« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月の記事

大晦日

あと2時間と少しとなってきました。
皆さんどうお過ごしでしょうか。
今年はいいことなかったから来年に期待。
頑張れ、俺!

皆さん、よいお年をお迎えくださいませ。
今年最後の更新終了でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと今日を入れて2日だ

いよいよ明日で今年は終わり。
いやはやほんとに早いもんですなぁ~

特に書くこともなかったり。
そういえば、奈良の殺人犯はなんか「宮崎 勤」に似てる気がする。
特徴が共通しているというか、雰囲気がそっくり。
ああいう奴は顔が似てくるのかもしれない。

GT4は国内A級 ALL GOLD達成!
時間かかったなぁ~
ライセンス以外やってないや。
今は国際B級に挑戦中。
新登場のコースを覚えるのがなかなか大変だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京に雪が降っている。
屋根が白く染まっているなぁ。

しかし、この程度の雪で交通機関がおかしくなるのはどうにかしてほしい。
私は北海道の豪雪地帯出身だ。
そこではもの凄い吹雪でない限り、運転している。
まぁ北海道と東京じゃ全然違うけど。

東京の雪は「みぞれ」に近い。
すぐ溶けちゃうもんね。
地元はダイヤモンドダストでございます。

さて、GT4やろ~
ライセンスゴールド!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドンキホーテ火災

ドンキが新たな防災対策 従業員の遺族の要望踏まえ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041227-00000171-kyodo-soci

随分と連続で放火されているようで。
私個人は距離も遠いし、わざわざドンキホーテで買う意味がないので
ほとんど行ったことがない。
「圧縮陳列」という手法も話題になっている。
確かに物が上から下までいっぱい置いてあって圧迫感を感じずにはいられない。
並んでるという感じではない。
24時間営業で、いろんな物が売っている。
でも、こう言っては難だが、客層がいかんせんどうも・・・。
行ったことがある方ならおわかりになるだろうけど・・・。
あれでは新規出店の際に地域住民の反対に遭うのも無理はない。
夜中に爆音車、バイクやら、溜まり場になるのは目に見えてるもんな。
そんなことも今回の連続放火に関わっているのかな。

私は都内でも有数の巨大店でアルバイトをしていたことがある。
部門は青果だが。
そういったお店全般には消防庁の査察が1年に何回かある。
抜き打ちのときもあったりする。
見るのは、防火設備の数とか、場所とか、使えるようになっているかとか、
従業員の火災の教育などだ。
割とよくあるのが、防火扉・シャッターのところに棚や品があることだ。
それでもアウトである。
教育は、私がいた店では消防車を呼んでイベントみたいに大々的にやっていた。
消防訓練なんだけど。
消防庁に対してと、お客に対するアピールが目的だろうけど。
バックヤードなんかは暇なときはガラガラだけど、
忙しいときなんかはごっちゃになっていて、防火どころではない。
実際そんなもんだ。

皆さんもどこか行ったときに見てみるといいかもしれない。
防火設備や、消化設備などを。
歌舞伎町の例は特異かもしれないが、しっかりしているところは割と安心かと思う。
防火扉や、シャッターライン、非常口に棚や品があるところは
少し気をつけたほうがいいかもしれない。
外見だけしっかりしてるところもあるけど、前述のところよりはいいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬休み

ようやく冬休みに入った。
とは言っても来月にすぐ始まるわけだが。

昨日は大学の友人と飲みに行った。
久々の飲み会だったので楽しかった。
土曜だったからあんまり人もいなかったし。
最近飲みすぎなような気もするけど、まぁいいや。

こうやって来年もあっという間に経っちゃうんだろうなぁ・・・
一日一日大事にとはよく言うが、実際難しい。
しかし、年取るごとに時間が経つのが早く感じるのはどうしてだろう。
小さい頃のほうが一日長かった気がする。

もうお店とかは来年モードに入っている。
せめて餅ぐらいは食べよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもと変わらない日

今日はクリスマス・イブ。
大学の帰りにすれ違うお父さん方は片手にかばん、
片手にプレゼントを持つ姿が多く見られた。
いいですなぁ~。
そして、いつもより心なしか人が少なかった気がする。
皆さん早めのご帰宅だったのかな?

私は一人身なんで、まぁ毎年のごとく酒を飲み、寝る。
明石屋サンタ見るぞ~。
ラピュタおもしろかったな。
私は宮崎駿監督作品のなかで一番ラピュタが好きだ。
ちっちゃい頃、見てから子供心に冒険心みたいな物をくすぐられた気がする。
ほんとにでっかい雲に、そういった凄いものが隠れているんじゃないかって
本気で思っていた。
そう考えるだけでも楽しかったなぁ・・・
懐かしいなぁ・・・

ところで、
<国士舘大>サッカー部員15人を退学処分 集団淫行事件

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041224-00000136-mai-soci

ま、当然だな。
これで、退学になんなきゃ大学側を心底疑うよ。
除籍なのかな?
それとも自主退学の形を取るのかな?
なんか可哀相とか言って自主退学の形にしそうな予感。
国士舘はスポーツが活発というイメージはあった。
なんだかこれでだいぶイメージダウンだな。
別な意味で活発じゃあね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の2連休

久々に2連休だった。
昨日は講義が休講だったからだ。
理系大学の割と共通することとして、年末とか、ゴールデンウィークなどの
大規模な連休になると、理系大学にいる文系の先生は休講にしやすいということだ。
昨日はまさにそれだったと思う。
だいたい暇そうにしてるんだよなぁ・・・
まぁ私にとってはありがたい話ではある。

今日買い物に外に出たら、親子連れとすれ違った。
二人お子さんがいて、二人とも小さかった。
仲良く手を繋いで歩いていた。
片方の子が
「明日はクリスマス~」
と凄くはしゃいでいて微笑ましかった。

クリスマスかぁ~
大学だし。
とりあえず鳥は焼くことにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思想

今でもイラクなどでは米軍に対して攻撃が行われている。
ニュースでは「イスラム過激派」とかいう単語がよく登場している。
イスラム教の信者は世界中に何億という単位でいるという。
私の大学でもヴェールをかけた女性を見ることはある。
だからといって何か特別な目で見るということはないが。

こういった宗教的なものは親子共々入信している場合が多い。
子供に言い聞かせていたり、日常的に宗教的なことをしていれば
子供にとってそれが当たり前となるのもうなづける話だ。
卵から生まれた小鳥が最初に見たものを親と思い込むのと同じように
一種の刷り込みともいえるだろう。
いい意味でも、悪い意味でもね。

私は定義するなら「無宗教」ってことになるのかな。
全く興味がないし、入信することに意義を感じない。
せいぜい、お決まりの苦しいときの神頼みか、
死んだ祖父母のお墓に祈ったりするぐらいしかない。
そもそも、死んだ家族に祈ること自体宗教的とは思ったことはない。
これば宗教的なことなんだろうか?
流派とか、なんだら宗とかいろいろあるけど、
祈るという基本的な概念はみんな同じなわけで。
あんまり、いわゆる「宗教」というものとは違うような気がする。
別に祖父母を崇拝してるわけでもないしね。

なんだか、宗教っていうのは「神がいてそれを崇拝しているもの」というイメージがある。
キリストとか、アッラーとか。
それの像に対して祈り、神父とか、啓示を受けたとかいう人が教えを説いて、
それを忠実に守ったりしている。
客観的に見れば「ほんとかよ?」という感じである。
完璧な人間なんているはずないんだけど。
どんな人間でもやましいことの一つや二つはある。
ましてや、組織のトップともなれば余計そうだろう。

一つ思うのは、何かを成しえたときや乗り越えたとき、
大変なことにあって助かったときなどに、神とか崇拝しているもののおかげにするのは
悲しくないかい?ということだ。
自分の力、周りの人の力、そういったもので乗り越えてきたはずなのに。
自分を褒めたり、周りに感謝したりしたほうがずっと幸せなはずなのに。

そして、そういったものを逃げ道にするなということ。
宗教は精神安定剤ではないはず。
頼れるのは自分の力と、実際に見える人や物なんだから。

とか、若造がほざいてみた。
こんなこと言ってると海外ではバカにされるらしい。
それを自信を持って言い返せるほどの心の持ち主になりたいものだ。
説教臭いな・・・私もおっさん化が進んでいるということか・・・
酒でも飲もう・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なんだこれ・・・笑いとまんねぇぇぇ!!

<女子大生に聞く>今時の男子は「幼児的、バカ、無責任」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041220-00000055-mai-soci

なんだこれ・・・
これが卒論かよ・・・
笑いが止まらないのは私だけか?
だいたいなんでこんなもんがマスコミで採り上げられるんだ?
糞すぎるがな。
ああ、なんかムカついてきたぞ(笑)

最低でもさ、統計学の基本は取り入れようよ。
母集団少なすぎだし、偏りまくってるじゃん。
だいたいさ、質問事項に主観入りまくりじゃん。
回答をプラス、マイナスイメージでまとめたってアンタ・・・
大学にいるときのの男子学生の姿しか見てないわけだしさぁ・・・
もうね、ツッコミまくりですよ。
5悪て・・・

ねぇねぇ「バカ」ってひどくない?
「幼い」って何?
「社会性がない」って何?
基準がどこにも見当たりませんが・・・
いったいどんな人間が幼くなくて、社会性があって、バカじゃなんでしょう?
明確に、論理的に答えて欲しいものだ。

こんなん真に受けないでくださいよ!?
ほんとにほんとに。
こんなアンケートごときで全国の男子大学生のイメージが悪くなったら
可哀相すぎて洒落にならない。
って、まぁそんな人いないよね?
なんかこれじゃますます大学生のレベルが下がってると思われるなぁ・・・
こんな奴ばっかじゃないですよ!!
真面目に頑張ってる奴もたくさんいますからね!
こんなのを通す教授とやら・・・
俺はあんたの脳みそに危機感を覚えるよ。

日本人はなんかこういったアンケートとか調査もどきに騙されやすい傾向があると思う。
前にも書いた血液型のようなやつだ。
そういや、メール脳だの、ゲーム脳だの言ってた糞親父もいたな。
そんなものがおおっぴらになることがおかしいわけだが・・・

統計において、出題者の主観が入ったらそれはもう正確なものではなくなるのです。
よい例がゲーム脳とかとんちんかんなこといってる人でしょう。
なぜなら、それにより標本も偏るし、変量も偏るからです。
あ、これは統計じゃないか。
そして、これが論文になるくらいの学問として成り立つなら
逆のパターンも調べないといけません。
「心理コミュニケーション」なんですからね。
かたっぽじゃコミュニケーションできませんよね?

こんなお子様自由研究をYahooもトピックスで出すなんて・・・
どうなってるんだ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「上京」「帰省」

一年半実家に帰ってない。
正直、地元に帰る旅費がきつい。
だいたい帰る時期には航空機の特別割引はやってないし。
(当たり前だけどさ。かきいれ時だもんね)
今年の夏休みまではずっとアルバイトしてたから、
忙しいってことで帰らなかったけど、もうそうはいかないや。

今回の正月も帰らないと連絡はしておいた。
訳は、今年から文部科学省の「なんたら」とかいう指導だか、ガイドラインだかで、
大学の日程が前よりだいぶ変更されたから。
具体的には夏休み、冬休み、春休みが減って、授業日数が増えた。
俺はクリスマスも大学だぜ・・・
そして、就職活動があるからだ。
ただ、内々定がでたら帰るって言ってあるからそのときには帰る。

うまい飯が食いたい・・・
前に帰ったときには、味噌汁の味に驚いた。
私は、一人暮らしなので味噌汁は即席ものを食べている。
一人分の味噌汁は作りにくいし。
実家の味噌汁は薄めの味付けで、久しぶりに食べたとき、
「薄い・・・」
と感じた。
高校の頃まではこの味が当たり前だったんだけどなぁ。
慣れとは恐ろしいものだ。

とりあえず、帰ったときには
寿司とか、焼肉とか普段食べられないものをリクエストするつもりだ。
牛肉何ヶ月食べてないかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆとり?

中山文科相「土曜授業」を容認 「現場裁量に任せても」

http://www.asahi.com/national/update/1218/007.html

ゆとり教育か・・・
丁度私たちの世代の2つ下ぐらいだったかな。
「生活科」とかいう妙ちくりんな科目が設定されたのは。
社会と理科が合体したんだったかな。
そもそも文系の科目と理系の科目を総合させるというのがわけわからん。
総合させるということは浅くなるとほぼ同義だと思う。

私は物理や数学は苦手だ。
理系の道に進んでおきながら、重要な二つが駄目とは・・・
最近は、こういった科目離れが進んでいるという。
気持ちは非常によくわかる。
だってわけわかんねぇもん。
式だけみててもつまんねぇよなぁ。
こういった科目は暗記で終わらせてしまうことが多いし。
でも、大学で学んで発見したことがある。
例えば、1/xの場合、重要なのはxの値ではない。
xの値が大きくなればなるほど0に近づくことのほうが重要だ。
0に収束していくということが何に影響を与えうるかということだ。
式というのは何かの特性を数字であらわしているのだ。

うーん、大学で気づくなんて遅すぎだな・・・
まぁ気づいたからといって得意になるわけでもないんだけど。
数学は辛いなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時代の差

昔、バブルと言われた時代には一人に対してたくさんの求人が来たという。
今の30代ぐらいかな。
そして、何年か前の氷河期はその反対だった。
時代によってこんなに差があったのだ。

でも入ったもん勝ちじゃない?

入った後にどんどん実力を発揮していく人も、できない人もいることは確かだろう。
しかし、それは入社した後の話だ。
場所が与えられるだけはるかにマシだと思う。
場所すら与えられない頃が数年前あったんだ。
最近はだいぶ回復してきているという。
だが、ふるいの目が粗くなったわけではない。
もっともっと細かくなってきている気がする。
キツイなぁ・・・

やっぱ高校の頃に就職しとけばよかったかな、と少し思ったり。
でも地元の企業なんてボーナス出ないのが当たり前、みたいなとこばっかりだし。
大学で知ったこともいろいろあるし。

苦しいときの神頼み

神様頼むぜぇぇぇぇぇ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

気をつけよう

ていうか、俺のブログ暗ぇぇぇ!!
今見返したらもの凄く暗い・・・
これはいかあぁぁぁん!!
明るい話題を探さなくては。

と言ってもなかったりするわけで。
毎日が楽しいなんてありえないわけで。
ちっちゃい頃は楽しかったんだろうけど。

というように段々暗くなっていくわけで。
私の学科に死ぬほど前向きな奴がいるが、羨ましいのか羨ましくないのか・・・
確かに幸せそうな気もするが・・・
そいつを見ていると自分の性格の方がマシな気がしてくる。
ちょっと不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしよう

やっぱ就職イベントには大手企業ばっかなんだよなぁ。
うーん・・・

「自分の将来像を考えろ」

そんなことを言われてしまった。
自分が将来どんなエンジニアになっていたいか。
どんなところで実力を発揮できるか。

技術は進むのが早い。
何年か前に中心だった技術がすぐに使われなくなってしまう。

問題なのは自分がやりたいこと、実力を発揮できるところなんだよなぁ。
どこだろう・・・
自己分析しないといけないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベンチャーと大企業

最近話題のライブドアにしても楽天にしても始まったときは
ITベンチャー企業と呼ばれていた。
それがどんどん業績を伸ばし、スポーツチームを買い取れるほどになった。
成功している企業はいいが、私たちの知らないところで立ち上がり、
消えていくところがどれくらいあるだろう。

大企業は歴史が長い。
明治何年、大正何年、昭和初期など古くから存在している。
名前は変わっている場合が多いが。
正直、大半の人は大企業を目標に就職活動をしていると思う。

ベンチャーの魅力はなんだろうか。
自分が会社を育てていく感覚があること
割と上下関係がフラット
重要な役職に就きやすい
という感じだろうか。
会社それぞれなんだろうけど。
でも、倒産する可能性だって十分にある。
大企業はまず潰れることはない。

確かにどんな大企業でも最初はベンチャーだったんだよなぁ。
それが何万という従業員を持つまでに成長した。
いろんな人がいて、いろんな仕事がある。
それだけ勉強する機会も多いだろう。
自分にとってはそっちのほうが重要だ。
明日もイベントだし、またいろいろ考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変えられない未来

「未来を見る目を失い、現実に先んずるすべを忘れた人間。
その行き着く先は、自然の破壊だ。・・・」


これはシュバイツァーの言葉である。
レイチェル・カーソン著 『沈黙の春』以降、環境問題に関する著書は
数え切れないほど出版されている。
その中では、人間はああしなければならない、こうしなければならないなどの
提言や警告がなされている。

皆さんの周りにどれだけのプラスチックがあるだろうか。
多分、数え切れないほどあると思う。
プラスチック(ポリエチレンやポリプロピレンなどの合成樹脂)が登場したとき、
世界は沸きあがり、一気に産業として発達した。
長所としては
・変質しにくい
・軽量
・成形が容易
・着色も容易
が挙げられると思う。
短所としては
・熱に弱い
・強い力で変形する
あたりだろうか。
そして最大の欠点は、自然界で分解されないことだろう。
埋めても一生そのままなのだ。
だからといって燃やすとダイオキシンが発生する。
高温で燃やせば大丈夫なようだが。
ダイオキシンは食物連鎖によって生物濃縮を起こし、人体に蓄積する。
生物には猛毒である。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041212-00000012-jij-int

こんなことにも使われるぐらいだ。

こういったものが世の中にはたくさんある。
農薬、液晶なんかもそうだ。
農家にしてみれば、農薬を使わないと大量生産しにくいし、利益が出にくい。
「農薬未使用」という肩書きは付くが、有機は生産も管理もかなり大変なのだ。
有機ものが高いことからもわかる。
農家も生活がかかっている。
簡単に農薬を捨てろ、絶対に使うなとは言えない。
農薬使わなくなったら農家辞めなくちゃいけないというところもあるだろう。

今、とても便利なものがあるとしよう。
それは自然を破壊することがわかっている。
それは進行が遅くて自分たちの世代には影響はないが、
子供や以降の世代には確実に影響があるだろう。
それは日常生活に浸透しきっていて、無くなると生活できなくなるわけではないが、
生活に支障をきたす。
人類はそれを使わないようにできるだろうか。
私個人はできないだろうと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユビキタス社会

「ユビキタス社会」という言葉をご存知だろうか。
聞いたことがある方もいらっしゃることと思う。
基本的には一つの端末(パソコン、携帯など)で家電を操作したり、
自宅からパソコンで仕事をしたりと高度にデジタル化された社会を指す。
最近の具体例でいえば、象印で行われている
「魔法瓶が使われると、指定した人のところに知らせが来る」
といったサービスが該当すると思う。
これは、一人暮らしの老人の孤独死や体調の変化を素早く察知するためのものだ。
高齢化社会に向けてこういったサービスもこれから充実してくると思われる。

近頃は、ある企業ではユビキタスプロジェクト専用の部署を設置したりもしているぐらい
企業では積極的な事業だ。
挙げられているサービスでは、
・冷蔵庫の中身を冷蔵庫に記憶させておき、
 携帯から冷蔵庫にアクセスすると中身がわかって買い物に便利
 レシピ紹介なんかもしてくれる
・エアコンを携帯で操作して、帰る前に部屋の温度を調節しておく
などなどだ。
これ以外にも便利なサービスがぞくぞくと出てくるであろう。

もう一つ、「SUICA」のようなICカードについてだ。
使っている方も多いかと思われる。
機能は自動改札機だけに留まらず、買い物などにも使えるようになってきた。
ああいうタイプのICカードの基本的な原理は、
カードにコイルが入っており、それが自動改札機などから出ている
微弱な電磁波を受け、電磁誘導によって電圧が誘起されて、
その電圧で集積回路(IC)が駆動して、情報のやりとりが行われるという感じだ。
「SUICA」の右下あたりに少し凹凸があると思う。
そこが心臓部となっている。
最近では、食料の安全性を危惧する声が強まったこともあって
小売業界でも「ICタグ」を食品に付ける試みが行われている。
既存のバーコードに比べて保持できる情報量が格段に多い。
産地はもちろん、生産者、農薬使用、肥料の種類などの情報を詰め込める。
レシピなんかも載せられるかもしれない。

ユビキタスとIC
この二つを融合させて便利なサービスを考えてみた。
食品にICタグを付けるのはもちろんなのだが、レシートにもICチップを埋め込み、
(「SUICA」と同じように)何を買ったかを記憶させる。
冷蔵庫に微弱な電磁波を発生させる部分を付けておき、
そこにレシートを近づければ、買ってきた物の情報が冷蔵庫に記録される。
それと、パソコンにも微弱な電磁波を発生させる部分を設け、
そこにレシートを近づけるとパソコンに情報が記録できて、
家計簿を簡単に作ることができる。
こんな感じだ。
もう誰か考え付いてるかもしれないけど。
そんなのが当たり前になる社会が訪れるのもそんなに遠くはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モノづくりの力

今日、テレビ東京で「ガイアの夜明け」という番組の再放送があった。
内容は「日産のエンジニアの新人研修」といった感じのものだった。
私は正直とても羨ましいと思った。
私が車好きだというのもあるが、それ以上に「モノ」を作っていたからだ。
彼等が2ヶ月間の研修の中でしていたことは厳しいものだったようだ。
一枚の図面から風で走る紙の車や、コマを作ったりしていた。
寸法間違いは0,0何mm単位まで。
納期が決まっている。
余計なコストはかけられない。
例えばコマの場合、重心が少しでもずれるとキレイに回らなくなる。
寸法の間違いは品質に直結するのだ。
車という人の命を乗せて走るものだから、
車という道具が人をも殺しかねない凶器だから、品質保障は非常に重要だ。
それをおろそかにすることは、三菱ふそうトラック・バスのように
「信用」という企業の幹を折ることになりかねない。

なぜ日産が高卒の若い人を積極的に採用するのか。
それは若い頃から「職人」として育てていきたいからだそうだ。
昔、日本には溢れていた技の相伝を再現している感じだ。
何ミリ単位の細やかさ、経験でしか身に付けられない勘・・・
一年二年では会得できない高等な技術だ。
高度なオートメーション化が広がっても最終的には人間の手は必要になる。
機械ではどうしても発生してしまう、
微細な歪み、傷などを見極め、修正するのは「職人」なのである。
そういうところを軽視するとそこから品質の低下が徐々に起きてくるのだろう。

もちろん、モノづくりは品質だけではない。
「納期」「コスト」「品質」等を守れなければならない。
というか、それが守れて当たり前、できなきゃおかしいのだ。
口で言うのは簡単だが、実現するのは非常に難しい。
「早く」「一回で」「丁寧に」ということと同じなのだから。
凄く厳しい世界だ。

そんなことを考えながら見ていたが、ふと自分が見ていてワクワクしていると感じた。
厳しそうだとか、大変そうだということより、ワクワク感が先に来ている。
おもしろそう、やってみたい。
研修をしていた人達も大変ながらも楽しそうだった。
ああいう研修で職人としての心構えや、道を学んでいくんだろう。

モノづくりに対してのワクワク感はやはり自分の中にある。
そういった、とても根本にある大事な気持ちを持ったままでいよう。
いくら技術が進んでもモノづくりの根元には
「モノを作ることの楽しさ、おもしろさ」
があるのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駄目じゃん

なんでこう糞重いかな・・・
いろいろ書いたのにずっと送信できないから止めたよ。
前もあったな。
これからも何回もあるようだったら別なとこに移動することを考えよう。
まだ始めてそんなに経ってないし。
どこにしようかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネタが・・・

亜大野球部員5人逮捕、電車内で強制わいせつ未遂容疑

http://www.asahi.com/national/update/1207/021.html

メジャーなニュースだが、同じ大学生としては触れずにはいられない。
当人どもはどうでもいいが、他の野球部員は可哀相だ。
これから就職活動という人間も多いだろうに・・・
これでは、大学では野球をしてましたとは書きにくいだろうな。
国士舘にしても同じだ。
自分の大学からこういう人間が出てきてほしくはない。
最低でも就職活動期間中には勘弁してほしい。
実際、採用などにほとんど影響はないとは思うが、なんとなく嫌だし。

にしても、主犯格が「和田」とは・・・
なんの因果か・・・

と、今日はネタ切れです・・・
おやすみなさい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグサイトにて

今日も今日とて就職イベントに行ってきた。
やはり行けるブースの数というのは限られてるなぁ。
文系の人が多くて理系専用のところにはあまり人がいなかった。
私は4社ほど回ってきたが、メインにと考えていた日立製作所の説明が
全然駄目でショックだった。
日立は総合電機メーカーである。
東芝、三菱電機なんかもそうだ。
日立グループは1112社にのぼる巨大さだ。
知らない方もいらっしゃるかもしれないが、「maxell」も日立グループである。
日立のイメージは皆さん同じだろうが、「家電」だと思う。
私もそういうイメージだった。
しかし、実際日立全体の売り上げ構成比をみると7%ほどでしかないのだ。
東芝も家電が売り上げに占める割合は低い。
結構意外だった。

やはり総合電機メーカーには魅力を感じる。
幅広い事業展開、安定性など素晴らしいと思う。
ジョブローテーションも多いことも重要視している。
様々な経験をしてみたいからだ。

それから最近理系では一部の企業が行っている、
「ジョブマッチング」も注目している内容だ。
いわゆる「お見合い」みたいなもので、各事業所と本人でマッチするか決めて、
マッチすれば内々定と同時にマッチした事業所へ配属となる。
このやりかたは大変おもしろそうで良いと思う。
こういった仕組みというものは企業の事業展開の広さ、総合力を感じさせる。

ただ、先ほど説明が満足行かなかったと書いたが、
これは総合力、事業展開の広さゆえのことなのだ。
「日立製作所」側としては展開の広さゆえ、時間が限られた中では
浅く、広く説明しなければならなかったのだろう。
だが、私にしてみればもっと深みが欲しかった。
表面的なことは調べればわかることだから。
まぁ仕方ないのかな・・・

やはり深いところを知るには
各子会社、グループ会社の専用の説明会に参加するしかないと感じた。
もっともっと総合電機メーカーについては調べなければならない。
これが今日の一番大きな収穫かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体重

イタリア:
子供の肥満対策 授業にフィットネス運動導入


http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/20041206k0000m030040000c.html

イタリアの6~11歳のうち、6割が太りすぎ、肥満という調査結果。
イタリアなんかは割りと少な目なイメージがあったが、そうでもないようだ。
確かに肥満は万病の元かも。
でも私は太りたいなぁ・・・
今体重どれくらいなんだろうか。
最近計ってないのでよくはわからないが52kgほどかな。
手首とかかなり細いし。
手を見られるとよく言われる一言
「女の子の手みたいだね」
もっとごつごつしてたり、大きかったりすると男っぽいんだろうけど・・・

手は人をよく表すという。
職人の手なんかは特にそうだと思う。
私はよく手を見て年齢を判断する。
童顔、老け顔、化粧などで外見から判断できる年齢は変わるが、
手はなかなかごまかせない。

そういえば、こんなことを知っているだろうか。

「爪揉み療法」

爪の生え際の部分を揉むと自律神経によいというのだ。
実際先月から私もやり始めたが、かなり効果がある。
冷え性や貧血などの人には特におすすめだ。
揉むとまず、揉んだところが暖かくなり、そのあと全身に広がる。
緊張などで交感神経が活発なときにもやるとよいと思う。
詳しくはここを見ると詳しいことが書いてあるのでみてみることをおすすめしたい。
もちろん効果には個人差があるのであしからず・・・
私は最近、自律神経がおかしいような感じだったので
よく効果を得られただけなのかもしれないし。

http://www.d9.dion.ne.jp/~shohei-c/s-4.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安定

「電話にはすぐ出ましょう」社保庁がマナー3か条策定

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041202-00000515-yom-pol

こんな当たり前のことがニュースになるところ。
こりゃ笑うしかない。
気持ち悪すぎてコメントする気にならないぐらいだ。
死んでもこんなところには勤めたくないものだ。
でも親なんかは公務員になれって言うものだ。
重大な犯罪でも起こさない限り辞めさせられることもないし、倒産もなし。
給料の変動はほとんどなし。

つまんねぇよ

自分としては社会人になってすぐにこれでは嫌になるな。
もちろん、消防士や警察官などの方は大変だし、責任もある仕事だと思う。
私が嫌だと言っているのは典型的な「お役所仕事」というものだ。
都会の役所は最近だいぶマシになってきたかもしれないが、
田舎の役所なんかひどいものだ。

この前、某役所の40代後半の平均年収が800万というのを知った。
どう考えても高い。
残業代や手当てもろもろを含めてもだ。
その分、現場で働く警官や消防士、救急隊員に回せよと。

まぁそういったお金の配分を決めるのも「お役所感覚」かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャリアデザイン

就職を考えることは人生を考えることに同じ

確かにその通りなのかもしれない。
前にも書いたとおり人生を左右することなのだ。
どんな人でも目指すは大企業なんだろう、今の段階では。
今の説明会やイベントには大企業が多いこともあるが。
私もそういった大企業を視野に入れている。
大きすぎて見上げたら倒れそうだが。

もっと具体的に言えばメーカー子会社がいいと思っている。
○○○㈱○○%出資みたいな感じの。
「本社」ではなく、「事業所」「工場」あるいは「研究所」がいい。
でも「研究所」より「工場」のほうが自分には合うかもしれない。
自分は新しいことを考えるより、
既存のものを改良したり、設計したりするほうが得意だ。
もちろん、何かを作るというのが根本にあるのだけれど。

モノ作りの現場
しかも先端のところに行ければなぁ・・・
憧れるけど・・・
勉強になるし。
そういった経験をしてみたいな。
どうなることやら・・・



近所の猫 part2

いつもは手の匂いを嗅いで、手に擦り寄ってくるんだけど、
今回はカメラ向けたらそっぽ向かれた。Fi746531_1e
何回か撮ったけど必ず向こう向いてしまってうまく撮れなかった。
恥ずかしがり屋だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のニュース

君が代斉唱強要と、脅迫等で告訴状

http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-041201-0029.html

脅迫、強要、公務員職権乱用の3罪
はぁ?
信じられない・・・
都立高校の教師ということは税金もらって生活してるはず。
別に税金で生活してるから従えというわけではないけど訴えるというのが・・・
歌いたくないなら歌わなくていいだけなのに。
これで勝って正当性を世に主張したいのかな?

というより、こんなことよりしっかり生徒に目を向けて欲しいものだ。
本来の教師の職務はこんなことをすることじゃないはず。




もう一つ

「犬も運ばんか」と救急隊員殴る 男2人を逮捕 北九州

http://www.asahi.com/national/update/1201/016.html

これまた信じられない事件。
もともと転倒した店員を運ぶために救急車が来たのに犬も運ばせようとしたらしい。
見ると放し飼いだったようだ。
私は犬や猫は大好きなので、鎖が付いていない犬を見てもそんなに驚かないが、
嫌いな人や苦手な人は恐怖を感じるだろう。
放し飼いしていてはねられちゃ文句言えないはずだよなぁ・・・
なら、鎖付けろよと。
管理義務は飼い主にあるはず。
犬はかわいそうだ・・・
救急隊員もかわいそうだ・・・
最近ではタクシー代わりに使う輩もいるというし。
たいしたことない怪我だったりとか。
こんな人達のせいで救急車が有料化されたらたまったものではありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »