかと。

エントリーシートおよび履歴書は先生に何回も見てもらいました。
メールでも添削いただきましたし。
私はサークル等はやっていなかったので、サークル欄には苦労しました。
おかげで他の人とはパッと見も中身も違ってきたとは思っています。
書くことがない場合にはなぜやらなかったか、それ以外にやったことについて書きましょう。
空欄よりもずっといいですよ。

面接対策は私は模擬的なものは全くしませんでした。
卒研については先生と何回も話し合いましたが。
面接では履歴書に書いたことをただ読み上げたり、
メモみたいなものに書いたことをそのまま言うのは絶対にやめましょう。
履歴書に書いたことについてレスポンスが悪いのは減点です。
自分が何をしたいか、なぜここなのか(業界含む)、
大学生活についてははっきりさせないといけません。
実際に友達にやりたいことが弱いために落ちた人がいます。
その友人の研究室の先生の推薦(教授推薦)を受けて行ったのに落ちました。
先生が理由を問い合わせたらそういうことだそうです。
私は面接の赤本みたいなものは買いませんでしたよ。
文系仕様だからあんまり役に立たないかなと思ったんです。

ちょっと長くなりましたが、また次回にまとめ2をしようかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これが最後の説明会

以前予約して、切符も購入してあったので、静岡まで説明会に行ってきました。Fi1378182_0e
もうほとんど遊びに行く気分でした。
静岡と言っても湖西市ですからほぼ愛知ですよね。
説明会自体は会社説明と、筆記試験があったのですが、私は会社説明のみに参加。
説明会と筆記がセットになっているセミナーでは、選考までいるのが普通です。
ですから説明会だけで帰るのは私だけでした。
一人だけ訪問カード提出するのは恥ずかしかったなぁ・・・
ジロジロ見られたし。
履歴書も書いてなかったから内定もらえてほんとよかった。

新たな気持ちで説明会に臨むと見る目が変わりますね。
本命と比べてしまいます。
何が良くて何が足りないのか。
系列企業だと良くも悪くも系列に左右されますね。
今日行った企業も系列の匂いがプンプンしました。
やっていること、人に関しても。
なぜ系列から分離したか、取引先を考えると見えてきました。

技術力って考え方はそれぞれですよね。
先進的なこと、コスト調整、環境・・・
今回の企業も業績は伸びています。
今、安全性、快適性には必須なものを作っていますから。
今必要とされているってことですね。
先進的なものを作っていてもそれが今必要とされるかと言えばそうではない。
ただ、今と未来は違う。
今必要とされていても、この先はわからない。
伸び悩むかもしれない。
というか、主力製品は伸び悩むだろうなぁ・・・多分。
だから別事業に進出しているわけで。
会社っていうのは難しいですね。

今日はその後教授に内定の報告をしてから帰りました。
本命に受かったのは教授のおかげもあるので早めに連絡しました。
おめでとうとのこと。
本当によかったなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

就職活動の終焉

先ほど本命の企業から連絡がありまして、Fi1373982_0e

内定をいただきました!!!
みなさん本当にありがとうございます!!!


これで私の就職活動は終わりを迎えます。
9月ごろからか、ぽつぽつとやり始め7ヶ月。
最良の形で結果が残せたことをとても嬉しく思っています。
企業に入ってからのほうがもっと大変だと思いますが、
自分なりにたくさん勉強して自分の目指すエンジニア像に近づけたらなと思います。
ありがとうございました。

| | コメント (29) | トラックバック (0)

酒解禁

昨日はお酒を飲んだらすっかり更新するの忘れまして・・・Fi1367867_0e
本命の面接はうまくいったかと言われると難しいです。
答えられないこともありましたし。
卒研発表のために小道具準備したのに聞かれませんでしたし。
まわりはみんな聞かれているようなのに・・・
私だけ聞かれてないみたいで・・・
一緒に面接受けた人達は他に聞くことがあったんだよと言ってましたけど・・・
だいたい理系面接ネタ、しかも技術者の方が相手だとそれが普通なんです。
すでに本命に内定をいただいている友人は卒論言ってますし。
私は1次面接でも卒研については触れませんでした。
触れられませんでしたし。
だからかなぁ・・・でも聞かれないとこっちから言いにくいわけで・・・
私としても卒研の発表は人を見るネタという認識は持っていました。
だから卒研について聞かれる場合、
何々の特性がこの式で・・・とか細かいことは聞かれない場合が多いです。

・卒研はなんのためにやっているのか
・卒研は自分の未来にどう役に立つか
・今抱えている課題はなにか
・企業に入ってどう応用できるか
・卒研の中で自分は具体的に何を行うのか
・卒研を理解しているか

などを聞いてくるパターンが多いのです。
超大手の場合はいきなり式聞いてきたりするパターンもあるようです。
いやらしい真似して落としても余るほど受けるからそうなんでしょうね。

最終面接にしろ、1次にしろ私は必ず北海道なんだね~と、きっかけとして
使いやすい話題から入られます。
昨日は「旭川だから有名な動物園あるじゃない、旭山動物園。」でした。
名前だけしか知っておられないようで、ちょっとどんな仕組みか説明しました。
それで数分経過したかと・・・(^ω^;)
ホンダ好きだと言ったらどんな車種が好きなのかと。
私はS2000とかフラッグシップカーNSXとか話して、
「去年の新入にS2000をいきなり買った奴がいたよ、運転もまともにしたことないのに」
とか話してくださって、ハハハハなんて笑いながら自分の買いたい車も言ったりして。
現実的に乗るんだったらFITですね~とか言ったら笑われた・・・
これでまた数分経過したかと・・・(^ω^;)
他にもいろいろありましたが、質問に答えるのが一段落して間が開いたときに
卒研そろそろくるか?と思ったら・・・
「何か質問はございますか?」と。

ええええええ!?

考えてきた質問もするの忘れちゃいました・・・
株価に関する質問考えてきたのに・・・
まぁおもしろい奴だとは思われたかも・・・
自分の目指すエンジニア像が今の本命には足りないともおっしゃられて、
講義以外にたくさん勉強してくださいと言われました。
まぁ世界的にも足りないんですけどね。

面接のときに一緒に受けに来た人と話したりしたのも楽しかったですね。
みんなで一緒に帰ることになるとは。
反省会みたいな感じで盛り上がったからなぁ。
ああいう人達と仕事をすればきっと楽しいだろうなぁ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ついに明日・・・

ついに明日本命の最終です・・・
今からもう手が冷たくなってます・・・
先生は普段どおり行けば大丈夫だとおっしゃってましたが・・・

面接で卒研の話をするとき用に小道具を借りました。
たいしたもんじゃないんですけど、これでうまく伝えられたらいいのですが・・・

筆記もあるんですよね・・・
緊張でど忘れしそうですよ。

深呼吸たくさんしていこうと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

自分の成績を確認

今日は学科主任に成績を聞きに行きました。Fi1356785_0e
特に意味があるわけではないのですが、
自分のポジションを把握するのって必要ですよね。

調査結果

クラス内順位:7位
評定平均:83

でした。
とりあえず、企業の面接のときアピールできる成績ですよね?
一応マジメに取り組んでますって証明できますよね?

でも受かるとは限らない・・・(´・ω・`)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

【TB企画】これさえあればゴハン何杯でもいけます

[【TB企画】これさえあればゴハン何杯でもいけます]Fi1350110_0e
sanderianaさんのTB企画です。

私はと言いますと、

「イクラ」

です。
私は高校まで北海道でしたんで、秋になれば必ず食べてました。
北海道のシャケはうまいです。
東京に来てからは全くと言っていいほど食べてません。
北海道から取り寄せればいいじゃない、と言うそこのあなた!!
違うんですねぇ~
私が実家で食べていたイクラというのは一般に市販されていないのですよ。
なぜならば、

母親が生筋子を買ってきて、筋を取り、
イクラを入れたタッパに醤油と酒を適量入れて漬ける

からです。
これに敵うイクラの醤油漬けには出会ったことがありません。
小樽と言えどもです。
当然といえば当然なんでしょうが。

新鮮な筋子だとプチプチしてますからね~
皮って言うんでしょうか、表皮と言うんでしょうか、
あれがはちきれんばかりの膨れようです。
それをプチっといくわけですなぁ~
醤油と酒を吸収して、大きくなって透明感が増します。
それをこれでもかと暖かい白飯にのっけてむさぼるんですよ~
sanderianaさんの記事の写真(筋子?)のようにまとまったりはしません。
コロコロ転がってしまいます。
ああ、マジで食いてぇ~

昔はこれで白飯4杯とか食べてましたね。
食べるには実家に帰らなくてはいけません。

「イクラ 醤油漬け」でイメージ検索かけてみても、
シワがあるような画像が結構多くてなぁ・・・
ほんとに新鮮なものは凹んだり、潰れたりしませんからね。
見たことがある方も多いかと思いますが、
港あたりでは筋子の筋取るときにグッと網に押し付けてますよね。
あんなことしても潰れないぐらいなんですよ。
とりあえず、この画像が一番近いような気がします。
イクラ単体の大きさがよくわからないようにしてあるのがちょっと気にくわないけど。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

本命

以前、本命の事業所に一緒に見学に行った人に内定がでたらしいです。Fi1347838_0e
私よりも早く受けていたのでGW前には結果が出ていたんでしょう。

別企業から内定をいただいているとはいえ、手は抜けません。
本命の場合、2次で最終なので1次でかなり切ったんでしょうが、
最終で落ちるケースも聞きますから油断できないのです。
でも、仲間が受かったという話を聞いて少し楽になりました。

見学に行ったときに案内して下さった偉い人(技師長)が面接官なら確実に受かると思っています。
内定をもらった彼の面接時には違ったようですけど。

ホントこれが終わって内定が出れば私の就職活動は終焉を迎えます。
そうなれば・・・いいんですけどね・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CD借りてきました

変わったのはなぜかFi1344467_0e

で書いた鬼束ちひろのCDを借りてきました。
やっぱりいいですねぇ~

歌詞が泣けてきますよ。
これだけメッセージ性が強い曲もなかなかないかも。

私はあまり女性シンガーに興味がないのですが、鬼束ちひろと倉木麻衣は別です。
普段はROCKとか(しかもハードなやつ)を聴くんですが、
女性ボーカルとなると趣向が一変するようです。

音楽は小さい頃の影響が大きいと聞きます。
胎教で音楽を聴かせることもよくあることです。
小さい頃から音楽に親しんでいる人は音痴になりにくいとも聞いたことがあります。
芸術的なセンス全般に言えることかもしれませんが、
小さい頃から親しむことで凄いセンスを発揮する人もいたり。
逆もまたしかり。
人間は不完全(立てもしない状態)で生まれてきますが、
それだからこそ小さい頃の経験がより強く残るのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これはチャンス?

Fi1340127_0e 団塊の世代、定年退職開始「2007年」悩む大企業

私達の年代がここに差し掛かったことはきっと幸運なのでしょう。
そのおかげもあって新卒および中途採用数は増えていますから。

純粋にチャンスも増えますね。
人がいなくなればその分、仕事も回ってくるでしょうし。
大変かもしれませんけどね。
これを生かさない手はない。

製造業のようなまだ職人気質が残るところの危機感はよくわかります。
伝えなければならないことが山ほどあるでしょう。
簡単に伝えられるわけじゃありませんし。
私も大きな枠で言えば製造業に入っていくことになります。
教えを乞うことを大切にしたいと思っています。

私のような何も知らない新しい若い人間が入って行く中で、
長年会社を支えてきた人が現役から退いて行く・・・
自分は支えられるほどの力を持てるだろうか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

変わったのはなぜか

Fi1336172_0e ご存知の方も多いかと思いますが、右の画像は鬼束ちひろという歌手です。
「TRICK」というドラマの主題歌でよく使われていたいましたね。
「TRICK」の雰囲気によく合った曲でした。

「月光」
「流星群」
「私とワルツを」

この三つが使われていました。
私はどれも好きです。

詩に関してはやはり独特な感じが漂いますよね。
それが彼女の世界なんでしょうね。
「眩暈」なんかも聞きますよ~
この歌詞のせいなのかなんなのか、
活動休止状態のときはいろいろ噂が流れていたようです。
何かトラウマになることが家庭で起きたことがあるから精神的に参っているとか、
彼氏ができてのめりこんでるとか。

なんだか雰囲気的にそういう感じはするかもしれませんね。
そういう雰囲気の人が歌うからいいんでしょうけども。
レコード会社を移籍してからガラっと雰囲気が変わりました。
これには賛否両論なようで。
私は前のほうがいいよ派なんですけどね。
彼女が歌を作るとき詩を先行させる形を取るようです。
普通は曲が先に出来上がってそれに詩を乗せていく形なんだと思いますが、
それと逆行することで強烈なメッセージ性が出ているんだと思います。

一つ言えることがあります。
それは、

「鬼束ちひろをうまく歌える子には俺は惚れる!!間違いない!!」

だからなんだというツッコミは無しの方向でよろしゅう。

今度これ借りてきます。(一応宣伝)
鬼束ちひろ ~THE ULTIMATE COLLECTION~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

なんだよ、腹立つなぁ

以下、駄文↓

マスゴミどもいい加減にしろよ。
JRを擁護するわけじゃねぇが、あんたらは偉いんか?
記者会見での言葉遣いもしらんのか。
正義だぁ?
重箱の隅つつくような真似が正義なのかよ。
もっと聞くことがあるだろうがよ。
新型ATSを導入していないとこは他にあるのか、
導入していないとこの今後の対策についてはとか、
具体的な設置プランについてとかよぉ・・・
職員がボウリングしてたとか、宴会とかなんてトップで扱うことじゃねぇだろうが。
ニュースはワイドショーかよ。

それに職員が救出にいかなかったって騒いでるけどあんたらはどうなんだよ。
カメラ回して、インタビューして救助なんてしてねぇだろうが。
邪魔になるだけのことしてるじゃんかよ。
救助しなかった職員叩けるほどのことをしてから叩けや。
自分らが邪魔してるだけなのに棚にあげて批判ばっかか?
だからゴミなんだよ。
叩くなら、今後の対策が不十分じゃないかとかいう内容で叩けよ。
宴会してなかったら今後2度とこんな事故起きないのか?
宴会をしていたのは批判されて当然だが、それはマスコミが批判することじゃない。
遺族や被害者が批判することなんだよ。

利益優先体質だ?
自分らはどうなんだよ。
自分らも利益優先体質だって言われたら否定できるのか?
なら視聴率に必死になることをやめれや。

遺族の気持ちを満足させるのが報道か?
同情集めるのが報道か?
JRの対応を叩くのが報道か?

だぁあぁ腹立つ。

というわけであのニュースをテレビで放送しだすとチャンネル変えるようになりました。

愚痴で申し訳ありません。
新着にもpingにも送信するのはやめよう。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

BARホンダに2レース出場停止 国際控訴裁判所

BARホンダに2レース出場停止 国際控訴裁判所

皆さん、速報ですよ!!
裁定が出ました!!

2レース出場停止とサンマリノの成績無効

だそうです。
とりあえず、琢磨にしろバトンにしろ今期はまだ走れるようですね。
でも琢磨5位に入ったのに無効とは・・・
琢磨にはツキがないんでしょうか。

次回はヨーロッパグランプリから復帰となります。
モナコに出れないのは残念・・・

| | コメント (0) | トラックバック (3)

BARの危機

Fi1326450_0e BARホンダが今季除外か 佐藤がF1不出場の危機も

な、なんだってぇぇぇ!!!

今日にも結果が出るようですが、除外されたらどうしましょ・・・
琢磨のマシンじゃなかったにしろ、これは痛い・・・
日本人ドライバーが・・・ホンダのマシンが・・・両方とも消えてしまう・・・

サンマリノGPは見てなかったのですが、琢磨は5位だったそうで。
これからってときなのになぁ・・・
FIAはめちゃくちゃ疑ってるみたいですね。
重量調査した審判団を訴えちゃうんですから。
重量に関しては各チームほんとギリギリなとこをせめぎあっていると思います。
それこそ、600.5とかコンマクラスで調整しているのかも。

裁定はどのように下るのか・・・
バトンのマシンだけ出場停止とかもあるんですかね。
BARは琢磨だけで今後争う形になればまだマシでしょうか。
両方とも出てほしいですけどね。
このラッキーストライクのカラーとか好きなんですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ひきこもり

GWはひきこもり三昧となりました。Fi1323815_0e
勉強しなきゃいけないんですけどね。

テレビを見ることも多いわけですが、
JRの事件のニュースが流れるとチャンネル変えちゃいます。
遺族がいたたまれないとかいうことではありません。
JRをここぞとばかりに叩くのも見てていい気がしませんし、
JRの労組がしゃしゃり出てきてるのも嫌なんですよ。

JRの労組は国鉄時代から非常に影響力が強いですよね。
JR西日本の運転士が救出活動をしないで、会社に向かったこと。
それがいいか悪いかは私は判断できませんが、
ここに労組が記者会見することがおかしいだろうと。
出てきたら出てきたでJRが悪いと。
会社に向かった人は悪くないと。
なんだか救助しなかったことが悪いことみたいになってますけど実際どうなんでしょ。
その運転士が救助を行うことで、別な列車の運行に支障をきたす可能性はなかったのでしょうか。
遅刻は厳罰ってありましたけど、当たり前だろって思いますよ。
足なんですから、運転士の都合で遅れちゃたまったもんじゃねぇ。
それを厳罰だから救助しなかったとか、上司がどうこうとか・・・

世間一般では今では、労組の活動を積極的に行う人は煙たがられる傾向にあると聞きます。
こういう時代だから仕方ないのかもしれません。
煙たがられることはいいこととは思いませんが、
自分が仕事をしているとこを悪いなんて堂々と言える企業は民営化されたとこぐらいですよ。
こういうとこは世間とは差がありますよね。
前にJRではないですが、鉄道会社でストをしているとこがありました。
今は企業がこぞって地域貢献、社会貢献、地域密着と言っているのに、
ストなんてそれと逆行する行為です。

春闘と言っても盛り上がりに欠けるようになってしばし。
業績の好調分はボーナスに反映する形が多くなりました。
労働の形態、状況などは刻々と変化しているのになぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すげぇ幸運

男子学生のアパート郵便受けに503万円…京都Fi1320263_0e

うぉぉぉ!!!
羨ましかぁ!!!!

おいらのポストにもぜひ入れておくんなまし。
1000万ぐらいでいいから。
1億なんて言いませんから。
いや、できれば1億のほうがいいんですけどね。
うひょ。

でも私の家はエントランスがオートロック。
一般の方は入ることができません・・・

しかし、このお金どうなるんでしょう。
時間が経てば学生のものになるんでしょうかね。
でも非合法な手段で得たお金なら使いたくないですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

こう利用されてはなぁ・・・

17歳なら「死刑にならない」 ハンマー事件の少年供述Fi1317115_0e

少年法を悪用するケースはあとを絶たないようですね。
結局、顔も名前も公開されないし。
正直な話、もう少年法なんていらないんじゃないかと思いますけどねぇ・・・

議論尽くされた感がありますが、法律って柔軟な運用が難しいですよね。
いいとこでもあり、悪いとこでもあると思います。
やはり日本は犯罪者に甘いんでしょうか。

ついこの前、警官による発砲がありましたね。
発砲の巡査部長を本格聴取 家族は矛盾を指摘
発砲するぐらいだから、撃たれた男はかなり抵抗したか、
警官に危害を加えようとしたんだと思います。
警察の発表を一方的に信じるわけではありませんが、
家族の言うことも信用ならん気がしますね。
でもこういう場合は警察が一方的に悪いことになってしまう場合が多いですね。
もちろん、撃たないことにこしたことはないし、可能な限り撃ってほしくはないです。
カーチェイスとかがあって警察が追っかけたことで事故を起こし、死亡した場合、
それも警察の追跡方法に問題があったのではと言われることがありますよね。

私が一番思うのは相手がルールを守って逃げたりするわけがないですから、
追う側がルール守ることに固執していては捕まえられないと思うんですよ。
第三者が巻き込まれないようにすることは大切ですけど。
どこまでルールを守って追いかけるか、捕まえるか。
警察をそういうことで縛るのは結果として市民の安全が脅かされるのでは。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »