« ひきこもり | トップページ | BARホンダに2レース出場停止 国際控訴裁判所 »

BARの危機

Fi1326450_0e BARホンダが今季除外か 佐藤がF1不出場の危機も

な、なんだってぇぇぇ!!!

今日にも結果が出るようですが、除外されたらどうしましょ・・・
琢磨のマシンじゃなかったにしろ、これは痛い・・・
日本人ドライバーが・・・ホンダのマシンが・・・両方とも消えてしまう・・・

サンマリノGPは見てなかったのですが、琢磨は5位だったそうで。
これからってときなのになぁ・・・
FIAはめちゃくちゃ疑ってるみたいですね。
重量調査した審判団を訴えちゃうんですから。
重量に関しては各チームほんとギリギリなとこをせめぎあっていると思います。
それこそ、600.5とかコンマクラスで調整しているのかも。

裁定はどのように下るのか・・・
バトンのマシンだけ出場停止とかもあるんですかね。
BARは琢磨だけで今後争う形になればまだマシでしょうか。
両方とも出てほしいですけどね。
このラッキーストライクのカラーとか好きなんですけど。

|

« ひきこもり | トップページ | BARホンダに2レース出場停止 国際控訴裁判所 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

>tomo-様あれ、私速報かなと思ったんですけどtomo-さん知ってたんですね。ほんと調子が上がってきたところでしたからね。今回のことで調子がダウンしないことを祈るばかりです。

投稿: ウコン茶 | 2005/05/05 22:16

とりあえず、サンマリノの記録の抹消と、次2レースは出場禁止のようですね~。とりあえず、BAR側の問題のサブタンクが空になることはありえないっていう主張が通りませんでしたね~。まだ、一年出場禁止よりはまし、ということにしとかないといけないんですかね。ほんとに残念です。折角調子が上向いてきたのになぁ・・・・・。

投稿: tomo- | 2005/05/05 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539762/44970518

この記事へのトラックバック一覧です: BARの危機:

» FIA、B・A・R HONDAをチャンピオンシップから除外を要求!!!(追記あり) [にこらすの徒然なるままに・・・]
サンマリノGPのレース後の車検においてバトン車が車両重量規定違反を犯したとしてFIAがパリの国際法廷に提訴していた問題で、4日FIA側は次のように語った。 『FIAは法廷に対して、ラッキーストライク BAR ホンダ チームを2005年の世界選手権から排除し、少なくとも100万ユーロ(約1億4000万円)の罰金を課すように要求した』 国際法廷の裁定は5日午後にも明らかになる模様だが、これでFIAがコンコルド協定に対して賛同しないチームに対してどうしたいと思っているかはっきりと主張したことになる。 ... [続きを読む]

受信: 2005/05/05 14:17

« ひきこもり | トップページ | BARホンダに2レース出場停止 国際控訴裁判所 »